真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日本人

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/19(日) 14:44:33.27 _USER
    DSC_0056-1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171119-00018538-forbes-int

    安倍晋三首相を筆頭に、各国首脳が「もてなし合戦」を繰り広げたトランプ米大統領のアジア歴訪(11月5~14日)。焦点の北朝鮮核問題への対応では、誰もが知りたかった今後の米軍による軍事攻撃の可能性について明確なメッセージは示されなかった。

    一方、小野寺五典防衛相がこの間、朝鮮半島有事が起きた場合の邦人退避に関し「(韓国との協議を)できていない」とテレビの前で語ったことには驚かされた。日本の主要メディアは大きく取り上げなかったが、これは邦人の退避計画(evacuation plan)にほとんど具体性がないことを初めて公に認めた重大発言だからだ。

    外務省領事局政策課によると、韓国の在留邦人は2016年10月1日時点で3万8045人。在留届を出していない短期滞在の観光客(16年に訪れた日本人は約230万人)を含めれば、5万人を優に超える。朝鮮半島でいったん有事が起きれば、この多数の人々を日本へ一斉に退避させなければならない。さて、どうすればよいのか。
     
    実のところ、日本の関係当局による朝鮮半島有事のシナリオをめぐる真剣な検討は約30年前から始まっている。北朝鮮が核開発に着手していることが判明し、94年にはクリントン米政権との間で戦争の瀬戸際までいった。その後も、同国では2000年代初頭まで食料難が続き「崩壊は時間の問題」ともみられていた。
     
    90年代当時から今日に至るまで、日本政府にとって、邦人退避をめぐる最大の足かせは韓国が自衛隊の使用に同意しないことだ。このため、有事の状況によって邦人を、1. 民間チャーター機でソウルからピストン輸送、2. 釜山から民間の船で輸送、3. 米軍が北朝鮮を制圧するまでシェルターに避難させる、などが考えられてきた。ただ、飛行機や船は前もって押さえることはできないほか、いずれのケースも韓国側の協力が必要となる。
     
    日韓外交筋によると、核実験を強行した北朝鮮とオバマ米政権が一触即発になった13年3月、日本側は韓国の朴槿恵政権に邦人退避に備えた協議を申し入れ、「無視された」(日本政府関係者)という経緯がある。冒頭に紹介した小野寺発言は、朝鮮半島情勢がより悪化しているにもかかわらず、今もなお日韓が没交渉であることを意味している。
     
    ちなみに、邦人救出で頼みの綱の米軍はあてにできない。ソウルには米国の永住権(グリーンカード)保持者を入れると、米大使館の保護対象者は10万人以上になり、邦人は後回しにならざるを得ないからだ。

    安倍首相は、6日の日米首脳会談後の共同記者会見で「北朝鮮への対応で、日本はすべての選択肢がテーブルの上にあるとのトランプ大統領の立場を一貫して支持している」と表明した。

    トランプ大統領の強硬姿勢は、かつてのニクソン政権が冷戦時代に示した「武力行使の脅しをかけなければ、武力衝突を避けられない」との考え方に通じている。ただ、こうした軍事的威嚇が北朝鮮を追い詰め、軍事行動を起こさせる可能性も常にある。

    トランプ氏が日本の次に訪問した韓国では、元従軍慰安婦が晩さん会に招待されるなど日本への対抗意識がむき出しとなった。有事の際、邦人の保護どころか、ソウル市内のシェルターからも締め出しかねない勢いで、北朝鮮対応で最も重要な日韓の連携は砂上の楼閣だ。

    トランプ氏が「繰り返さない」と表明する、北朝鮮核開発を阻止できなかった「過去の失敗」の本質の一面がここにうかがえる。

    【【日韓】朝鮮半島有事でも、日本人5万人が退避できない痛い理由 「韓国側の協力が必要となる」[11/19] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/06(月)23:34:33 ID:???
    img_619a0b5089a94a1e54c6fd79f20ee568129231

    零戦、売ります! 唯一の日本人零戦オーナーが決意のお願い
    零戦オーナーの石塚政秀さん
    かつての日本海軍主力戦闘機・零戦を、日本人で唯一保有している人がいる。36年海外在住の石塚政秀さん、56歳。今年6月、72年ぶりに東京湾上空を飛行し話題となったが、「零戦を売ります」という。でも、お高いんでしょう?

    零戦、売ります! 唯一の日本人零戦オーナーが決意のお願い
    石塚さん 末永裕樹/文藝春秋
    購入価格は3億5000万円
    ――どうして売りたいのですか?

    石塚 本業のファッション・ブランドの経営も厳しい中で、もうお金の限界です。
    零戦を日本で維持管理するには、 ざっと年間2000万円かかるんです。
    保険で1000万円、駐機代に整備費、確認飛行にかかる費用で1000万円。
    私はこの零戦を2008年に購入し、10年間私財を費やして維持してきましたが、もうこれ以上は無理というところまできました。
    海外での会社経営から購入した自宅も牧場も車も所有していた船も売却してしまいました。


    ――そもそもいくらで買ったのですか?

