真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    戦争

    1: KSM WORLD NEWS 2018/01/09(火)13:59:37 ID:???


    対馬では韓国人客激増、韓国資本による不動産買収が進む
     今、「外国人による土地買収」という“日本領土侵食”が大規模に進行している。その主役は中国と韓国だ。外国人の土地買収自体は合法だが、自衛隊施設や在日米軍基地に隣接する土地が買収されるケースも多い。

     この問題に詳しい産経新聞編集委員の宮本雅史氏は、「世界の多くの国では、外国人による土地所有を基本的に『不可』とするほか、認める場合も地区を限定するなど厳しく制限している。それなのに、日本は野放し状態で、一度買われた土地を買い戻すのは困難だ」と警鐘を鳴らす。

     以下に示す通り、過疎や少子高齢化で人口減少が著しい地方や離島ほど、狙われやすい傾向がある。外国人による土地買収は、「武器を持たない戦争」なのである。

    【北海道】 
    中国をはじめとする外国資本による広大な森林、農地、ゴルフ場などの不動産買収が進み、その規模は森林だけで東京ドーム515個分の2411haに及ぶ(北海道庁調べ)。このままでは北海道全域が「虫食い状態」になる恐れがある。

    土地買収と中国語教育が進行中
     中国系企業が進出する釧路・白糠工業団地では中国と関係があるとされる日本企業が発電施設建設の名目で1.3haの土地を買収。白糠町の小中高では中国語・文化の教育が盛ん。

    ■中国企業の「撮影所」計画
     札幌市・宮の森で高級マンションを手がける中国系不動産会社の親会社「海潤メディアグループ」が、同市内に大規模な撮影所建設を計画中。

    大学が“中国化”する?
     中国との深い関係が指摘される学校法人「京都育英館」が、苫小牧駒澤大学の経営権や15haにも及ぶ敷地などの取得を進めている。

    【新潟・佐渡】 
     中国総領事館の移転問題で揺れた新潟市。
    佐渡島では留学生や観光客の受け入れ、農業の連携先などとして中国との関係強化が図られており、経済的に疲弊する国境の離島に中国の影がちらつく。

    「治外法権」恒久化の恐れ
     在新潟中国総領事館が移転用地として2012年に取得に動いた新潟市内の土地は約1万5000平方メートル。2017年末現在、移転は行われず土地は野ざらしのままだ。

    (以下略)

    Yahoo!ニュース/1/9(火) 7:00配信 NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00000005-pseven-int

    関連記事
    【twitter】中国人移民が「中国人村」を創り【中国の領土に】中国企業が北海道の土地を100ha単位で、大規模の土地買収。[H30/1/元旦]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514781982/

    【常設型住民投票条例】 北海道に「500万人の中国人」が押し寄せる未来 | 中国の北海道「乗っ取り作戦」全貌 ~その6~ [H29/10/8]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1507466793/

    【【国防】 中韓の「日本買収」が止まらない これは武器を持たない戦争 [H30/1/9]】の続きを読む

    aoyama YT

    青山繁晴「朝日新聞とNHKが一番憲法改正に反対。なぜなら戦争は朝日とNHKが遂行してたのに自分達は良心的にやってたのに日本に騙されたと主張してる。だから反日です。だから日本が頭を上げるような憲法改正に反対してる」 NHKも朝日も一度潰して出直した方がいいと思う

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/09(土)13:23:56 ID:???
    jieitaikaiken-2-600x338

    jieitaikaiken-3-600x338

    北朝鮮と日米の間で緊張が高まる中、お笑いタレントの小藪千豊が日本の平和維持にかかわる非常に重要な指摘を行った。憲法9条を大事にする改憲反対派って矛盾してない?

    小藪千豊「2つの意見がありました。自衛隊を軍隊にすべきという人もいれば、いやいや憲法9条があるから今まで戦争がなかったという意見もあった。

    で、今も憲法9条がある。戦争ないのかなと思ったら今年の4月に『戦争なるかも!』って。
    憲法9条あるのに戦争なるかもってみんな言ってる。どっち?って思いました。ってことは憲法9条あっても戦争は起こり得うる。


    世界を見れば軍隊をもっているけど戦争していない国っていっぱいあると思う。でもそうじゃないって意見ももちろんあるからね…」 


    小藪千豊の指摘はもっともだろう。北朝鮮が次から次へとミサイルを飛ばしてきて、さらには不審船も多数目撃されるようになっている。

    乗組員の姿が見当たらないケースも多く、ウイルステロの恐れも否定しきれない。金正恩は日本が何も反撃できないことを知った上でこのような攻撃を続けているのだ。皮肉にも平和を守るためにつくられた憲法9条が平和を脅かすことになった。 

    現状では安倍総理は憲法9条を改正して自衛隊の存在を明記したいと発言している。

    これまで軍隊ではないとされてきた自衛隊が憲法に明記されれば歴史的に大きな変革が起きることになる。(中略)

    ルールとは本来、周囲の状況変化にあわせて柔軟に変えていく必要があるもの。異常なまでに憲法9条にこだわる集団はここで潔く考えを改めたほうがいい。ミサイル発射や不審船の漂着で日本の平和が脅かされる中、憲法9条は有効に機能していない。


    ソース=http://netgeek.biz/archives/107984

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 78◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511668430/

    【【netgeek】小藪「『憲法9条があるから戦争は起きない』って言ってた人が『北朝鮮と戦争になるかも』って言い始めた。おかしい」[H29/12/9]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/30(水) 18:02:02.52 _USER9


    iso

    https://mobile.twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/902367442516697088
    望月衣塑子
    @ISOKO_MOCHIZUKI
    #北朝鮮 の #ミサイル が北海道の一部上空を通過し1200km 離れた太平洋に落下。北朝鮮の狙いは、戦争することではなく、軍備強化を背景に、国際的な発言力を持ち、米国と台頭に話し交渉できる位置に立つ事。日本政府にはミサイル発射に煽られるのではなく、より冷静な対応が求められている twitter.com/nd6uxsnchdgwd6…

