真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    拉致被害

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/12(火) 11:36:03.55 _USER9
    koizumi-rati

    国連安保理 北朝鮮人権問題を協議 拉致被害に言及増加
    毎日新聞 2017年12月12日 11時14分(最終更新 12月12日 11時14分)
    https://mainichi.jp/articles/20171212/k00/00e/030/205000c

     【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は11日、北朝鮮の人権状況に関する公式会合を開いた。北朝鮮が人権を犠牲にして核・ミサイル開発を優先させている状況を批判する意見が相次いだ。

     会合は2014年に初開催され、4回目。今回は、北朝鮮による日本人拉致問題に言及する理事国が例年より増えた。

     安保理議長国の日本の別所浩郎国連大使は、北朝鮮の人権状況は改善の兆しが見えないと指摘し 「拉致被害者の家族の中には他界し、愛する家族と会えなかった人もいる。一刻の猶予もない」と訴えた。

     英国のライクロフト国連大使は、17人の日本人の拉致や、拘束された米国人大学生の死亡、 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏の暗殺などを人権侵害の例に挙げ、 安保理が一致して北朝鮮に人権状況の改善を要求すべきだと訴えた。 スウェーデンや米国も拉致を批判した。

     米国のヘイリー国連大使は「北朝鮮というブラックボックスの中で何が起きているかを我々は世界に語らねばならない」と訴えた。

     一方、北朝鮮の国連代表部は11日、声明を発表し「米国や安保理の敵対勢力が、存在しない人権問題を取り上げている」と非難した。

     会合は、15理事国のうち日米ら10カ国が人権状況を安保理で討議することに賛成したが、中国、ロシア、ボリビアが反対。エチオピアとエジプトが棄権した。 ロシアと中国はこれまでと同様、「安保理は国際的な安全保障問題をとりあげる組織だ」などと主張し、人権状況を討議することに反対した。

    【【国連安保理】北朝鮮人権問題を協議 拉致被害に言及する理事国が例年より増加 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/24(日) 14:15:04.37 0


    24日に放送されたTBS系列「サンデーモーニング」において、谷口真由美(大阪国際大学准教授)が、トランプ大統領が国連演説で拉致被害者の横田めぐみさんに言及したことを痛烈に批判した。

    谷口真由美氏は北朝鮮の情勢についてコメントした際に「拉致被害者の方の話って、分かってる話じゃないですか。」「この局面で出すなよ!」と言葉を荒げた。

    ※動画

    https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/911734442103791621


    トランプ大統領の演説に関して、拉致被害者家族の横田早紀江さんは「感動した。解決への大きなチャンス」と評価している。谷口真由美氏の発言はそういった拉致被害者家族の気持ちを踏みにじるものである。

    ■関口宏も唖然とする発言書き起こし

    谷口真由美氏の発言内容は、拉致被害者の問題を毎年言わなければならないとしながらも、言葉が極めて乱暴で「こんなところで」「わかってる話」「政治利用」と、金正恩側に立ったような口ぶりであった。

    発言の書き起こし

    「それでいうと、拉致被害者の方の話をトランプさんが出したりだとか、それから安倍さんも出したんですけど、拉致被害者の方の話っていうのはそういう局面じゃなくても毎年言わなければいけない話だと思うんですよ。だから、こんなところで政治利用じゃなくて、もう分ってる話じゃないですかっていうのは、すごく気になりますね。この局面で出すなよ!っていう気もしました。」

    さすがの関口宏でさえ、この発言し対しては「ああ、そうですか・・・」と困惑した様子であった。

    谷口真由美氏と言えば、過去にも同番組で北朝鮮とアメリカの緊張状態について「在日朝鮮人の人とか在日韓国人の人に対する差別とか偏見が増長、そういう人たちに対する襲撃が起こらないようにする」と、日本人が有事の際に在日朝鮮人を襲撃するかのような発言を行っている。

    参考:谷口真由美「日本人が在日韓国人を襲撃する」TBSサンモニ発言の全文書き起こしhttp://ksl-live.com/blog8497

    谷口真由美氏の今回の発言は、北朝鮮が核兵器でアメリカと同盟国を恫喝していることに対し、拉致被害者の問題を棚上げにして交渉に応じろという趣旨に聞こえる。

    核の脅威を背景にする北朝鮮とアメリカが交渉することが先決で「拉致被害者はその後の話だ」という考えには全く賛同できない。サンデーモーニングは巨大企業のスポンサーをバックに開き直っている状態であり、このような発言に対して局も番組側も一切の責任を取ろうとしない。

    TBSが改善をする気がないなら、視聴者は資金を提供しているスポンサーの責任まで問わなければならないだろう。


    2017.09.24
    http://ksl-live.com/blog11201
    【【悲報】TBSサンデーモーニングで親朝鮮女コメンテーター「北朝鮮による拉致被害を国連でいうな」と大放言 】の続きを読む

    このページのトップヘ