真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日本海

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/18(月) 20:54:20.05 _USER
    19de31533e584297
    NHK12月18日 20時27分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171218/k10011263101000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_003

    中国空軍は18日、戦闘機などの編隊が対馬海峡上空を通過して日本海の国際空域で訓練を行ったと発表し、活動範囲を拡大させ作戦能力を向上させていることをアピールする狙いがあるものと見られます。


    中国空軍は18日、「スホーイ30」戦闘機や「H6K」爆撃機、それに、偵察機などが編隊を組み、対馬海峡上空を飛行して日本海の国際空域で訓練を行ったと発表しました。中国空軍はこうした訓練は初めてだとしています。

    発表では、訓練は計画に沿ったもので、特定の国や地域などを目標としたものではないとしながらも、「訓練では外国の軍用機の妨害に対応し、遠洋での作戦能力を向上させた」としています。

    これについて、韓国軍の合同参謀本部は、中国の軍用機5機が18日、東シナ海上空の韓国や日本の防空識別圏に入ったと発表しました。

    軍用機が対馬海峡上空を飛行したことについて、中国空軍は特定の国の領空ではなく、すべての国に航行や飛行の自由があるなどとして国際法にのっとったものだと強調しています。

    中国空軍は今後もこうした訓練を実施する方針を示していて、中国としては活動範囲を拡大させ、作戦能力を向上させていることをアピールする狙いがあるものと見られます。


    中国の軍用機5機が韓国の防空識別圏に

    韓国軍の合同参謀本部は、18日午前10時10分ごろ、韓国と中国が管轄権を争っている東シナ海の暗礁・イオ(離於)島付近の韓国の防空識別圏に中国の軍用機5機が入ったと発表しました。

    これを受けて、韓国軍は戦闘機を緊急出動させて監視に当たり、中国の軍用機は日本の防空識別圏にも入ったあと、再び韓国側に戻り、午後1時47分ごろ、防空識別圏から出ていったということです。

    中国の軍用機が韓国の防空識別圏に入るのは1月に続いてことし2回目で、韓国メディアは韓国軍がホットラインを通じて中国軍に警告したところ、「日常的な訓練だ」との回答があったと伝えています。

    【【中国】中国空軍「日本海の国際空域で訓練」と発表 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/07(火) 16:01:22.73 _USER9
    DIFkGKuUIAA76LK

     北朝鮮に対する警戒活動に当たっている米海軍の原子力空母「ロナルド・レーガン」と海上自衛隊の護衛艦が3~6日、日本海でインド海軍の艦艇と共同訓練を行ったことがわかった。

     北朝鮮を念頭に置いた日本海での訓練に、日米韓以外の国が参加するのは初めて。トランプ米大統領の来日に合わせ、国際社会が連携して北朝鮮問題に対処する姿勢を示す狙いがあったとみられる。

    DIFkxU-UwAA-_-u


     関係者によると、訓練では、3か国の艦艇が航行しながら、通信したり陣形を変えたりする手順を確認した。インドの艦艇は10月下旬、極東ウラジオストクでロシア軍との合同演習を実施し、その帰路だった。

     一方、この訓練とは別に、日米では、ロナルド・レーガンを含む米空母3隻と海自艦との共同訓練も調整している。

    img_b536d9222a46d082061f4af7d121bfe1139879


    http://yomiuri.co.jp/politics/20171107-OYT1T50051.html

    【【訓練】米空母と海自艦、インド艦艇が日本海で対北訓練…インドは初参加 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/08(金) 13:26:17.82 BE:478973293-2BP(1501)
    hqdefault

    米空母ロナルド・レーガン、横須賀基地を出港

     米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に配備されている米原子力空母「ロナルド・レーガン」が8日正午過ぎ、出港した。

     西太平洋地域などでパトロールや訓練を行うとみられるが、核実験や弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮に対する警戒活動で、日本海に向かう可能性もある。


     ロナルド・レーガンが所属する第7艦隊の広報は、読売新聞の取材に対し「予定通りのパトロール。個々の運用については答えられないが、日本海は第7艦隊の作戦行動の範囲内にある」とした。

     5月16日に出港した前回は、西太平洋地域でパトロールや訓練を実施した後、日本海の北陸沖で行われた大規模な日米共同訓練に参加した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00050092-yom-soci

    【原子力空母ロナルド・レーガンが横須賀基地から出港 日本海に向かう可能性も】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/05(土) 06:29:29.31 _USER
    kono-taro
    http://www.sankei.com/column/news/170805/clm1708050003-n1.html

