真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    政党

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/21(月) 18:40:42.61 _USER9
    kLocU_Tb

    民進党支持層で、枝野氏と前原氏への支持が拮抗(きっこう)している。
    FNNが20日までの2日間行った世論調査で、21日に告示された民進党の代表選挙に関し、立候補を届け出た前原元外相と、枝野元官房長官のどちらが新しい代表に相応しいかを尋ねたところ、「前原氏」と答えた人が4割(40.4%)、 「枝野氏」と答えた人は3割台後半(37.8%)で、ほぼ拮抗した。

    民進党支持層でも、両者は4割台半ばで拮抗している(前原氏46.4%、枝野氏43.5%)。 民進党が将来、政権交代可能な政党になると思うかを尋ねたところ、8割の人が「思わない」と答えた(「思う」14.8%、「思わない」80.7%)。

    共産党との共闘関係について尋ねたところ、民進党にとって「プラスになる」と答えた人の割合は3割で(30.7%)、 「マイナスになる」は6割近くにのぼった(59.1%)。

    民進党支持層では、意見が割れていて、「マイナスになる」が、 「プラスになる」をわずかに上回る程度となっている(「プラスになる」42.0%、「マイナスになる」47.8%)。

    ソース FNN
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00367850.html

    【【世論調査】民進党は将来、政権交代可能な政党になると思うか? 「思わない」80% FNN調査 】の続きを読む

    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12201520055.html から転載

    自分の国を愛して何が悪いの?自国民を優先して何が悪いの?
    ......「移民はお断り」の政党が首都ベルリンでもまた大幅に勢力拡大!

    ......なでしこりんです
    。世界にはさまざまな選挙制度があります。中国や北朝鮮のように国民一人一人に自由な参政権が与えられていない国も存在します。それは共産党が支配する国家です。では、なぜそんなことが許されているのでしょうか? 

    .........................1

    ......答えは簡単。自由な選挙を行なえば、共産党政権が多数派になれないからです。日本共産党の志位和夫が16年間も委員長をやってられるのは、日本共産党員にさえ自由な選挙権が与えられていないからです。日本共産党には政党を名乗る資格はありません。

    .......................2
    ....................   日本共産党は民主主義政党ではない! 

    ......ドイツ の選挙制度を見る時には「5%条項」という言葉に注意が必要です。これは何もドイツに限った制度ではないのですが、「4・9%以下の得票率の政党には議席を与えない」という制度であり、少数政党の乱立を防ぐためのやむを得ない制度です。日本だと、自民、民進、公明、維新、共産までしか議席は与えられません。少数政党には厳しい制度ですが、「だったら5%以上の民意を獲得しなさい」という制度でもあります。

    ..............................3
    ..........................         ..AfDの党首はフラウケ・ペトリー 女史

    ......ドイツ でまた「ドイツのための選択肢(AfD)」が勝ちました。しかも、ドイツの首都であるベルリンでの勝利ですので、AfDの勢力拡張が一地域や一過性のものではなく、ドイツ全土に広まっていることを世界に示しました。

    ......「Berlin  state election, 2016」による「ドイツのための選択肢(AfD)」の獲得支持率は14・2%で25議席獲得。「な~んだ、14%で25議席か?」と思うかもませんが、前回の選挙でのAfDの獲得議席は「ゼロ」。AfDは前回の選挙時は政党自体が存在していませんから、 0→25議席」ということです。  

    ...............................4

    ......ベルリン はもともとは東ドイツの首都。歴史好きの方ならご存知でしょうが、ベルリンは東ドイツの中にある「飛び地」でした。いわゆる「ベルリンの壁」に覆われた狭い場所にアメリカ・イギリス・フランスに共同管理された「西ベルリン」があったわけです。ですから現在のベルリンもまたソ連や東ドイツを信奉する左翼共産主義者が多いのが特徴。実際ここでの有力政党は「社会民主党」であり、「左翼党」なんです。そんな場所でも「ドイツのための選択肢(AfD)」が大躍進したんです。

    ................................5
    ...............................朝日新聞は「湖山忠志」としか報道せず! 

    ......昨日も 書きましたが、「異民族共生ことが犯罪の原因」という見方が世界で共有されつつあります。日本では在日韓国朝鮮人犯罪が「通名報道」というやり方で隠蔽され続けています。ドイツでも「イスラム犯罪」が手を変え品を変えて隠蔽されています。そりゃ、左翼にとっては異邦人犯罪が増えれば「革命」の機運が高まるのですから大歓迎でしょう。

    ................................6


    ......今回、州と同格のベルリン特別市でのAfDの勝利は、「私たちは普通に暮らしたい。異邦人は出ていって」というドイツ人の魂の叫びなんでしょうね。留学や一時的な就労ならともかく、異邦人が他国に住み着き、他国の文化を侵害し、他国民を傷つけるなら、「Go home!」と言われるのは当然です。

    ............7


    ......誰かさん が「ドイツに学べ!」と言ってました。そう、私たち日本人は、ドイツの勇気ある変革に学びましょう。日本を愛してなぜ悪い?日本人を傷つけ、日本を侮辱する連中には「あんたの国に帰れ!」と言ってもいいんじゃないですか? 日本を嫌う連中に、いやいや日本に住んでもらう必要などありません。特に密入国者とその末裔には。 By なでしこりん 

    0907-1

    1: KSM WORLD NEWS 2016/09/18(日) 10:15:31.82 _USER9
    蓮舫氏を批判 「誤った見解で台湾傷つけた」=台湾・民進党議員
    【政治】 2016/09/16 14:25

    (台北 16日 中央社)日本の民進党の新代表に蓮舫氏が選出されたことを受け、台湾の与党・民主進歩党の管碧玲立法委員(国会議員)は15日、祝意を示す一方、日本の民進党はもともと中国大陸寄りの政党であるため、静観する必要があると警戒。また、台湾人は蓮舫氏が好きだが、台湾の国際的地位に関して言うべきことは言わなければならないと語った。

    管氏は、「蓮舫氏は以前、中華民国は中華人民共和国に引き継がれたため、自分の国籍は(日本籍の取得に伴い)自動的に喪失していると述べた」と指摘した上で、この見方は間違っており、「台湾をひどく傷つけた」と非難した。さらに、蓮舫氏の主張は中国大陸側の論調であって、日本政府すらそのような立場はとっていないと強調。考えを改めるよう求めた。

    蓮舫氏は党代表選で、日本と中華民国(台湾)の二重国籍疑惑が持ち上がり、メディアに対して日本が中華民国と断交した1972年以降、自身の国籍は形式上「中国」になっていると説明。中国(「中華人民共和国」)の法律が適用された場合、日本籍を取得した時点で「中国」の国籍を自動的に喪失しているため、二重国籍には当たらないと主張していた。

    一方、日本メディアによると、日本の法務省は15日、「国籍事務において、台湾出身者の人に中国の法律を適用していない」との見解を示している。

    台湾の民進党は同日、「台湾と関係の深い蓮舫氏が両党の交流を深化させ、台日の関係を強化することを期待する」と述べ、当選に祝意を表明した。

    (王承中/編集:杉野浩司)

    http://japan.cna.com.tw/news/afav/201609160004.aspx

    【【KSM】台湾与党議員「蓮舫氏は台湾を酷く傷つけた」「日本の民進党は元々中国寄りの政党」】の続きを読む

    このページのトップヘ