真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    息子

    DY2rmEzUQAAuLUI

    【山尾志桜里さん夫と息子を返して】週刊文春。倉持氏の元妻が初めての手記。 ・寝室のマットレスの下カバーがずれおちていた ・披露宴のウェルカムボードが隠してあった ・風呂の排水口が綺麗に掃除されていた ・他の女性が寝室に入り込んでいたなんて想像もできなかった 説明責任の前に最低な女だ。
    【【山尾志桜里さん夫と息子を返して】週刊文春。倉持氏の元妻が初めての手記。】の続きを読む

    afr1711020031-p1

    【民進党・小川勝也の息子を再逮捕】路上で女子中学生の身体を触るなどしてけがをさせたとして、警視庁麹町署は大学生・小川遥資容疑者を強制わいせつ致傷容疑で逮捕。小川容疑者は民進党・小川勝也の長男で、昨年11月にも強制わいせつ容疑で埼玉県警に逮捕、起訴されている。 最低なやつ…。 【民進党・小川勝也の息子を再逮捕 路上で女子中学生に強制わいせつ致傷】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/30(月) 22:14:25.90 _USER
    531443_pcl

    今年2月にマレーシア・クアラルンプールの空港で暗殺された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の息子、 キム・ハンソル氏を暗殺するために中国・北京に派遣されていた北朝鮮の工作員グループが、 中国の公安当局に逮捕されたことが分かった。

    中央日報が30日、報じた。ハンソル氏は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長のおいに当たる。

    同紙は北朝鮮消息筋の話として「北朝鮮の偵察総局所属の特殊工作員らがハンソル氏を除去する目的で中国に侵入したが、メンバーの一部が先週、中国の国家安全部に逮捕され、現在は北京郊外の特殊施設で極秘に取り調べが行われている」と伝えた。

    今回逮捕されたのは北朝鮮偵察総局の工作員7人だという。工作員らは支援組、行動組、遮断組に分かれ、ハンソル氏の居場所の把握、接近ルート準備などを行っていたが、このうち2人が捕まったことで暗殺計画が明るみに出たという。

    中央日報によると、中国の公安当局は今月18-24日に行われた中国共産党第19回全国代表大会に合わせて中国国内の工作活動を集中監視しており、 この過程で暗殺計画をつかんだことが分かった。

    20171006-00010006-houdouk-000-2-view

    ハンソル氏は以前はマカオに滞在していたが、父の正男氏が殺害された直後、身の危険を感じて母親のキム・ヘギョン氏、妹のソルヒ氏と共に別の場所に身を隠した。

    このとき、ハンソル氏らを保護しているとされる組織「天里馬民防衛」は「金正男氏の家族に会って安全な場所に直接連れて行った」と明らかにし、 米国・中国・オランダの各政府の支援に対し感謝の意を伝えた。

    ハンソル氏はこれまで金正恩氏に対して批判的な立場を示してきた。 ボスニアのインターナショナルスクールUWCに在学中だった2012年には、フィンランドのテレビ局とのインタビューで 「金正恩氏がどのようにして独裁者になったのか知らない」と答えている。

    このため金正恩氏が、権力維持の障害になりそうな正男氏だけでなく息子のハンソル氏まで殺害しようとしていたのではないかとの見方が出ている。 西欧メディアは、金正恩政権に不測の事態が発生すればハンソル氏が代わりの勢力となり得ると分析しており、 こうした見方も金正恩氏の心情を逆なでした可能性がある。

    北朝鮮がなぜ中国にハンソル氏の暗殺グループを派遣したのかは分かっていない。 一部にはハンソル氏が西欧に亡命したとの見方もあるが、実際には中国当局が保護しており北朝鮮がこれに気づいて工作員を派遣したとの分析も示されている。

    北朝鮮の消息筋は中央日報に対し「今年3月以降、ハンソル氏の行方が分かっていないのは、中国当局が徹底的に管理しているからだろう。 天里馬民防衛などの主張は、隠蔽のためのカモフラージュの可能性も考えられる」との見方を示した。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/30/2017103003858.html

