真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    応援

    o5SK5VCs_400x400

    石平先生を応援します - 石平太郎vs. 古谷経衡 さんざん、在特会の事を人種差別だとかヘイトスピーチだとか言ってきた古谷経衡が実は自身がヘイトスピーチの確信犯であったといふ事で、彼はきちんとこの批判を受け止めなければならないと思ひます。

    DWASs1jVQAU6sxC

    【沖縄・八重山日報を購入して沖縄を応援!】 チバレイのパヨッっている場合じゃない!千葉麗子さんの「八重山日報」連載コラムバレンタインデーの2月14日に掲載!『パヨクニュース2018』

    o0870086014130664232

    簡単に言うと、例えば半島の南北統一、あるいは米朝軍事衝突により、北朝鮮戦争難民が南下して、韓国経済が崩壊し韓国人「経済」難民が日本に大挙してやってきたとしても、審査の流れの大幅改善で、システム上はもう大丈夫。

    以前のシステムであれば、申請されれば滞在を認め、初回平均8ヶ月以上、再申請で29ヶ月ほどを費やして(多分大量の難民が発生したらもっとかかってしまう)これが経済的理由によるものであることを理由に審査却下しても、別の理由でまた申請されるとこれを延々と続ける羽目になっていたのです。
    続きはこちらで 
    https://ameblo.jp/japangard/entry-12352421359.html





    2014121101_01_1

    【マスコミが使うオール沖縄】菅義偉官房長官「よくマスコミの皆さんは翁長知事を応援する『オール沖縄』って言うのは
    全部が応援している雰囲気ですけど、今、11の市がある。その内、9つの市長が反翁長、オール沖縄じゃないんです
    マスコミはオール沖縄を使い続けないと負けなのか?

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/18(水) 00:03:10.30 BE:902666507-2BP(1500)
    20160726-00060369-roupeiro-000-16-view

    (略)

     一方、選挙プランナーの松田氏は与党の実質的な勝利を予測する。自民は13議席減の275議席。公明の32議席と合わせて自公で300議席超を確保する。対する希望は46議席と伸び悩むという。松田氏が語る。

    「安倍首相vs.小池氏という2大政党の対決の構図が崩れたことで対立軸がわかりにくくなったうえ、民進出身者が『踏み絵』を踏んで主義主張を変える姿を見て、 有権者の政治家不信も高まった。 結果、投票率は伸びず、組織力の強い自公が有利になるでしょう。野党共闘も崩れ、与党対野党が1対1になる選挙区も大きく減ってしまった。 政権不支持の票が割れ、野党は伸び悩むことになります」

     頼みの綱の小池氏も、都知事としての支持率が都議選時の約60%から30%台後半へと急落。希望は苦しい戦いを強いられそうだ。

    「小池氏の人気が頼みの政党ですから、“小池バブル”がはじけてしまったら勝負になりません」

     それでは、各選挙区ごとの情勢を見てみよう。

     北海道では希望陣営は2区の松木謙公・前民進党幹事長代理など4人のみ。7人が立憲民主から出馬した。地元政治記者が語る。

    「北海道は元々リベラルが強く、立憲民主関係者は『ビュンビュン追い風が吹いている』とホクホク顔。比例復活も合わせ全員当選もと息巻いている。 一方、希望陣営は小池氏のポスターにも反響がなく困惑。小池氏の応援を要請しようにも、連絡がつかないとか」

    以下略
    https://dot.asahi.com/wa/2017101600067.html

    【【悲報】 小池百合子、逃亡 「応援を要請しようにも、連絡がつかない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