真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    応援

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/18(水) 00:03:10.30 BE:902666507-2BP(1500)
    20160726-00060369-roupeiro-000-16-view

    (略)

     一方、選挙プランナーの松田氏は与党の実質的な勝利を予測する。自民は13議席減の275議席。公明の32議席と合わせて自公で300議席超を確保する。対する希望は46議席と伸び悩むという。松田氏が語る。

    「安倍首相vs.小池氏という2大政党の対決の構図が崩れたことで対立軸がわかりにくくなったうえ、民進出身者が『踏み絵』を踏んで主義主張を変える姿を見て、 有権者の政治家不信も高まった。 結果、投票率は伸びず、組織力の強い自公が有利になるでしょう。野党共闘も崩れ、与党対野党が1対1になる選挙区も大きく減ってしまった。 政権不支持の票が割れ、野党は伸び悩むことになります」

     頼みの綱の小池氏も、都知事としての支持率が都議選時の約60%から30%台後半へと急落。希望は苦しい戦いを強いられそうだ。

    「小池氏の人気が頼みの政党ですから、“小池バブル”がはじけてしまったら勝負になりません」

     それでは、各選挙区ごとの情勢を見てみよう。

     北海道では希望陣営は2区の松木謙公・前民進党幹事長代理など4人のみ。7人が立憲民主から出馬した。地元政治記者が語る。

    「北海道は元々リベラルが強く、立憲民主関係者は『ビュンビュン追い風が吹いている』とホクホク顔。比例復活も合わせ全員当選もと息巻いている。 一方、希望陣営は小池氏のポスターにも反響がなく困惑。小池氏の応援を要請しようにも、連絡がつかないとか」

    以下略
    https://dot.asahi.com/wa/2017101600067.html

    【【悲報】 小池百合子、逃亡 「応援を要請しようにも、連絡がつかない」 】の続きを読む

    小泉進次郎演説2

    党の名前を変えてころころ主張を変える人たち、あまりにひどすぎる!どうか皆さんの力で激戦を一緒に勝ち抜きましょう!」 さんが の応援に! 10/15

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/11(水) 09:10:08.69 _USER


    和田瑞季@mizuki_84
    拡散希望
    かん英紀立憲民主党大阪13区の選挙事前運動に李信恵がいる。
    外国人が選挙に参加してる!
    これあかんでしょ!

    https://pbs.twimg.com/media/DLsJNiMUIAAlSMD.jpgno title


    3:33 - 2017年10月9日
    https://twitter.com/mizuki_84/status/917337091566006273

    6: KSM WORLD NEWS 2017/10/11(水) 09:13:58.70
    ●閑古鳥の鳴く立憲民主党のスピーチ

    立憲民主党は、菅直人元総理が来ても観客数人です。
    https://pbs.twimg.com/media/DLvuU0eV4AAUotE.jpgno title



    自民党だと超混雑です
    http://pbs.twimg.com/media/DLvvxQ-VoAAbzG3.jpgno title



    民主党政権交代前は朝日や毎日などグループ挙げて連日自民党バッシングし、民主党になれば地上の楽園になるかのように報道していた
    https://i.imgur.com/ylShK3J.jpgno title



    テレビ朝日のモーニングショウやニュー23など極左反日メディアはツイッターフォロワーが多いから立憲民主党が人気だと韓流ごり押し風にPRしている。

    フォロワー数、日本のこころと立憲民主党が人気
    https://i.imgur.com/NH9jInC.jpgno title



    しかし、たった数人の日本のこころが35,000人もいるのは報道しない。
    右翼や左翼は面白いからとか辻本清美や菅直人など極左反日への興味本位な人達がフォローしてるだけではと思える。

