真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    慰安婦問題

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/21(木) 12:21:21.87 BE:762376718-PLT(12000) ポイント特典
    762963c1

    ドイツ大衆紙ビルト電子版は20日、同国のシュレーダー前首相が韓国人女性(48)と交際していると報じた。

    シュレーダー氏は今月、元慰安婦の女性が共同生活するソウル郊外の施設「ナヌムの家」を訪れ、慰安婦問題で謝罪していないと日本を批判。 韓国の文在寅大統領と会談し「過去を直視することが関係国との協力の基盤になる」と発言していた。

    ビルトによると、シュレーダー氏は昨年、ドイツ人の妻との離婚届を提出しており、近く離婚が成立する見通しという。女性は既婚だが夫と別居中。シュレーダー氏は女性と連絡を取るため、人生初のスマートフォンまで購入したという。(共同)

    http://www.sankei.com/world/news/170921/wor1709210035-n1.html

    【慰安婦問題で日本批判のシュレーダー前首相、韓国の既婚女性と交際 独紙が報道】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/15(火) 17:58:13.36 _USER
    images (1)

    安倍晋三首相は15日午後、日韓議員連盟幹事長を務める自民党の河村建夫元官房長官と首相官邸で会談した。

     河村氏によると、首相は慰安婦問題をめぐる日韓合意について
    「ゴールポストが動くことは絶対にあり得ない」と述べ、見直しを強く否定した。 

    時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00000090-jij-pol

    【【慰安婦問題】安倍首相「ゴールポストが動くことは絶対にあり得ない」 日韓合意の見直しを否定[08/15] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/07(月) 22:46:40.77 _USER
    5d3be6ce-s
    河野氏が日韓合意の履行を韓国外相に要求

    河野外相は韓国の康京和外相と会談し、慰安婦問題について最終解決を確認した日韓合意の履行を求めた。

    https://this.kiji.is/267283831638836729?c=39550187727945729

    慰安婦合意、着実に履行を=河野外相が韓国外相に促す

     【マニラ時事】河野太郎外相は7日、韓国の康京和外相とフィリピン・マニラで会談した。懸案の慰安婦問題をめぐる日韓合意について、河野氏は合意の着実な履行を促した。
     大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を強行するなど挑発行為を繰り返す北朝鮮問題に関しては、圧力をかけることが重要との認識を踏まえ、連携して対応することを確認したとみられる。
     日韓合意をめぐっては、韓国政府が合意を検証する作業部会を設置するなどしており、合意の着実な履行に懸念が出ている。(2017/08/07-22:28)

    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080700982&g=pol

    【【慰安婦問題】河野太郎外相が日韓合意の履行を韓国外相に要求 [08/07]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/12(水) 20:20:12.71 _USER
     岸田文雄外相が、韓国の理不尽極まる「慰安婦問題」の蒸し返しに断固抗議した。

     韓国の鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族相が、慰安婦関連資料のユネスコ(国連教育科学文化機関)世界記憶遺産への登録に、政府予算を拠出して支援する考えを示したのだ。

     「最終的かつ不可逆的な解決」とした日韓合意はどうなったのか。韓国の「約束破り」を許してはならない。

     「ユネスコ設立の趣旨と目的に反しかねない」

     岸田氏は11日の記者会見でこう語り、前日、外交ルートで韓国に抗議したことを明らかにした。一昨年の日韓合意で、慰安婦問題は「国連など国際社会において、互いに非難・批判することは控える」としている。

     さらに岸田氏は、鄭氏がソウル市内に設立するとした国立「日本軍慰安婦博物館」についても、一昨年末の慰安婦に関する日韓合意に触れたうえで、「最終的かつ不可逆的な解決を確認した。あらゆる機会をとらえて合意の着実な実施を求めていきたい」と述べた。

     鄭氏は10日、現地視察として、元慰安婦の女性10人が生活するソウル近郊の施設「ナヌムの家」を訪問した。

     韓国メディアによると、鄭氏は「慰安婦合意はもう一度、協議せねばならないと考えている」「外交は相互関係であり結論は出せないが、議論を通して新たな結果を引き出さねばならないと思う」と語ったという。

