真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    断罪

    maxresdefault

    この男に防御はない 攻め100%! 北朝鮮と話し合いによる解決を迫る他の野党を断罪! 安倍政権の外交を高く評価! そして自党の主張をするときでも 必ず安倍総理への心配り 男だね!

    14680749_1202578673146348_1828026475952438147_n
    警察のみが責められる報道状況に、違和感を感じる。
    政治問題は、メディアが「指定」するものではない。
    一方的な報道を行いたいものが、ひた隠しにする「現場の動画」を公開する。
    閲覧注意とさせて頂くが、見た上で判断して頂きたい。

    若い警察官が、殴られ、罵倒され、帽子は吹き飛ぶ。
    言葉にすれば簡単だが、革紐で固定された帽子が飛ぶというのは、少々のことではない。
    実際の動画を見れば、どのような状況であるかがわかると思います。
    言葉ではなく動画は、心が折れそうになるレベルであり、政治家としても正視に耐えるものではありません。

    私自身、政治家として「許されぬ発言」というものは、あるべきだとは思う。
    警察の対応・発言を「素晴らしい」とは賞賛できぬ立場だ。

    しかし、物事というのは多角的に見るべきものであり、
    その背景や構図についても「情報を知った上で」判断する必要がある。
    それが民主主義である。

    一方的な情報を垂れ流し、判断を「強いる」「誘導する」ことは民主主義ではない。
    個々人の判断の上に民主主義が成立するのであれば、現場の実際の状況を、是非、その眼でご覧いただきたい。

    国民の声
    私の言葉ではなく、日本国民の声を紹介しよう。
    「現場の風景」を見た女性のコメントだ。
    これも民意であると、政治家として受け止めるし、併せてここに紹介する。

    構図から鑑みるに、左派が活動風景として自らアップしていたものと思料されます。

    同様の動画は、手登根安則氏が2016/09/21公開しています。
    場所は名護警察所とされ、往来妨害罪で逮捕された活動家の釈放を求めての行動です。
    削除対策なども含め、音を乗せたり繰り返しなどの編集を行ったのが以下だと考えます。

    極左暴力集団リーダーによる警察官への暴行

    民主主義を歪めるメディア
    報道はいい加減にせよ。

    最終的な物事の是非は別として、報道は大きく歪んでいる。
    トリミングが甚だしい。





    以下、小坪慎也氏のblogで
     https://samurai20.jp/2016/10/okinawa-12/
      

    このページのトップヘ