真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日報

    40153a04b1d7418937f726c849336c0f

    ケントギルバート「休んでいた国会議員に日報を出してもらいたい。辻元清美、どこで何を、誰と、内容まで全部公開してもらいたい」
    石平「国会をサボっていた以上国民に報告する義務がある」
    ケ「日本も米国も一緒。野党が現政権を倒そうとしてるだけ」
    いいね、海苔弁は許さんよ。

    どんどん公開します・・辻元の日常www KSM
    sekigun2609
    tumblr_njergfBHXZ1qe377do1_1280

    photo_2

    20150607_1044028

    SGWsYg6

    60ee7a72-s


    【ケントギルバート「休んでいた国会議員に日報を出してもらいたい。辻元清美、どこで何を、誰と、内容まで全部公開してもらいたい」】の続きを読む

    naktani2

    自民党(元自衛官)中谷真一「
    日報は『警備要領、弾薬数、隊長副隊長の分刻みの行動予定、週間の業務予定表』が書いてある。これをどんどん公開するのが本当にいいのか。私がテロリストだったら最も欲しい情報。国民は自衛官を危険に晒す事を望んでいるのか。この事は真剣に議論すべき」 ほんとこれ。
    150995982120028382178_9bb2fe42
    【自民(元自衛官)中谷真一「日報は『警備要領、弾薬数、隊長副隊長の分刻みの行動予定、週間の業務予定表』が書いてある。私がテロリストだったら最も欲しい情報。」】の続きを読む

    thumb-12213-20180406-50074-domestic

    イラク派遣日報「隠蔽」問題でメディアが指摘しないこと 伊藤俊幸元海将「①本来
    ㊙扱いにすべき内容が含まれているのが平文書だったので情報公開となるとそこを消さないといけない②1年未満破棄の文書扱いなので、10年以上前の文書が残っている事自体が問題」

    image_streamer

    門田隆将氏「日報は機密性が高い。
    これを要求している人達って、どの国の利益のためにやっているのかと言うこと。明らかに特定の国が得するように野党が動いている。」
    【門田隆将氏「日報は機密性が高い。これを要求している人達って、どの国の利益のためにやっているのかと言うこと。」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/12(土) 00:08:48.22 _USER9
    C_3wsT3UAAA5JX6

    北の脅威はどこ吹く風… ミサイルよりも「日報」「加計」か
    閉会中審査 2017.8.11 08:13

     10日に行われた衆院安全保障委員会と参院外交防衛委員会の閉会中審査は、 南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐる応酬に終始した。また、同日の 菅義偉官房長官の記者会見では、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設に 絡み、一部メディアの記者が同趣旨の質問を連発するおなじみの光景が繰り広げられた。北朝鮮のミサイルの脅威もどこ吹く風のようだ。(松本学、広池慶一)

     「なぜ稲田朋美元防衛相の出席がかなわなかったのか。納得できない」

     衆院安保委で質問に立った民進党の升田世喜男(せきお)氏はこう不満を爆発させた。

     確かに、稲田氏は防衛相辞任で国防への信頼を失墜させた一連の問題への説明責任を果たした ことにはならない。「安倍晋三首相は丁寧に説明すると言っているが、やっていることは逆だ」 (民進党の山井和則国対委員長)という批判は一面の真実を突いている。

     ただ、そうした点を差し引いても、この日の質問には目に余る部分があった。

     「大臣にこのようなこと聞くの、酷(こく)ですよね。関係ないんですから。知ったこっちゃ ないですよね」

     民進党の福山哲郎幹事長代理は参院外交防衛委員会で、稲田氏が出席しないことへの恨み節を 小野寺五典防衛相にぶつけた。

     招致を拒否した自民党国対への不満であればまだ同情の余地もあるが、委員会運営について
    閣僚にただしたところで詮(せん)ない話だ。

     福山氏は「大臣をさらし者にしているが、新大臣には罪がない」とも述べた。「さらし者」と いう表現が出てくる時点で、自身の追及が「批判のための批判」であると認めたに等しい。

     菅氏の会見では、東京新聞社会部記者が「平成27年4月に柳瀬唯夫首相秘書官(当時)が
    首相官邸で加計学園事務局長と面会した」との朝日新聞報道を取り上げ、質問を重ねた。

     菅氏は「国会で柳瀬氏が答えた通りだ」と応じても、記者は引き下がらずに同じ趣旨の質問を 続けた。あげくの果てに「国民が理解しがたい話を政府がひたすら言い続けているようにしか みえない」と、自らの主張を「国民」と置き換えて一方的に言い連ねた。

    http://www.sankei.com/politics/news/170811/plt1708110010-n1.html

    【【閉会中審査】北朝鮮の脅威はどこ吹く風…ミサイルよりも「日報」「加計」の安全保障委員会・外交防衛委員会】の続きを読む

    このページのトップヘ