    しわすみ
    @s_w_s_m
    軍事恫喝・核恫喝を背景にした外交交渉を行おうとする国が存在することそれ自体が危険とみなすべきなのではないだろうか? twitter.com/ISOKO_MOCHIZUK…

    41: KSM WORLD NEWS 2017/08/30(水) 18:28:54.60
    2728

    望月衣塑子って、平和委員会や日本科学者会議
    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10211275534418010&set=pb.1049129702.-2207520000.1504084914.&type=3&theater
    自由法曹団
    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10211262952543471&set=pb.1049129702.-2207520000.1504084914.&type=3&theater
    といった共産党系組織の会合にゲストとして出ている写真を
    平気でFacebookにアップする人だから、共産党シンパか
    共産党員なのだろうね。
    普通の新聞記者なら、共産党との関係が疑われる写真を
    自分からアップしたりしない。

    もう、しょうがないね。共産党だから。頭逝ってるよ。

    【東京新聞、望月衣塑子が北朝鮮の工作員であることをうっかりツイッターで暴露。北朝鮮の主張を代弁】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/15(火) 12:09:18.53 _USER
    アジアなどの諸国民と日本国民の莫大(ばくだい)な犠牲の上に、日本が1945年8月にアジア・太平洋戦争に敗北してから72年を迎えました。

    戦後日本は「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにする」(憲法前文)ことを決意したにもかかわらず、歴代政府の中でも、とりわけ安倍晋三政権はその反省を欠落させ、秘密保護法や安保法制=「戦争法」の強行、「共謀罪」法の制定など、戦争への道をひた走っています。

    再び「戦争する国」を許さず、世界と日本の平和に貢献することこそ、戦争への反省と教訓を生かす道です。

    ポツダム宣言認めぬ首相

    1931年の当時「満州」と呼ばれた中国東北部への謀略的な侵略(「満州事変」)に始まり、37年の「盧溝橋事件」をきっかけにした中国全土への侵略の拡大、

    さらにその中国での権益の確保とアジア・太平洋地域での新たな領土と資源を求めて始めた41年の東南アジアやハワイへの攻撃など、15年にわたる戦争は、亡くなった人だけでもアジア・太平洋諸国で2000万人以上、日本で310万人以上に上ります。

    領土を奪い、権益をむさぼった日本の違法・不当な行為は、当時も国際社会から厳しく批判され、敗戦に際して日本が受け入れた「ポツダム宣言」は、軍隊の武装解除や戦争犯罪人の処罰などを求めたのです。

    日本は陸海軍の解散、戦争犯罪人を裁く「東京裁判」の開始とその結果を認め、47年には新たに憲法を施行して再び戦争への道を進まないことを内外に約束しました。

    戦後のほとんどの政権を担当した保守政党や自民党も、「ポツダム宣言」や「東京裁判」、憲法の基本原則などを受け入れてきました。それをあからさまに転換しようとしているのが安倍政権です。

    安倍氏は首相に就任する前から、「東京裁判」を「勝者の裁き」などと非難し、憲法は占領軍によって押しつけられたなどと主張する異様な思想の持ち主です。

    その安倍氏が首相就任後、日本が敗戦の際受け入れた「ポツダム宣言」を「つまびらかに読んでいない」から論評できないと事実上否定したのが、「戦争法」審議中の2015年5月です(日本共産党の志位和夫委員長の追及)。国際社会に日本の降伏を否認してみせたのも同然です。

    安倍首相がそうした考えで侵略戦争や植民地支配を肯定しようとしたのが、同年8月の戦後70年にあたっての「談話」でした。

    内外の批判によって過去の談話などを引用しはしましたが、「談話」自体は日本が間違った戦争を行ったという歴史認識は示さず、自らの言葉では「反省」も「おわび」も口にしないものでした。首相はその後も、終戦記念日の談話などで同じ態度をとり続けています。

    「戦争への道」絶対許さぬ

    日本の戦争の誤りを直視しない安倍政権が繰り返してきたのが、秘密保護法の制定(13年)、「戦争法」強行(15年)とその具体化、「共謀罪」法制定(17年)など戦時体制を整える数々の策動です。ついには憲法に自衛隊を書き込み、平和原則を空洞化させる「明文改憲」の企てさえ言いだしています。

    過去の戦争の誤りを反省しない政治は危険です。一切の戦争への道を拒否するとともに、安倍政権の一日も早い退陣の実現こそが必要です。

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-08-15/2017081501_05_1.html


    72周年の終戦記念日にあたって 日本共産党書記局長 小池 晃

    日本共産党の小池晃書記局長は、15日の終戦記念日72周年を迎えるにあたり、次の談話を発表しました。

    一、72回目の終戦記念日にあたり、日本共産党は、日本軍国主義がおしすすめた侵略戦争と植民地支配の犠牲となった内外の人々に、深い哀悼の意を表明します。

    いま、日本の政治は、戦争か平和かの歴史的な岐路にたっています。

    戦争の惨禍と反省を踏まえて日本国民が得た世界に誇る宝――憲法9条を守り抜き、憲法を生かした平和な日本を築くために、思想・信条の違い、政治的立場の違いをこえて、平和を願うすべてのみなさんが力をあわせることを心から呼びかけます。

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-08-15/2017081501_04_1.html




    【【赤旗】戦争を反省しない政治の危険 日本軍国主義がおしすすめた侵略戦争と植民地支配[8/15]】の続きを読む

    このページのトップヘ