真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    政策

    6

    日本第一党サイト https://japan-first.net/index.html

    0fd0778c

    全国で「自民党頑張れ!」と大勢の皆様にお集まりいただいています。本当にありがとうございます。自民党の候補者達は国難を突破すべく、最後まで全力で政策を訴えさせていただきます。どうかご支援よろしくお願いいたします。 #おにぎり



    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/20(水) 23:49:31.26 ● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
    PRqrMWR-1

    ■前原誠司・民進党代表(発言録)

     もう、四の五の言いません。選挙になるようです。政策の議論を戦わせなくてはいけないと思いますが、今回の選挙はただ一点。安倍(晋三)さんの好きにこれ以上させていいのか、だと思います。

     憲法に基づいて国会を開けと求め続けたが、開かないで、開くと決めたら冒頭解散。こんなひどい話は聞いたことがない。 やっぱり森友・加計(かけ)問題を追及されるのが嫌なんでしょうね。こういう人を日本のトップとして居続けさせていいのか、という選挙にしたい。
    私は政策も国家像も大事だけれども、根底にあるのは怒りです。(同党衆院議員のパーティーで)https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00000118-asahi-pol


    11: KSM WORLD NEWS 2017/09/20(水) 23:53:31.18
    >>1
    【敵前逃亡】民進、唐突なアベ首相の衆議院解散決定に「森友・加計問題説明逃れの解散だ」と強く批判へ [無断転載禁止]©2chnet
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1505730460/



    【パヨク画報】 パヨク「解散は加計疑惑隠しだ!」 ⇒ 民進党疑惑追及やる気皆無ですたwwww ©2ch.net
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1505915192/

    民進党加計学園疑惑調査チームの
    今昔。


    盛況の第2回5月18日
    https://pbs.twimg.com/media/DKKgDLzV4AAv7CM.jpgno title



    ガラガラの第45回9月20日
    https://pbs.twimg.com/media/DKKgF-cU8AUGVGv.jpgno title

    【【怒~IKARI】 民進・前原氏「政策も国家像も大事だが根底には安倍への怒り」で怒号層圏・総選挙へ】の続きを読む

    n-MOASD-large570

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/29(日)12:28:24 ID:???
    仏大統領 電話会談でトランプ大統領の政策を強く批判

    (略)

    アメリカのトランプ大統領とフランスのオランド大統領は、28日に電話で会談しました。

    フランス大統領府によりますと、オランド大統領は、難民の受け入れといった原則に従うことこそ、
    民主主義を守る闘いだと強調したということで、トランプ大統領が難民の受け入れを一時的に
    停止することなどを命じる大統領令に署名したことを批判しました。


    また「不安定で不確実な世界に直面する中で、自国に引きこもるのは絶望的な対処法だ」として、
    トランプ大統領の保護主義的な政策に対しても強く批判しました。

    さらにオランド大統領は、トランプ大統領に対して、イランの核開発をめぐる去年1月の合意は尊重し、
    完全に履行されるべきであると伝え、イランの核合意を破棄する考えも示唆するトランプ大統領をけん制しました。

    続き NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170129/k10010856741000.html


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 64◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1485556821/66

    【【米仏】仏大統領 電話会談でトランプ大統領の政策を強く批判[H29/1/29]】の続きを読む

    no title

    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/09/07(水) 11:28:32.36 ID:QKjlD0qu0 BE:306759112-BRZ(11000)
    国籍選択制度の見直し

    重国籍容認へ向け国籍選択制度を見直します。

    日本では1984年の国籍法改正により「国籍選択制度」が導入され、
    外国人との結婚や外国での出生によって外国籍を取得した日本人は一定の時点までに日本国籍と外国籍のいずれかを選択することとなりました。
    法改正以後出生した者がその選択の時期を迎えており、就労や生活、父母の介護などのために両国間を往来する機会が多い、
    両親双方の国籍を自らのアイデンティティとして引き継ぎたいなどの事情から、重国籍を容認してほしいとの要望が強く寄せられています。
    こうした要望を踏まえ、国籍選択制度を見直します。



    http://www1.dpj.or.jp/policy/manifesto/seisaku2009/07.html

    【【KSM】民主党、過去に重国籍を容認する政策を打ち出していた】の続きを読む

    このページのトップヘ