真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日本人

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/10(日) 19:12:42.17 _USER
    DJXX74zVAAAnwnm
    http://ksl-live.com/blog10950

    新潟県の米山隆一知事が、中国から日本へ帰化した石平 拓殖大学客員教授を差別する投稿をツイッターで行い、多くの批判を浴びている。米山知事は石平氏の投稿を引用し、帰化して日本で活動することを「吐き気を催すほど醜悪」と具体的に中傷しており、一切の言い訳が通用しない状況だ。

    適不適の判断はさておき、いずれにせよ望月記者は自国の政府に対し直接対峙している。一方石平氏は今や、祖国を離れ、独裁政権と批判する中国政府と直接対峙することなく日本人向けに中国政府批判を展開しているに過ぎない。闘う望月記者の歌を闘わない石平氏が笑う事は吐き気を催すほど醜悪だと思う。

    適不適の判断はさておき、いずれにせよ望月記者は自国の政府に対し直接対峙している。一方石平氏は今や、祖国を離れ、独裁政権と批判する中国政府と直接対峙することなく日本人向けに中国政府批判を展開しているに過ぎない。闘う望月記者の歌を闘わない石平氏が笑う事は吐き気を催すほど醜悪だと思う。 https://t.co/YR8F8NQInw
    — 米山 隆一 (@RyuichiYoneyama) September 9, 2017

    苦しい言い訳に長島昭久議員も苦言

    石平氏は米山知事のツイートに「帰化人を日本人と認めない排外主義的態度だ!」と強く抗議している。

    新潟県の米山知事は下記のツイートで、「醜悪」という言葉を使って私のことを批判している。彼は意図的に、人権侵害を平気で行う中国の独裁政権と、民主主義の手続きで選ばれた日本政府と混同している。この本質の差を無視して一方的に私を攻撃するとは、公人としては不見識であり、卑劣でさえある。 https://t.co/iZezpxQzI7
    — 石平太郎 (@liyonyon) September 9, 2017

    新潟県米山知事は下記のツイートで、「望月記者は自国政府と対峙している」と言うが、帰化人の私にとっても日本政府は自国の政府だ。しかし米山氏は望月記者に関してだけ「自国の政府」の表現を使うが、私を中国政府と結びつける。それは明らかに、帰化人を日本人と認めない排外主義的態度だ! https://t.co/iZezpxQzI7
    — 石平太郎 (@liyonyon) September 9, 2017

    この抗議に対し、米山知事は実に見苦しい言い訳をしている。

    要するに私の申し上げているのは、どこかの独裁国家ならいざ知らず、石平氏の母国である民主主義国家の日本では、「権力と戦う」のに何のリスクも無い状況で言論によって対峙するのは当たり前なのであって、それを「吐き気を催すほどの自惚れだ!」などとする氏の指摘は全く当たらないという事です。 https://t.co/rdrtMd9sqH
    — 米山 隆一 (@RyuichiYoneyama) September 10, 2017

    これにより、米山知事への批判はさらに強まる。
    見かねた長島昭久衆議院議員が、米山知事に直接苦言を呈す事態となる。

    米山さんが仰りたいことを善意に解釈したとしても、体制批判をめぐって共産党独裁(逆らえば生命、身体の危機)の中国と、曲がりなりにも民主主義が機能している日本とを同列に論じて、石平氏の言論を「吐き気を催すほど醜悪」と批判するのは、些かバランスを失していると思います。 https://t.co/AHjiZHNf8R
    — 長島昭久 (@nagashima21) September 10, 2017

    米山知事はこれまでに何度も問題発言で話題になっており、炎上商法により売名ではないかという見方もある。しかし、今回ばかりは「釣り」では済まされないだろう。明確なヘイトスピーチであり、公人の発言としては過去に例をみないほどの醜悪さである。
    辞職するべきだ。

    【【ヘイト】米山隆一新潟県知事が差別発言! 石平太郎氏の帰化に「吐き気を催すほど醜悪」「祖国を離れ日本人に向け中国批判」[09/10] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/31(木) 14:46:59.24 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    日本の平和主義、北朝鮮ミサイルが転換点になるのか