    石塚 3億5000万円です。

    ――3億5000万円! それは妥当なお値段なんですか?

    石塚 イギリスのスピットファイアー、ドイツのメッサーシュミット、アメリカのP-51マスタング、P-38ライトニングなど海外の戦闘機と比較しても、
    だいたいこれくらいだと思います。
    高い買い物をしたとは思っていません。唯一オリジナルの中島「栄」エンジンで飛んでいる零戦52型は20億円の値札が付いていますし。

    ――しかし、どうして零戦を保有しようと思ったのでしょう。

    石塚 元々は、ある地方自治体からの「建設予定の博物館に零戦を展示したいので、機体の購入を手伝って頂けませんか」という打診から話は始まります。
    私はニュージーランドでレザージャケットメーカー「THE FEW」というファッション・ブランドの会社を経営していて、特に大戦期のアメリカ空軍、海軍のフライトジャケットを扱ってもいるものですから、自然と国内外の航空関係者、飛行機のコレクターと知り合うことが多いんですね。いわば世界各国の航空関係者との航空コネクションがあるのです。

    (以下略)

    Yahoo!ニュース/11/6(月) 11:00配信 文春オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171106-00004750-bunshun-soci

    【【話題】 零戦、売ります! 唯一の日本人零戦オーナーが決意のお願い [H29/11/6]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/03(金)10:57:08 ID:???
    20130726_617166

    ※青色はあぶり出された人たちと組織、新聞社

    ◎記事元ソース名/産経新聞コラムのウェブ版、「排他的」見出しに批判次々

    仲村和代、田玉恵美

    2017年11月3日07時57分

    産経新聞のウェブ版「産経ニュース」で、「日本を貶(おとし)める日本人をあぶりだせ」という見出しがついたコラムが配信され、ネット上で批判が集まっている。あぶり出した後でどうしようというのか。こうした言葉が、排他的な言説を拡散し、増幅させることにならないか――。

    「あぶりだせ」の見出しは、10月19日付産経新聞1面コラム「産経抄」を産経ニュースが配信した際につけられた。コラムは、「報道の自由度ランキング」で日本の順位が低いのは、「日本に対する強い偏見」に加え、「一部の日本人による日本の評判を落とすための活動」が助長しているためだ、などと批判する内容だ。紙面に見出しはついておらず、本文中にも「あぶりだせ」という表現はない。

    朝日新聞の調べでは、産経抄に言及したツイートの数は、配信された19日から2日間で約2万件あった。大半はウェブ版の見出しや、内容に批判的なものだった。 一方で、「全くその通り。反日日本人を徹底的にあぶりだすべきだ」など賛同する投稿もあった。

    見出しについて、約1万2600人のフォロワーがいる編集者の早川タダノリさんは「『非国民狩り』を提起していて、 もはや報道ではなく憎悪扇動ビラ」と厳しく批判するツイートを投稿した。

    (中略)

    「ネットと愛国」の著書があり、ヘイトスピーチ問題に詳しいジャーナリスト安田浩一さんも「大手メディアによる排外的な論調がはびこることで差別のハードルが下がり、一般の人にも排他的な主張が広がる悪循環が起きている」と指摘した。

    2日、国会内で開かれた人種差別撤廃基本法の実現を求める集会でも、ネット上の排外主義的な主張が出版物になることなどで「信憑性(しんぴょうせい)」を増し、拡大している実態が報告された。報告者の韓東賢(ハントンヒョン)・日本映画大准教授(社会学)は朝日新聞の取材に「ネットでは新聞の部数とは関係なく、フラットに記事が読まれ、流通する。一般紙のサイトに排外、排他主義的な主張が載ることで重みが増し、そのような行動を正当化し、 根拠づけることにもなりかねない」との懸念を示した。

    産経新聞社広報部は朝日新聞の取材に「個別の記事に関することにはお答えできません」としている。

    http://www.asahi.com/articles/ASKC1666HKC1UTIL04M.html?iref=comtop_8_01

    関連記事
    【産経抄】日本を貶める日本人をあぶりだせ 10月19日 [H29/10/21]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508553446/
    【【話題】産経新聞「日本を貶める日本人をあぶりだせ」→朝日新聞ほか反日パヨクがあぶりだされるwwwwwwww】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/21(土)11:37:26 ID:???
    2011-11-09-01-535x535
     日本の新聞記者でよかった、と思わずにはいられない。
    地中海の島国マルタで、地元の女性記者が殺害された。車に爆弾を仕掛けるという残虐な犯行である。

    (中略)

     ▼今年4月に発表された「報道の自由度ランキング」では47位、なんと72位の日本よりはるかに上位だった。ランキングを作ったのは、パリに本部を置く国際ジャーナリスト組織である。日本に対する強い偏見がうかがえる。一部の日本人による日本の評判を落とすための活動が、さらにそれを助長する。

     ▼米紙ニューヨーク・タイムズに先日、「日本でリベラリズムは死んだ」と題する記事が載っていた。日本の大学教授の寄稿である。安倍晋三首相の衆院解散から現在の選挙状況までを解説していた。といっても、随所に左派文化人らしい偏った主張がみられる。

