http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-3053.htmlから転載

防衛省の一月二十日の発表によれば、昨年四月から十二月までの間、航空自衛隊の戦闘機が行ったスクランブルは、前年同期比三百十六回増の八百八十三回に達し、国別では中国が最多の六百四十四回。前年に比べて二百七十一回、七三%の増加だった。


次いで多かったのがロシアの二百三十一回。ところがこうした仮想敵の国々の次に多かったのが、わずか六回ではあるが台湾なのである。

台湾紙自由時報は、このことが気になったらしい。二十五日の論説欄で「共通の脅威に対して台日の戦略的協力が極めて必要」と題する一文を掲載。

290126


【メディアは日台防衛協力を主張すべきーいつまで敵性中国に配慮し続けるのか】の続きを読む