    日本は平和憲法を持つ国だが、北朝鮮のミサイル発射は日本の平和主義を試すものだ。 BBC「ニューズナイト」より、エミリー・メイトリス記者が日本の平和主義について短く解説する。
    http://www.bbc.com/japanese/video-41104719


    【キャプチャー画像】
    http://i.imgur.com/9gjxXwU.jpgno title

    http://i.imgur.com/jOXJTko.jpgno title

    2: KSM WORLD NEWS 2017/08/31(木) 14:47:31.40 BE:723460949-PLT(13000)
    【ネタ元】
    https://twitter.com/CatNewsAgency/status/903127825372274688

    【【画像】パヨク「9条は日本人自ら反省して戦争放棄を誓ったんだぁ」⇒BBC「罰としての平和憲法だよ!ウェーハッハッハッハwww」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/25(金) 10:48:08.70 _USER
    bd83ccb1022f4f94b5b3d4d48367ad4b

    中国メディア・今日頭条は23日、「韓国が泣きそうだ 7月の中国人観光客が激減、日本の観光客も来ない」とする記事を掲載した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領の就任で改善が期待された中韓関係だが、実際の状況は良い方向には向かっていないようだ。

    記事は、韓国観光発展局が22日に発表した最新のデータで、7月に韓国を訪れた外国人観光客がのべ100万8671人と前年同期比で40.8%減少したことを紹介。

    とくに高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備によって大きな打撃を受けている中国人観光客の状況は特に厳しく、前年同期比69.3%減ののべ28万1263万人に留まったとした。

    韓国の観光業界は中国人観光客の激減によるダメージを和らげるべく日本や東南アジアの観光客の掘り起こしに力を注いでいるが、日本人観光客も7月は同8.4%減の17万634人となった。

    さらに、フィリピン、マレーシア、タイといった東南アジア諸国の観光客数も軒並み減少し、唯一ベトナムからの観光客が増加した。記事はその背景に朝鮮半島情勢の緊迫化があるとし、欧米地域からの観光客も減少したと伝えている。

    一方、韓国人の出国者数は238万9447人と同14.5%増加しており、韓国人の国外旅行熱は続いているようだ。

    記事は、中国人観光客をはじめとする外国人観光客の大幅な減少により、韓国の旅行業界は苦境に立たされているとし、韓国のLCC(格安航空会社)が続々と中国の各都市との往復便の就航を中止していると伝えた。

    その例として、イースター航空が20日に開通予定だった清州空港と瀋陽、上海、大連、ハルピン、寧波などの都市を結ぶ航空路線計画を中止したことを挙げている。

    また、済州空港にある免税店は売り上げが激減してテナント代と人件費が支払えない状況となり、経営権を返上したこと、旅行会社も軒並み人員削減が行われており、これ以上状況の改善が見られなければ倒産が相次ぐ可能性があることを伝えている。(編集担当:今関忠馬)

    http://news.searchina.net/id/1642617?page=1

    http://image.searchina.net/nwscn/6/1/7/1642617.jpgno title

    (イメージ写真提供:123RF)

    【【今日頭条】韓国は泣きっ面に蜂・・・中国人観光客が減った上に、日本人まで来ない[8/25] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/02(日) 17:57:30.59 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    img_f819103b9d6efc6506d362c090e65c5e170876

    これまで安倍首相は英語圏のメディアでは「愛国主義者」、「超保守」、「修正主義者」などのレッテルを張られてきており、決して評価はよくなかった。 ディプロマット誌に寄稿した英シェフィールド大学の研究者、ディミトリ・フィリポフ氏は、安倍首相は日本が平和憲法に縛られない真に独立した国になるべきという思想を持つ人物だとする。 しかし、安倍首相の外交政策を分析する場合は、個人としての安倍晋三と、首相としての安倍晋三の違いをはっきりさせることが重要だと主張する。

