真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    方針

    9xl9majm

    【読売新聞世論調査】韓国政府からの追加要求には応じないとする日本政府の方針を「支持する」83% 韓国を「信頼できない」78%~ネットの反応「韓国と外交をするなってのが民意ですわ」「大人の対応、冷静な対応を促す自称識者の孤立っぷりwww」「朝日毎日涙目」

    記事本文・ネットの反応はアノニマスポストで

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/02(木)21:35:19
    kakegakuen

    ◆加計学園の獣医学部新設を「認可」の方針
    [日本テレビ系(NNN) 11/2(木) 19:52配信]


     安倍首相の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設について、計画を審査していた文部科学省の審議会が設置を認可する方針で意見がまとまった。これで来年4月の開学が認可される見通し。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171102-00000072-nnn-soci

    【【社会】加計学園の獣医学部新設を「認可」の方針[H29/11/2]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/28(木) 13:02:06.92 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    c24a91_d98607d7d4414515ab6eeb40b76d95e5-mv2

    希望公認には対抗馬擁立=「重大な背信」と民進批判―共産・志位氏【17衆院選】
    9/28(木) 12:16配信 時事通信

     共産党の志位和夫委員長は28日の党会合で、民進党の前原誠司代表が表明した希望の党との合流方針について「重大な背信行為だ」と批判した。
    その上で、希望公認で出馬する候補には対抗馬を擁立する方針を示した。 


     志位氏は、希望が安全保障関連法を容認していることを理由に「自民党の補完勢力だ。共闘や連携の対象にはならない」と非難。
    安保法に反対する勢力との共闘を今後も進める考えを示した。民進党の動きについては「合流というより一方的な吸収合併だ」と指摘した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170928-00000057-jij-pol

    7: KSM WORLD NEWS 2017/09/28(木) 13:04:21.72
    >>1
    安倍を終わらせるために小異を捨てようと言ったのは志位
    それなのに共産党は安倍を助けるというのか? これは人民の敵となったも同然だな、反革命罪だ

    6: KSM WORLD NEWS 2017/09/28(木) 13:04:19.75
    潰し合えー
    自民が全ていいとは思わんが今自公が過半数割れして安倍総理退陣の流れだけは阻止すべき

    【共産党・志位委員長、民進党に超絶激怒「重大な背信行為」 希望の党の公認候補に対抗馬をぶつける方針 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/04(金) 07:27:45.52 _USER9
    http://netgeek.biz/archives/100508

    安倍総理バッシングはテレビ局の方針として決められている。奥山真司氏が知り合いのテレビ局ディレクターに直接聞いたと暴露した。
    ディレクターも違和感も覚えつつ番組をつくっている。

    奥山真司氏『某番組のディレクター曰く、自分が所属する某テレビ局の夜の番組はマジでオカシイ』『兎に角、安倍がキライで方針が決まっている』『内部の人が言うからビックリ』→テレ朝の報ステかTBSのNEWS23でしょうね。 pic.twitter.com/kcxfJQEaeR

    — CatNA (@CatNewsAgency) 2017年8月2日

    奥山真司「和田さんもよくご存知の某番組のディレクターに会いまして、その人は本当に某テレビ局はおかしいと言っていました。」

    和田憲治「あぁ、自分が所属しているテレビ局がもう狂ってますと?」

    奥山真司「もう自分で言ってましたね。『本当なのかよ』と思ってたんですけど、内部の人がそういうこと言うから」

    和田憲治「アンチ安倍でね」

    奥山真司「びっくりしましたよ」

    和田憲治「報道の公平性っていうものが全くない。中立性が全くない」

    奥山真司「ないって言ってましたねー。まずとにかく安倍さんが嫌いですっていうことで方針が決まっていて…。『本当かよ!?』と思ってたんですけど実際に本人に言われるとびっくりです」

    和田憲治「でもそうだろうなというのは思ってました」


    本来であればディレクターは番組づくりの全責任を負って自由に番組づくりができるはずなのだが、某テレビ局は局全体で方針が決まっているため、やむを得ず安倍総理バッシングの番組をつくるしかないのだという。これはメディアとして極めておかしい事態であることは言うまでもないだろう。

    ではなぜテレビ局が安倍総理叩きに注力するのか?単純に経営陣がアンチ安倍なのか、それとも背後に利権が絡んでいるのかは不明。ただし、民進党の玉木雄一郎議員が事実上バンキシャ(日本テレビ)を乗っ取っているのがバレたことがあり、これは氷山の一角だと思われる。

    参考:日テレ・バンキシャが玉木雄一郎疑惑を報じずに安倍バッシング→裏の癒着構造が明らかに

    制作にかかわる現場スタッフは局の方針を不審に思いながらも従うしかない。偏向報道の原因は現場にあるのではなく、どうやら経営陣にあるようだ。だとすれば非常に改善が難しい根深い問題であることは間違いない。
    奥山真司の地政学「アメリカ通信」公式動画。1:50から。

    奥山真司氏はどこのテレビ局かは明かさなかったが、ネット上では「テレビ朝日の報道ステーションかTBSのNEWS23ではないか」と言われている。唯一の救いは方針に反発した現場スタッフがこうして情報をリークしてくれること。

    偏向報道が故意にやられていると裏付ける重要な証言となった。

    【【偏向報道】「安倍叩きでテレビ局の方針が決まっている」 ディレクターの情報が流出】の続きを読む

    このページのトップヘ