真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    意味


      5分ぐらいから

    【日本の解き方】麻生氏、AIIB「サラ金発言」の意味 借金国に中国主導で取り立て、属国化や領土分割の懸念残る さんから

    plt1507160014-p2

    逢坂誠二「『籠井氏はこういう人だから妻は騙された』と言ったがどういう意味だ!」 安倍総理「安倍晋三小学校で申請してないのに申請してる堂々と述べ、私の名前を使った寄付を止めるよう言っても止めない。人物を図る上で重要な要素だと思う」 逢「意味がわからない」 読解力ゼロの逢坂誠二

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/21(木) 17:42:55.63 BE:329591784-PLT(12100) ポイント特典
    o0400030813978761623

    安倍首相が意向を固めた28日の臨時国会冒頭の衆議院解散について、自民党の石破元幹事長は 21日、「何のための解散か明確にする必要がある」と述べた。

    石破元幹事長「私の知る限りこの解散の意味って何なんだろうって大勢の人が思っている。国民に対して何のための解散か。そして何を問うのかということは明確にする必要がある」

    与野党からは「解散は加計学園の問題で追及を避けることが目的で、大義がない」などと、批判が 出ている。石破元幹事長は解散の理由について、安倍首相は国民が納得する説明をすべきだとの 認識を示したもの。また、安倍首相が選挙公約として消費税率を引き上げた際の税収を教育などに 充てることを検討していることに異論が噴出している。

    石破元幹事長は党側との調整が不十分だとの認識を示した上で、「党内民主主義をすっ飛ばして国民に問うべきではない」と安倍首相の対応に苦言を呈した。

    http://www.news24.jp/articles/2017/09/21/04373185.html?cx_recsclick=0

    【【ゲル石破】石破茂、自民党に公然と裏切り発言「この解散の意味って何なんだろうって大勢の人が思っている」まるで野党と同じ論調! 】の続きを読む

    1

    意外と知らない しめ飾り


    しめ飾りをみていると、お正月だな~と感じませんか。でも、よく見てみると不思議なかたちをしています。


    しめ飾りには、いったいどんな由来があるのでしょう?
    また、どんな種類があり、飾る時期はいつなのでしょう?

    意味を知ると、やる気もやり甲斐も違ってくるはず。今回は、しめ縄・しめ飾りについて解説します。



     

    しめ縄・しめ飾りの意味と由来


    そもそも正月行事というのは、年神様という新年の神様をお迎えするための行事です。年神様は家々にやってきて、生きる力や幸せを授けてくださると考えられています。そこで、お正月が近づくとしめ縄やしめ飾りを施し、年神様を迎える準備をします。

    しめ縄(注連縄)には、神様をまつるのにふさわしい神聖な場所であることを示す意味があります。しめ縄が神の領域と現世を隔てる結界となり、その中に不浄なものが入らないようにする役目も果たします。その由来は、天照大神が天の岩戸から出た際に、再び天の岩戸に入らないようしめ縄で戸を塞いだという日本神話にあるとされ、「しめ」には神様の占める場所という意味があるといわれています。

    しめ飾り(注連飾り)というのは、しめ縄に縁起物などの飾りをつけたものをいいます。代表的なのが、神様の降臨を表す「紙垂」(かみしで/しで)、清廉潔白を表す「裏白」、家系を譲って絶やさず子孫繁栄を願う「譲り葉」、代々栄えるよう願う「橙」などです。

    もともとは、神社がしめ縄を張りめぐらせるのと同じ理由で、自分の家が年神様をお迎えするのにふさわしい神聖な場所であることを示すために始まったといわれています。しめ縄やしめ飾りを施すことで、その内側が清らかな場所となり、年神様が安心して降りてきてくださるわけです。

    続きはこちらのサイトで https://allabout.co.jp/gm/gc/434219/

    ozouni_kanto


    https://www.oisix.com/shop.osechi--cont-zouniyurai__html.htm
    から引用転載

    お雑煮の由来と意味

    お正月に必ず食べるお雑煮。どうして元旦にはお雑煮を食べることになったのでしょうか?由来は日本人になじみ深い「米」からでした。

    お雑煮の由来

    お正月に食べるお雑煮の歴史は古く、始まりは平安時代だと言われています。餅は古くから農耕民族である日本人にとって、お祝いごとや特別な「ハレの日」に食べる「ハレ」の食べ物でした。年神様に供えた餅や里芋、にんじん、大根などを、その年の最初に井戸や川から汲んだ「若水」と、新年最初の火で煮込み、元旦に食べたのが始まりと言われています。雑煮の語源は「煮雑ぜ(にまぜ)」で、色々な具材を煮合わせたことからきています。お正月の三が日におせちやお雑煮を食べる際には「祝い箸」という両方の先が細くなったお箸を使いますが、これは取り箸と食い箸の両方に使えるように……というわけではなく、一方を人が使い、もう片方は神様が使う「神人共食」を表したものです。このようにお水や箸にまでこだわりがみられるエピソードからも、雑煮がいかにハレの日の食べ物かがうかがえます。

    お餅の入ったお雑煮を正月に食べる意味

    お雑煮の具材や味付けは地方によって異なりますが、一つだけ必ず入っているものがお餅です。室町時代には武士の宴会で必ず一番初めに最初の酒の肴として雑煮が振る舞われていましたが、当時は餅の原料となる米は高価なものであったため、庶民のお雑煮には、里芋が餅の代わりに里芋が入っているのが一般的だったようです。江戸時代に入り、一般庶民でも餅が簡単に餅が手に入るようになる頃には、味噌や醤油などの味付けや、丸餅と角餅などの東西の違いがあったと考えられています。

    汁の味付けについて

    関西地方のお雑煮は特に京都が有名です。が白味噌仕立てが多く、近畿を除く西日本と関東ではすまし汁仕立てが圧倒的に多いです。個性的なところでは、出雲地方では小豆雑煮と呼ばれるぜんざいのような見た目のお雑煮を食べたり、岩手では「くるみ雑煮」という、クルミを擦ったものに砂糖や醤油で味付けしたタレを添え、お雑煮の餅を付けて食べる二椀セットのお雑煮があります。

    餅について

    関西では丸餅、関東周辺や寒冷地では角餅が多い傾向にあります。関西では昔から「円満」を意味する縁起物の丸餅が主流ですが、江戸時代、人口が集中していた関東周辺では、ひとつずつ手で丸める丸餅よりも、一度に多く作れる角餅が使われるようになったからと考えられています。また、関ヶ原の戦いの影響で西日本が丸餅東日本が角餅に分かれたという説もあります。岐阜県、三重県、滋賀県のあたりは同じ県内でも丸餅と角餅が混在しており、境目ならではの面白さかもしれません。また、香川や愛媛ではあんこの入った餅を使用します。さらに、形以外にも焼いて入れるか煮て入れるかの違いも、全体の風味や食感に大きな影響を与える重要なポイントとなっています。

    具について

    大根やにんじん、ネギなどの一般的な野菜の他にはその土地柄を感じさせる産物が入ります。東北の山菜やキノコ類、新潟の鮭やイクラ、千葉の青海苔、島根の岩海苔やハマグリ、広島の牡蠣などです。武家文化の強い関東では小松菜や鶏肉を入れ「菜鶏」→「名取り」とし、敵の大将の首を取って名乗りをあげるようにとの心意気が感じられ、一方、京都では「人の頭になって過ごせるように」との願いを込め、頭芋(かしらいも)を入れます。

    続きはこちらで 
    https://www.oisix.com/shop.osechi--cont-zouniyurai__html.htm

    このページのトップヘ