    【【話題】在日韓国人、立憲民主党・姜氏を選挙応援 → 『拡散希望  外国人が選挙に参加してる! これあかんでしょ! 』】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/03(火) 16:10:53.55 BE:384148533-PLT(15000) ポイント特典
    9

    aki@aki21st
    重大ニュース一気に。カタルーニャの人たち頑張れ&枝野新党がんばれ。

    UCD@ILLMATIC_UCD
    民進党とかいう烏合の衆は心の底から嫌いだったけど、応援せざるをえなかった。
    しかし、新しい立憲民主党は違う。自信をもって応援できるし、期待もできる。
    ここまできてやっとそういう政党ができた。これこそ市民運動のたまものだ。なめるべからず市民運動。
    #立憲民主党

    UCD@ILLMATIC_UCD
    【大大大大大拡散!!!!】
    立憲民主党 @CDP2017
    公式アカウントです。よろしくお願いします。 #立憲民主党 #枝野幸男

    未来のための公共@public4f
    来ました!フォロー&拡散で立憲民主党を応援しましょう。

    (いせとうり)@bbbyx8NH
    フォローしたっ

    諏訪原 健@swa_swa_swatch
    枝野さんの会見で印象的だったのは「草の根に立つ」というメッセージ。
    政治の対立軸は「上から」なのか「下から」なのかという点にあるとした上で、
    ボトムアップのリーダーシップ・民主主義・社会経済政策を目指すという。
    また市民と積極的に連携する姿勢も示していた。応援したい。 #立憲民主党

    元山仁士郎@Jin46o
    新しい、リベラルな政党ができた。
    いまの日本国憲法のままで政治をやってほしい人、少数者の声に耳を傾ける政治をしてほしい人。
    いろんな思い、期待があると思う。しかし、全ては私たち一人ひとりに懸かっている。
    その自覚と責任を持ち、長い目で支えていこう。
    #立憲民主党

    https://t.com

    23: KSM WORLD NEWS 2017/10/03(火) 16:15:37.68
    >>14
    おめでとう。
    これで左派を応援してる人の実数がわかるな。

    47: KSM WORLD NEWS 2017/10/03(火) 16:22:11.18
    >>1
    よかったね。より所ができてww
    選挙後どうなっているかは知らんが

    7: KSM WORLD NEWS 2017/10/03(火) 16:12:29.95
    立憲民主党(シールズ)

    29: KSM WORLD NEWS 2017/10/03(火) 16:18:22.16
    未来のための共謀

    50: KSM WORLD NEWS 2017/10/03(火) 16:22:37.74
    識者の最終予想
    希望がもうちょい増減して、自民ももうちょい増減するだろうが結局は改憲勢力が伸びるだけ
    自民党270、希望の党70、立憲民主党20、維新20、共産党40、公明30

    【SEALDsが立憲民主党を支持へ「自信をもって応援できる」 ←「公安さんこいつらです!」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/30(日) 17:02:23.80 BE:844628612-PLT(14990) ポイント特典
    ‪民進党はなぜ自民党候補を応援するのか…戦略もビジョンもない自殺行為(高橋亮平) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/takahashiryohei/20170729-00073893/‬


    有田芳生 @aritayoshifu
    横浜市長選挙。「あっち」も「こっち」も応援していた議員がいたんだ。まさに「鵺」(ぬえ)ですな。とにもかくにも投票率が上がることを願います。前回は30パーセントにも達しませんでした。いよいよ投票日です。
    午後11:56 · 2017年7月29日
    http://i.imgur.com/fEeoFa5.jpgno title


    自公推薦の林文子の応援演説に参加する山尾志桜里
    http://i.imgur.com/bV7SBh7.jpgno title


    2以降にURL


    5ec-panda452f4fa7a4b01

    鵼は深山にすめる化鳥なり

    源三位頼政、頭は猿、足手は虎、尾はくちなはのごとき異物を射おとせしに、なく声の鵼に似たればとて、ぬえと名づけしならん

    http://www.youkaiwiki.com/entry/2013/02/13/233323


    【【横浜市長選】自公推薦の林文子を応援する山尾志桜里を有田ヨシフが妖怪呼ばわりw 】の続きを読む

    このページのトップヘ