真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    復活

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/20(木) 08:24:40.82 ● BE:583472408-PLT(14015) ポイント特典
    北朝鮮の貨客船「万景峰号」、ロシアとの定期便に
    4d945d40a4da580aa35565e8ba1d30e4

    TBS系(JNN) 4/20(木) 6:00配信

     日本への入港が禁止されている北朝鮮の貨客船「万景峰号」がロシアと北朝鮮を行き来する定期便に使われることが明らかになりました。


     今後、万景峰号の運航を手掛けるロシアの「インベスト・ストロイ・トレスト」社によりますと、第一便は来月8日に北朝鮮北東部の経済特区・羅先(ラソン)を出発し、 10時間かけて翌9日にロシアのウラジオストクに到着する予定です。今後は月に6回程度、往復する予定で、乗客と共に、食品や家具、自動車部品などを運ぶ予定だということです。

     「インベスト・ストロイ・トレスト」社では、長年、付き合いのある北朝鮮の民間人を手助けしたいという思いもあり、 運航を開始するということですが、国際社会が北朝鮮への圧力を強めるなか、「北朝鮮を手助けすることになる」と、ロシア側に対して批判があがる可能性もあります。(19日23:17)

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170420-00000013-jnn-int


    【【北朝鮮】万景峰号(マンギョンボン号)、復活キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

    1590fa25
    1: KSM WORLD NEWS 2016/12/12(月) 15:32:37.35 _USER9
    (CNN) 75年前の12月8日、真珠湾攻撃で米海軍に未曽有の打撃を与えた旧日本軍。
    その同じ国が今、軍事大国としてまた世界の先頭集団に入っていると、専門家らは指摘する。

    戦後の憲法で自衛目的以外の戦力は持てないとされてきたにもかかわらず、日本は復活を果たした。
    むしろこの制約があったからこそ、日本の軍事力は強化されたのではないかという説もある。

    「パイロットにしろ艦にしろ、日本はどんな相手にも引けを取らない」と話すのは、
    米陸軍指揮幕僚大学(CGSC)のジョン・T・キューン教授だ。
    しかも日本は他国の何分の1かのわずかな予算で、これを成し遂げた。
    そんな日本を取り巻く安全保障の力学は今、変化のただなかにある。
    米国ではトランプ次期大統領が外交のシナリオを一変させ、戦略地図を塗り替えようとしている。

    日本の海上自衛隊は世界の海軍のランキングで5位以内に入る。そう評価するのはキューン教授だけではない。
    日本の安全保障に関するブログを主宰し、米海軍協会(USNI)ニュースにも寄稿しているカイル・ミゾカミ氏は、
    日本が今日のように強力な大国になったのは米国との同盟関係があったからだとの見方を示す。

    「米国と日本は世界で最も緊密な関係にある軍事大国同士だ。両国の関係は米英間よりも近い」――
    ミゾカミ氏はCNNへのメールでそう指摘した。

    キューン教授もまた、イージス艦を使う弾道ミサイル防衛システムのような米国の技術が、
    日本の艦隊を手ごわい存在にしているとの見方を示す。
    「私に言わせれば、日本の海上自衛隊と米海軍は大当たりの組み合わせだ」と、キューン教授は話す。
    同教授は米海軍パイロットの経験を持ち、日本の軍事史を武士の時代までさかのぼって分析した著書もある専門家だ。

    日本の現在の軍事力は真珠湾攻撃の時代を上回っているかもしれない。
    それを後押ししたのは戦後の憲法だ、と主張するアナリストもいる。
    戦争を放棄した憲法の下では攻撃力に予算をさく必要がなく、防衛力の強化に専念すればよかったからだという。

    ベルリン自由大学で日本の安全保障を研究しているコリー・ウォレス博士によると、これが最もうまく作用した例は日本の潜水艦だ。
    同博士によれば、日本政府は1950年代以降、潜水艦の開発に注意深く投資して技術を磨き上げてきた。
    対地攻撃用のミサイルを搭載する米海軍の潜水艦と違い、日本の潜水艦は水中だけに注目することでコストや複雑さを抑えることができる。
    またキューン教授によると、現代日本の企業文化も軍事力の増強に一役買っている。

    米国など他国では個人が抜きん出た力を発揮することが奨励されるのに対し、「日本人は生来、チーム一体が得意」だという。
    同教授によれば、米国で開発されたF35戦闘機のような兵器が将来、日本で量産されるようなケースも十分あり得る。
    日本は他国が生み出した最高水準の技術をさらに磨き上げることが得意だから、そのほうがうまくいくかもしれないという。

    日本の自衛隊ならトヨタや三菱といった日本メーカーと同じように優れた生産、保守、運用方式を構築し、
    F35の信頼性を向上させたり、米国のF35より幅広い任務に活用したりすることができるはずだ。同教授はそう強調する。
    「しっかりと訓練され、勤勉で、団体精神を持つパイロットが、最新鋭の第4、第5世代戦闘機を操縦する。
    (敵対国として想定される)ロシアや中国にとってはうれしくない話だろう」

    http://www.cnn.co.jp/world/35093434.html

    日本の自衛隊、その実力は<2> 水陸機動団の編成進む
    http://www.cnn.co.jp/world/35093435.html

    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1481511634/
    2016/12/12(月) 10:14:15.55

    【【KSM】CNN「日本の軍事力はどんな相手にも引けを取らない」 日本は復活を果たした、軍事大国としてまた世界の先頭集団に入っている】の続きを読む

    このページのトップヘ