真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    批判

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/14(火)09:50:11 ID:???


     弁護士の八代英輝氏が2017年11月13日放送の情報番組「ひるおび!」(TBS系)で、山尾志桜里・衆院議員の主張を詳しく紹介したことについて「気持ち悪くて」と嫌悪感を示した。

     山尾氏をめぐっては、不倫疑惑報道の相手・倉持麟太郎弁護士を政策顧問に起用するとしたことに続き、12日には地元・愛知7区の東郷町後援会長である野々山利博氏(78)が辞任を表明したと報道。連日メディアで取り上げられている。

    ■「長々と主張を紹介したことが気持ち悪くて」

     野々山氏は高齢などを理由に以前から辞任を検討していたとされる。ただ、山尾氏が倉持氏を政策顧問に起用するのが明らかになってから1週間以内での辞任表明となったうえ、13日付のスポーツニッポンによると、野々山氏は倉持氏起用に消極的だった。そのためツイッターでは、山尾氏への「信用は失墜」したのだろうとの見方が広がっている。

     「ひるおび!」では野々山氏辞任についてのこうした情報を取り上げた。そこで神奈川新聞が7日に報じた山尾氏のインタビュー記事も振り返り、10月の衆院選に関して「葛藤があった。『公私にラインを引く』というスタイルが、どこまで社会的に認められるのか」といった山尾氏の主張が紹介された。

     この後に意見を求められた八代氏は「私は、今の長々と山尾さんの主張を紹介したことが気持ち悪くて。こんなに丁寧に紹介しなくてもいいんじゃないかなとちょっと思いました」



    とやや苦笑いしつつ発言。続いて真剣な表情で「『公私のライン』を引かせていただくというのは、だったら政治家は辞められたほうがいいんじゃないかなと思うんです。政治家はプライベートを含め、全人格、投票のための情報は知る権利の対象になります。『プライベートに関してはお答えできません、見せません』というのであれば、政治家は務まらないのではないかと思います」とバッサリ切り捨てた。

    (以下略)

    Yahoo!ニュース/11/13(月) 20:16配信 J-CASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000018-jct-soci&p=1

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 77◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509427909/

    【【話題】山尾議員に「だったら政治家は辞めた方が」 「公私のライン」論を八代弁護士が批判 [H29/11/14]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/28(土)12:01:58 ID:???
    wst1502110035-p1

     産経新聞によると、自民党の萩生田光一幹事長代行は自身のブログで、「小池代表に責任転嫁する姿は卑しいとしか言いようがない」と、希望の党で出馬した民進党出身者たちが選挙後、小池都知事をバッシングしていることを批判したという。

     はぎうだ光一の永田町見聞録によると、萩生田光一幹事長代行は、「他党の事でコメントはすべきではないかもしれませんが、」と前置きした上で、

    「希望の党では小池代表の責任論で大騒ぎが続いています。確かに排除発言などの物言いが党の勢いを削ぐ一面もあったかもしれませんが、私たち10年以上一緒に仕事をした都連の仲間は、小池さんの一連の振る舞いに誰も驚いていません。

    それよりも、小池人気にあやかって政策も手のひら返しで駆け込んだ人たちが小池代表に責任転嫁する姿は卑しいとしか言いようがありません。

    選挙は勝てば皆様のお陰、負ければ全て自己責任です。その志や覚悟が無い者が風頼みで政策を変え、選挙区を替わって政治家になる事が日本の政治を劣化させていると思います。」
     と述べた。(全文は「■はぎうだ光一の永田町見聞録」で。)

     萩生田は、都知事には都政にまい進していただくことを望むと締めくくっている。

     詳細と続きは産経新聞と、「■はぎうだ光一の永田町見聞録」で。


    >小池百合子代表に責任転嫁の民進出身者らを「卑しいとしか言いようがない」とブログで批判、自民・萩生田光一幹事長代行
    2017.10.27 23:49 産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/171027/plt1710270041-n1.html

    >■はぎうだ光一の永田町見聞録 http://blog.livedoor.jp/hagiuda1/
    >■決意も新たに 2017年10月27日
    http://blog.livedoor.jp/hagiuda1/archives/52267740.html

    【【政治】小池百合子代表に責任転嫁の民進出身者らを「卑しいとしか言いようがない」とブログで批判、自民・萩生田光一幹事長代行 [H29/10/27]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/12(木) 21:12:34.70 ● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
    5facc9ec-s

    民進党の蓮舫前代表(49)は衆院選公示日の10日以降、「希望の党」「立憲民主党」「無所属」の三つ股をかけての応援行脚をしている。 12日夜は、東京足立区の東武伊勢崎線西新井駅前で、東京13区から立憲民主党の公認候補として出馬した新人の北條智彦氏(34)を応援。「 私が最も一緒にやりたいと思っている若い力!」と絶賛し、約300人の聴衆に支持を呼び掛けた。

     蓮舫氏は「私は今も民進党の国会議員です。今まで私たちが訴えてきた声、掲げてきた思い、ぶれずにこの選挙で応援したいから志を共にする仲間だけを応援する選挙にさせて頂きたい」と自らのスタンスを説明した。

     約15分間の演説の大半は、安倍政権批判に割き、その矛先は森友学園問題に関与した安倍昭恵夫人(55)にも向けられた。「公示日、安倍昭恵さんが総理の代わりにマイクを持って訴えました。『主人にこの国の大きな仕事をさせてもらいたい』と。自分の旦那を支持してもらいたいというのであれば、まず自分が間違えてないと説明することこそが総理夫人の仕事ではないでしょうか!」と訴えた。また安倍首相が「妻はだまされた」 と釈明したことに触れて「だまされたのは国民だと私は言いたい!」と声を張り上げ、聴衆から喝采を浴びた。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00000175-sph-soci