     国家間の約束も守れない国と、これ以上、付き合う必要があるのか。ともかく、「日韓通貨スワップ」は永遠に拒否すべきだ。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170712/soc1707120013-n1.html

    http://www.zakzak.co.jp/images/news/170712/soc1707120013-p1.jpgno title

    「ナヌムの家」をを見学する鄭女性家族相=10日(共同)
    http://www.zakzak.co.jp/images/news/170712/soc1707120013-p2.jpgno title

    記者会見する岸田外相=11日午前、首相官邸

    【【日韓】韓国「慰安婦問題」蒸し返しに岸田文雄外相が抗議 国家間の約束も守れない国と、これ以上付き合う必要があるのか[7/12]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/29(木) 17:28:39.02 _USER


    2017年6月28日、韓国・京郷新聞によると、韓越平和財団をはじめとする53の市民社会団体が同日午後、ソウル光化門の政府ソウル庁舎前で記者会見を開き、韓国政府に対し、ベトナム戦争における韓国軍による民間人虐殺など、過去の問題に責任を持って対応するよう促した。

    市民団体は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の顯忠日(戦没者追悼の記念日)の追悼の辞が問題となっているが(ベトナム戦争に参戦した勇士の献身と犠牲を基に祖国の経済が生き返ったと発言した)、その中心には韓国軍による民間人虐殺疑惑がある」とし、「歴代の政府でベトナム戦争の被害調査と真相究明は一度も行われたことがないため、被害者の統計情報はどこにも見つけることができず、ベトナムのあちこちに建てられた「(韓国軍)憎悪の碑」と「慰霊碑」を通じて推測するしかない」と述べた。

    また「手遅れになる前に、政府が韓国軍によるベトナムの民間人虐殺問題について国家レベルの真相究明に乗り出すことを促す」と述べた。

    また、会見に参加したベトナム人女性は、京郷新聞とのインタビューで「韓国人は日本の植民地支配を受けた過去の歴史について被害者の立場を主張するのには慣れているが、ベトナム戦争での民間人虐殺のような加害者的立場については鈍感なようだ」と述べた。女性は2003年に留学のため初訪韓し、修士・博士課程(韓国語教育専攻)を終え、現在も韓国内に住んでいる。

    女性は数年前に会った「大韓民国ベトナム戦参戦者の会(参戦者会)」関係者から「ベトナム戦当時に大きな被害を受けた地域に行ってボランティアをしている。これからそこでハングルとテコンドーを教えたい」という言葉を聞き「心が痛かった」とし、「その言葉は日本人が『慰安婦が多く住んでいる地域に行って日本語と空手を教えたい』と言っているのと同じことではないか」と語った。

    その上で「ベトナム内ではベトナム戦争に関して『許す』とのムードが支配的だが、韓国人らが日本に対し慰安婦問題を訴え続ける姿を見て、『私たちも声を上げなければ』と問題意識を持つ人も多い」と明らかにし、「戦争で誰が過ちを犯したのかを追及するよりも、過ちを認めて許し、今後は傷つけ合わないようすることが平和への道だ」と主張した。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは4000を超えるコメントが集まっており、この問題に対する関心の高さがうかがえる。コメント欄には

    「われわれが間違ったことをしたのであればちゃんと謝罪しよう」
    「不適切なことに対する謝罪は恥ずかしいことではない。大韓民国は恥ずかしくない国であってほしい」
    「明らかに韓国が間違っている。謝罪すべき」

    など、ベトナムに対して謝罪すべきとする意見が多く並んだ。

    また、「日本の悪口を言う前にベトナムに謝罪をすべきだと思う」と日本に関連した意見もみられた。

    そのほか「ベトナム戦争に対する教育が不足している」「ベトナムへの謝罪はむしろ米国がすべき」などとする意見もあった。


    2017年6月29日(木) 17時20分
    http://www.recordchina.co.jp/b182858-s0-c10.html

    【【越韓】「慰安婦問題を見て変化」ベトナム人留学生らが韓国政府に韓国軍民間人虐殺の真相究明を訴え[06/29]】の続きを読む

    このページのトップヘ