     同氏は、安倍首相は2006年から2007年の第1次安倍政権で、民主主義、法の支配、人権などの普遍的価値を共有する国々との協調を図るという「価値観外交」を方針にし、 イデオロギーにフォーカスして失敗したが、2012年の再登板以降は、失敗から学んで、より実利的な政策で国益重視に方向転換したと見ている。

    ◆国益第一。トランプ大統領の信頼も勝ち得た
     コロンビア大学教授で政治学者のジェラルド・カーチス氏も、安倍首相は第2次政権発足時には予想しなかった柔軟性を見せているとし、 2013年を最後に靖国参拝をやめたこと、改憲に関しても大幅な改正ではなく、 現9条を堅持し自衛隊の合法性を認知する部分を新たに加えるとしていることなどを例に上げている(イーストアジア・フォーラム)。

     カーチス氏は、国益重視の最たるものとして、安倍首相がトランプ大統領誕生後すぐに会談に出向いたことを上げる。 独裁的な核保有国の中国、北朝鮮、ロシアを隣人とし、民主主義国家の韓国とも歴史認識問題で緊張関係にある日本にとって、 誰が大統領になろうとも、日米同盟が日本の安全保障に必要なことを安倍首相は理解していた。 同盟の安定を確実なものとするため、「charm offensive(目標達成のため、意図的にお世辞や自分の魅力を利用すること)」でトランプ大統領の信頼を勝ち得たことは見事だったと同氏は評価している。

    「安倍は変わった」柔軟な国益重視の外交手腕、海外識者が高く評価
    http://blogos.com/article/232231/


    【海外識者「安倍は十分に日本を成功に導いている。しかし、日本人はそれを理解していない」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/12(金) 13:25:49.30 _USER
    watashinihonjin-1

    2017年5月11日、大きな日の丸を背景に「私日本人でよかった」と書かれたポスターが日本で波紋を呼んでいると、韓国・聯合ニュースが報じた。

    問題になったポスターには、目を閉じ、ほほ笑みを浮かべる女性の顔が写り、「私日本人でよかった」「誇りを胸に日の丸を掲げよう」と書かれている。日本の報道によると、このポスターが日本で話題になったのは、先月末ごろ「京都のあっちこっちにあったポスター。怖かった」とツイッターに投稿されたのがきっかけという。

    話題に上ったポスターは日本全国8万以上の神社が参加する団体「神社本庁」が2011年に6万部を作り神社などに配布したものだった。ポスターが作られた6年前は東日本大震災の直後で、避難所で被災者が整然と並び支援物資を受け取る姿などに海外メディアから称賛が集まっていた。

    日本メディアによると、神社本庁の担当者は「日本人は、譲り合いの精神や礼儀正しさを当たり前のことと考えていたが、海外からの称賛を受け、素晴らしさに気付かされた。そうした社会状況を踏まえ、あのコピーを考えたと聞いている。当時は広く受け入れられたようだ」と述べている。

    また、このポスターで議論を呼んでいるのが、モデルの女性が中国人だったことだ。中国メディア・環球網によると、北京駐在の米国人カメラマンLane Oatey(中国名:雷恩)氏は「写真は自分が数年前に撮影したもので、モデルは中国人だった」と証言した。神社本庁は「中国人といっても、誰にも被害を与えないではないか」として、モデルが中国人女性であったことについて否定も肯定もしていないという。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「『日本人に生まれて恥ずかしい』からあえてこのように書いたのでは?」「これって、日本人への悪口じゃないの?」など、逆説的に表現した内容とする意見とともに、「なぜ日本人でよかったの?」とする声もあった。

    また、「私も韓国人でよかったと思うけど、こんな言葉はあまり好きじゃない」「韓国で『私韓国人でよかった』なんてポスター出したら批判の的だ」など、ポスターに書かれた言葉が韓国では受け入れにくいとする意見や、「日本が軍国主義に回帰しているような気がする」とする声もあった。
    Record china
    2017年5月12日(金) 12時0分
    http://www.recordchina.co.jp/a177956.html

    【【ネットの反応】波紋呼ぶ「日本人でよかった」ポスター韓国でも注目される「私も韓国人でよかったと思うけど」[05/12]】の続きを読む

    このページのトップヘ