    5: KSM WORLD NEWS 2017/10/12(木) 21:14:51.00
    おい蓮舫
    てめえは衆議院に鞍替えして民意を問うんじゃなかったか?
    二重国籍の糞虫が

    28: KSM WORLD NEWS 2017/10/12(木) 21:20:23.33
    おめーの国籍に騙されたよ(ヽ´ω`)

    【【蓮舫】蓮舫氏「希望の党、立憲民主党、無所属」三つ股で応援行脚、演説時間は全て「安倍政権」批判へ 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/15(日) 12:56:09.26 _USER9
    c5ffa828


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171014-00000090-jij-pol


     衆院選(22日投開票)の論戦に最近の株高傾向が影響を与えている。与党は経済政策「アベノミクス」の成果だと訴え、消費税増税と増収分の使途変更を正当化したい考え。これに対し、野党側は「好景気の実感はない」として、消費税増税の凍結を前面に掲げる。希望の党は公約した大企業の内部留保課税をトーンダウンさせるなど、政策の「生煮え」を露呈させた。

     安倍晋三首相(自民党総裁)は14日、香川県坂出市で街頭演説し、「株価も上がり、きのうは21年ぶりの高値になった。年金は株式市場で運用しているから、皆さんの年金財政はしっかりとしたものになっている」と強調。アベノミクスを一層加速させる考えを示した。

     首相はまた、子育て世代への支援を強化する「全世代型社会保障」を目指すと改めて主張。2019年10月に消費税率を10%に引き上げて財源を確保することが前提の公約だが、増税の是非が論争の的になるのを避けたいためか、この日は増税に言及しなかった。

     一方、公明党の山口那津男代表は福島市で演説し、消費税増税時に軽減税率導入を実現するとアピール。増税に反対する野党を「少子高齢化社会の将来に責任を持たない政党だ」と非難した。

     希望の党の小池百合子代表は神戸市での街頭演説で、アベノミクスについて「これだけやっているのに(成果が)まだまだ不十分」と批判。規制改革や情報公開を徹底し、「無駄遣い削減」で財源を捻出する考えを示した。

     希望は公約で、消費税増税を凍結する代わりに、大企業の内部留保への課税を検討すると明記した。しかし、経済界から「法人税との二重課税になる」と激しい反発を受けると、小池氏は一部メディアのインタビューで「課税にこだわらない」と事実上修正。公約が十分に練られていなかったことが浮き彫りとなった。

     共産党の志位和夫委員長は東京都内の演説で、安倍政権が進めた法人税減税を批判し、「これにメスを入れると財源はきっとある。その財源で教育や子育て、若者に予算を付ける」と主張した。

     立憲民主党の枝野幸男代表は都内で「豊かな者をさらに豊かにしても格差が拡大するだけ」とアベノミクスを問題視。最低賃金引き上げなどによる「分厚い中間層の再生」を唱えた。
     日本維新の会は、国会議員の定数・報酬削減などで財源をつくり、消費税増税に頼らない教育無償化を訴えている。

    2017/10/15(日) 08:12:43.08
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1508031310/

    17: KSM WORLD NEWS 2017/10/15(日) 13:01:16.95
    わかっていて貧乏人を騙すのは自民より悪質。

    【【共産党】志位和夫、安倍政権が進めた法人税減税を批判し、「これにメスを入れると財源はきっとある」と主張】の続きを読む

    f12ed994-s

    1 :モチモチの木φ ★:2017/10/08(日) 14:02:18.40 ID:???
    ■【衆院選】立憲民主は「一見民主だ」 公明・山口那津男代表が皮肉、野党批判炸裂

    公明党の山口那津男代表が7日、群馬県のJR高崎駅前で街頭演説を行い、
    希望の党を巡る野党の急激な再編ぶりを皮肉り、「立憲民主党は一見民主党だ」などと語った。
    衆院選比例北関東ブロックから出馬予定の輿水恵一前衆院議員の応援に駆けつけ、消
    費税使途変更への理解を求め、少子高齢化対策や子育て支援拡充などの政策も訴えた。

    「野党の皆さんは混乱、瞑想続きだ」。山口代表は解散以降、急速に加速した野党再編劇を批判。
    希望の党の出現で、またたくまに合流意向を示した民進党について
    「代表選をやったばかり。(前原誠司代表となり)一致結束し共産党とも手を組み、
    自公政権と戦っていこうと言っていたのに。合流しようと皆で決めてしまった。どういう政党なのか」と批判した。

    その上で「政権が取れそうにもないから、希望の党に名前を変えて(選挙に)出ようって言ったって、
    (政権を)変えられない政党が名前を変えても、変えられるはずがない」。


    希望の党が民進党出身者すべてを受け入れるつもりが「さらさらない」(小池百合子東京都知事)とし、
    受け皿として枝野幸男氏が立ち上げた立憲民主党についても、「排除されそうな人たちが行き場がなくなって、やむを得ず作った。よく見ると、民進党のまんま。一見、民主党。それが立憲民主党です」と皮肉混じりに語り、聴衆の笑いを誘った。

    その上で「(各党の)政策をきちんと見極めてほしい」とし、少子高齢化への対処策や子育て支援充実などを訴えた。幼児教育無償化や私立高の授業料実質無償化、低年金の高齢者に支援給付金をプラスすることなどの具体例を挙げ、「年金世代や子育て世代を応援するため、消費税を10%に引き上げ、使い道を変更したい」と理解を求めた。


    ソース:http://www.sankei.com/politics/news/171007/plt1710070099-n1.html

    このページのトップヘ