真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    政権交代

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/01(日) 13:09:18.49 BE:478973293-2BP(1501)
    20170928-00010000-abema-000-1-view

    【質疑応答】「政権選択選挙になる」小池氏代表『希望の党』は与党を目指す

    ーー目標議席数は設定をしている?政権交代を目指すような意気込み?

    小池氏 これは政権選択選挙になるので、しっかりと候補者については吟味しながら多数立てていきたいと思う。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170925-00010006-houdouk-pol

                ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    希望の党・若狭勝氏、政権交代は難しいとの認識

    「次の次で政権交代なら、今回は小池百合子代表が出なくてもかまわない」

     小池百合子東京都知事率いる希望の党の若狭勝前衆院議員は1日午前のNHK番組で、 10月の衆院選では候補者の擁立規模などの問題から、政権交代は難しいとの認識を示した。

     若狭氏は小池氏の衆院選出馬の可能性について「今回確実に政権交代できる見通しがあるなら、国政に出ることもありえる」と述べた。その上で「調整中の(候補者擁立などの)話を踏まえ、『次の次で確実に交代できる議席数に達する』という思いでいるとすれば、今回の衆院選に小池代表が出なくてもかまわない」と語った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000508-san-pol

    ※関連記事※
    希望 過半数諦めた!?政権選択唱えながら民進選別、塾生不足
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00000013-spnannex-soci


    【希望の党「今回は政権選択選挙だ!」→「次の次で政権交代できれば…」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/24(日) 08:54:54.92 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    b986a56c

    民進党の前原代表は来月の衆議院選挙に向けて、小池東京都知事に近い若狭衆議院議員らが
    立ち上げる新党との連携に前向きな考えを示した。

     民進党・前原代表「(新党は)第2自民党にはならない、第2民進党にはならないということで、 政権交代を目指すということをおっしゃっている。(新党は)同じ方向性を向いている。 今後話をしていきたい」

     前原代表はこのように述べ、来月の衆議院選挙に向けて若狭氏らが来週立ち上げる新党との
    連携に前向きな考えを示した。

     また、共産党との連携については、「小選挙区なので与党と野党が1対1に持ち込むことが大事だ」と述べ、理念と政策を見極めたうえで、候補者の一本化を模索する考えを改めて示した。

     一方、共産党の志位委員長も東京都内で、「接戦区を中心に与野党一対一の対決構図がつくられるような選挙区を広げていきたい」と述べていて、今後、野党の選挙協力が加速しそうだ。
    http://www.news24.jp/articles/2017/09/23/04373396.html

    【前原代表「新党と連携したい。共産とも連携したい。とにかく政権交代!」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/16(水) 16:44:07.53 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    K10011101601_1708161530_1708161530_01_02

    民進党の代表選挙への立候補を表明している前原元外務大臣は、16日、国会近くに 選挙対策本部を設け「もう一度、国民に新たな選択肢を作り、遠心力を求心力に変えていく 先頭に立たせてもらいたい」と述べ、支持拡大に向けて協力を求めました。

    民進党代表選挙への立候補を表明している前原元外務大臣は、16日、国会近くに 選挙対策本部を設けて初会合を開き、高木元文部科学大臣や松野元官房副長官らが率いる 党内6つの議員グループなどから国会議員およそ35人が出席しました。

    この中で、前原氏は「安倍政権を倒す気持ちさえあれば、必ず党をまとめて政権交代ができる。 もう一度、国民に新たな選択肢を作り、遠心力を求心力に変えていく先頭に立たせてもらいたい」 と述べ、支持拡大に向けて協力を求めました。

    これに先立ち、ことし4月に党から除籍処分を受けた長島衆議院議員が率いていた 議員グループは、国会内で会合を開き、野党連携の在り方などで考え方が近いとして、 前原氏を支持する方針を確認しました。

    一方、代表選挙への立候補を表明している枝野元官房長官は、17日に選挙対策本部を 発足させ、国会議員などへの働きかけを本格化させることにしています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170816/k10011101601000.html

    【前原氏「安倍政権を必ず倒す気持ちさえあれば党がまとまり政権交代できる」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/07(月) 20:15:26.36 _USER9
    plt1608260016-p4
    2017年08月07日19時57分:時事通信社

     民進党の前原誠司元外相(55)は7日午後、衆院議員会館で記者会見し、蓮舫氏の後任を決める代表選(21日告示、9月1日投開票)への立候補を正式に表明した。
    野党共闘の在り方については、「(野党間の)信頼感は保ちながらも、新たな体制の中で、是非を含めて見直していきたい」と述べ、執行部が進めてきた共産党などとの共闘路線の転換もあり得るとの認識を示した。

     前原氏は「自民、公明両党に代わる受け皿をつくらなければいけない。次の衆院選で政権交代を目指す」と強調。共産党との連携に関しては「政策、理念が一致しない政党と協力したり、連立を組んだりすることは野合でしかない」と述べ、慎重な姿勢を改めて示した。

     小池百合子東京都知事との連携については「われわれの理念、政策に共鳴していただける党であれば、あらゆる党と協力していく」と含みを持たせた。また、離党を表明した細野豪志前代表代行とは「また協力できるという期待を持っている」と述べた。

    https://www.jiji.com/jc/amp?k=2017080700938

    【【民進代表選】前原氏が出馬会見 自民、公明両党に代わる受け皿をつくらなければいけない 「次の衆院選で政権交代を目指す」】の続きを読む


    (台北 21日 中央社)20日の民主進歩党(民進党)・蔡英文政権発足に伴い、教育部長(教育相)に就任した潘文忠氏は21日、中国国民党・馬英九政権時代に同部が改訂した「課程綱要」(課綱、日本の学習指導要領に相当)を廃止する行政命令を近日中に出すと発表した。 

    p1
     

    このページのトップヘ