    【【国際】 金正男の息子、キム・ハンソル氏暗殺目的の北朝鮮特殊工作員7人、北京で逮捕 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/21(木) 19:23:26.23 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    webw160629-duterte-thumb-720xauto
    ドゥテルテ比大統領、麻薬疑惑が事実なら実の息子「殺す」
    http://www.afpbb.com/articles/-/3143753

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は20日、息子で政治家のパオロ・ドゥテルテ氏について、 麻薬密輸に関与していた疑惑が事実なら殺害するよう命じると公言した。殺害を実行した警察官は訴追されないとも述べた。

    パオロ氏をめぐっては、中国から大量の結晶メタンフェタミンの密輸を助けている三合会(香港を拠点とする犯罪組織の総称)の構成員だとの疑惑が浮上。パオロ氏は今月、上院の公聴会に出席し、野党議員らの追及に対し疑惑を否定している。

    20日夜、首都マニラのマラカニアン宮殿(大統領府)で国家公務員を前に演説したドゥテルテ大統領は、この疑惑にはっきりとは言及しなかったものの、もし麻薬に関与すれば実子であろうと最も厳しい処罰を受けることになると述べた昨年の大統領選の際の主張を繰り返した。

    「私の命令は前に言った通りだ。『私の子どもたちが麻薬にのめり込むなら、彼らを殺せ。そうすれば誰も文句は言えまい』」

    「だから私は息子に言った。『お前が逮捕されるようなことがあれば、殺すよう命じた。もしそれが事実ならば、私はお前を殺した警察官を守るつもりだ』」

    ドゥテルテ大統領は昨年、麻薬密輸人や中毒者ら10万人を殺害して違法薬物を社会から一掃すると宣言する前代未聞の公約を掲げて大統領選に圧勝。就任後、フィリピンでは警察の麻薬撲滅作戦で3800人以上が殺害されたほか、数千人が不可解な状況で殺害されている。

    【ドゥテルテ大統領「俺の息子の麻薬密輸疑惑が事実なら殺せ、俺はその警察官を守る」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/03(木) 21:29:41.48 ● BE:896590257-PLT(21003) ポイント特典
    金正恩氏は「狂人」、ドゥテルテ比大統領がいらだち示す
    2017年08月03日 17:06 発信地:マニラ/フィリピン

    フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領(72)は2日、北朝鮮の金正恩について、核戦争を引き起こしてアジアを破壊する可能性がある「狂人」と呼んだ。

    北朝鮮の外相も参加して首都マニラで開かれる東南アジア諸国連合関連会合を控えたドゥテルテ大統領は、持ち前の露骨な言い回しで金氏へのいらだちを表現。全国放送されたテレビ演説で「金正恩は危険なおもちゃで遊んでいる。正気じゃないこの男はまるまる太った人の良さそうな顔をしているが、だまされてはいけない」と述べた。

    「あの正気を失った売春婦の息子が過ちを犯せば、極東は不毛の地になるだろう。それは阻止しなければならない。たとえわずかでも対立が起きれば、放射性降下物により土地も資源も奪われると言っておこう。われわれに何が起きるか分からない。実りあるものは何一つ植えることができなくなるだろう」 ASEANの関連会合には北朝鮮の外相のほか、レックス・ティラーソン米国務長官や中国の王毅外相も出席する予定で、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル (ICBM)発射実験が主要な議題の一つになるとみられている。

    http://www.afpbb.com/articles/-/3138025
    http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/9/e/1024x/img_9e85717cc6d3fcae765ed1a87edbc609239363.jpg
    no title



    【【激怒】ドゥテルテ大統領、北朝鮮のICBM発射実験を受けて「あの売春婦の息子は狂ってる」と正直に発言】の続きを読む

    このページのトップヘ