     ▼憲法をないがしろにして軍事力の強化を図る首相の姿勢は、有権者の支持を得ていない。
    最大野党の分裂のおかげで自民党が勝利するものの、政治はますます民意から離れていく、というのだ。米国人の読者が抱く日本のイメージは、民主主義が後退する国であろう。


    2/2ページ
     ▼特定の政治的主張だけを取り上げる、国連教育科学文化機関(ユネスコ)には、困ったものだ。いよいよ問題だらけの慰安婦関連資料の登録の可能性が強まっている。田北真樹子記者は昨日、登録されたら脱退して組織の抜本改革を突きつけろ、と書いていた。

     ▼そもそも国連を舞台に、実態からかけ離れた慰安婦像を世界にばらまいたのは、日本人活動家だった。何ということをしてくれたのか。

    産経web/2017.10.19 05:04
    http://www.sankei.com/column/news/171019/clm1710190003-n1.html

    【【産経抄】日本を貶める日本人をあぶりだせ 10月19日】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/10(日) 19:12:42.17 _USER
    DJXX74zVAAAnwnm
    http://ksl-live.com/blog10950

    新潟県の米山隆一知事が、中国から日本へ帰化した石平 拓殖大学客員教授を差別する投稿をツイッターで行い、多くの批判を浴びている。米山知事は石平氏の投稿を引用し、帰化して日本で活動することを「吐き気を催すほど醜悪」と具体的に中傷しており、一切の言い訳が通用しない状況だ。

    適不適の判断はさておき、いずれにせよ望月記者は自国の政府に対し直接対峙している。一方石平氏は今や、祖国を離れ、独裁政権と批判する中国政府と直接対峙することなく日本人向けに中国政府批判を展開しているに過ぎない。闘う望月記者の歌を闘わない石平氏が笑う事は吐き気を催すほど醜悪だと思う。

    適不適の判断はさておき、いずれにせよ望月記者は自国の政府に対し直接対峙している。一方石平氏は今や、祖国を離れ、独裁政権と批判する中国政府と直接対峙することなく日本人向けに中国政府批判を展開しているに過ぎない。闘う望月記者の歌を闘わない石平氏が笑う事は吐き気を催すほど醜悪だと思う。 https://t.co/YR8F8NQInw
    — 米山 隆一 (@RyuichiYoneyama) September 9, 2017

    苦しい言い訳に長島昭久議員も苦言

    石平氏は米山知事のツイートに「帰化人を日本人と認めない排外主義的態度だ!」と強く抗議している。

    新潟県の米山知事は下記のツイートで、「醜悪」という言葉を使って私のことを批判している。彼は意図的に、人権侵害を平気で行う中国の独裁政権と、民主主義の手続きで選ばれた日本政府と混同している。この本質の差を無視して一方的に私を攻撃するとは、公人としては不見識であり、卑劣でさえある。 https://t.co/iZezpxQzI7
    — 石平太郎 (@liyonyon) September 9, 2017

    新潟県米山知事は下記のツイートで、「望月記者は自国政府と対峙している」と言うが、帰化人の私にとっても日本政府は自国の政府だ。しかし米山氏は望月記者に関してだけ「自国の政府」の表現を使うが、私を中国政府と結びつける。それは明らかに、帰化人を日本人と認めない排外主義的態度だ! https://t.co/iZezpxQzI7
    — 石平太郎 (@liyonyon) September 9, 2017

    この抗議に対し、米山知事は実に見苦しい言い訳をしている。

    要するに私の申し上げているのは、どこかの独裁国家ならいざ知らず、石平氏の母国である民主主義国家の日本では、「権力と戦う」のに何のリスクも無い状況で言論によって対峙するのは当たり前なのであって、それを「吐き気を催すほどの自惚れだ!」などとする氏の指摘は全く当たらないという事です。 https://t.co/rdrtMd9sqH
    — 米山 隆一 (@RyuichiYoneyama) September 10, 2017

    これにより、米山知事への批判はさらに強まる。
    見かねた長島昭久衆議院議員が、米山知事に直接苦言を呈す事態となる。

    米山さんが仰りたいことを善意に解釈したとしても、体制批判をめぐって共産党独裁(逆らえば生命、身体の危機)の中国と、曲がりなりにも民主主義が機能している日本とを同列に論じて、石平氏の言論を「吐き気を催すほど醜悪」と批判するのは、些かバランスを失していると思います。 https://t.co/AHjiZHNf8R
    — 長島昭久 (@nagashima21) September 10, 2017

    米山知事はこれまでに何度も問題発言で話題になっており、炎上商法により売名ではないかという見方もある。しかし、今回ばかりは「釣り」では済まされないだろう。明確なヘイトスピーチであり、公人の発言としては過去に例をみないほどの醜悪さである。
    辞職するべきだ。

    【【ヘイト】米山隆一新潟県知事が差別発言! 石平太郎氏の帰化に「吐き気を催すほど醜悪」「祖国を離れ日本人に向け中国批判」[09/10] 】の続きを読む

    このページのトップヘ