     4日付の小紙朝刊は、日本海の国際呼称について、韓国が求める「東海」への表記変更が増加している問題を報じていた。外務省の調査によると、日本海の単独呼称を支持する国は約58%にとどまったという。慰安婦問題でも徴用工問題でも、韓国のなりふり構わぬ宣伝攻勢に、有効な対抗策を打てない日本外交の現状を憂う。

     ▼そもそも日本海は、朝鮮半島から見れば東に位置するものの、日本列島を基準にすれば西にある。東海という呼称は、そんな相対的な位置関係を表すにすぎない。にもかかわらず、必死に世界各国に東海表記を強いようとするのはなぜか。

     ▼韓国の西側、中国大陸との間に位置する「黄海」は、韓国では「西海」と呼ばれている。ところが、韓国は国際社会に西海表記を訴えることはしていない。「韓国はことほどさように事大主義の国なんです」。外務事務次官経験者から聞いた言葉である。

     ▼事大主義とは、一般的には定見を持たず、支配的勢力に付き従って自己保身を図る姿勢を指すが、李氏朝鮮時代からの伝統的な韓国の対中政策でもある。朴正煕元大統領は「民族の悪い遺産」として、事大主義を批判したとされる。

     ▼確かに韓国は、日本の朝鮮半島統治に関してはあることないこと責め立てるのに、その後の朝鮮戦争に参戦して半島を蹂躙(じゅうりん)した中国は非難しない。日本から見ればこうした態度は理不尽であり、差別の一種だとすら受け取れる。

     ▼河野太郎新外相には、国際社会で韓国の二重基準を説明し、欧米で19世紀初頭には確立していた日本海という国際呼称を守ってもらいたい。近隣諸国との友好と迎合を履き違えたような外交を繰り広げた父、河野洋平元外相と自分は違うのだというところを見せてほしい。

    【【産経抄】 河野太郎外相は、韓国の二重基準を説明し「日本海」という国際呼称を守ってもらいたい[08/05]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/21(金) 17:24:09.22 _USER
    2017年4月20日、韓国・SBSによると、トランプ米大統領が習近平(シー・ジンピン)中国国家主席との会談内容を伝えたインタビューで「韓国は中国の一部だった」と習主席が述べたとするトランプ大統領の発言が波紋を呼んでいる中、ペンス米副大統領が「Japan sea(日本海)」と発言していたことも明らかとなり、韓国で物議を醸している。

    ペンス副大統領は18日、麻生太郎副総理兼財務相との共同記者会見で「日本海の向こう側で挑発が続いているが、米国は日本の安全と繁栄のために常に同じ側に立つという事実を分かってほしい」と述べた。麻生副総理も会見の終盤、同盟国間の情報共有の重要性を強調する際に「日本海」との単語を使用した。

    日本海の呼称をめぐって日本と韓国は激しく対立してきた。そのため、各国の指導者が公式の場で「日本海」との表現を使うことは極めて異例のことという。韓国では「トランプ政府の歴史認識に問題がある」と指摘する声も出ている。

    日本は国際水路機関(IHO)の創設メンバーとして、1929年に作成された「大洋と海の境界」(Special Publication No.23、略称は「S-23」)から日本海を「Japan sea」と表記してきた。韓国は1997年以降の20年間、絶えず「東海(East Sea)」との併記を要求してきたが、実現していない。今月24日~28日にモナコで開かれるIHO第19回総会では、「大洋と海の境界」の改訂版(第4版)で使用する名称について話し合われる。約30人の専門家を参加させる韓国は、日本と激しい外交戦を繰り広げるとみられている。

    これについて、韓国のネットユーザーからは「誰も信じられない。韓国自ら核武装するしかない」「米国にとって日本は同盟で、韓国はパートナーだから…」「韓国は外交力でも日本に完敗だ」「大統領は『中国の属国』、副大統領は『日本海』。悲しい」「韓国はなぜこんなにも落ちぶれてしまったのか」「トランプ政府関係者には初めから何も期待していない。レベルの高い考えを持つ人はいないから」「東海はもう諦めよう。いくら主張しても誰も認めてくれないよ」など諦めや嘆きの声が多く寄せられている。

    そのほか「無能な朴槿恵(パク・クネ)政府が残した業績」「消極的な韓国政府に責任がある」など韓国政府を批判するコメントもみられた。(翻訳・編集/堂本)

    http://www.recordchina.co.jp/b175898-s0-c10.html

    【【米政府】歴史認識に問題あり?副大統領の「日本海」発言で物議「日本は同盟、韓国はパートナー韓国は外交力でも日本に完敗」[4/21]】の続きを読む

    このページのトップヘ