真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    強風

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/19(火)14:30:20 ID:???
    DPZqMcYUQAETs_2

    ◎記事元ソース名/<平昌五輪>体感温度氷点下20度と戦う「シベリア開幕式」(1)

    来年2月9日に開かれる平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開幕式を直接観覧するには寒さとの戦争を覚悟しなければならない。氷点下10度の気温で野外で少なくとも5時間は激しい風に吹かれることになる。

    気象庁によると、平昌五輪が開かれる期間(2月9~25日)に江原道平昌郡(カンウォンド・ピョンチャングン)の平均気温は氷点下4.8度だ。平均最低気温は氷点下9.8度に下がる。平均風速は1秒当たり4.6メートルだ。

    風が強い方で体感温度は氷点下15~17度まで下がる可能性が大きい。
    ここ5年間、2月9日この地域平均気温は氷点下4度~氷点下11.7度だった。最低気温は氷点下6.8度~氷点下20.3度に達した。体感温度が氷点下12度~氷点下25度まで下がる可能性があるということだ。

    閉会式が開かれる来年2月25日にはそれでも少し寒さがゆるむ。初春の天気に変わり、気温が多少上がるものと見られる。ここ5年間、2月25日の平均気温は氷点下0.2度~プラス5.7度、最低気温は氷点下5.8度~プラス0.6度だった。

    気象庁のユン・ギハン報道官は「開幕式が開かれる来年2月9日、天気は現在の予測し難い。
    しかし、平昌郡の平均気温を確認してみれば、ソウルをはじめとする全国所々に寒波注意報が発効された11日程度の寒さだと予想される」と話した。

    11日には全国的に最低気温が氷点下10度以下に落ち、寒波注意報が発令し、一週間ずっと厳しい寒さが続くことで71年ぶりに最も早く漢江(ハンガン)が結氷した。

    ロイター通信は8日、「平昌五輪は最近最も寒いと感じられた1994年リレハンメル冬季五輪(平均気温氷点下11度)の水準で寒い五輪になる可能性がある」と警告した。

    特に、「平昌五輪の開・閉会式場には屋根がなく、3万5000人に達する観覧客が強風にそのままさらされることになる」と伝えた。

    (以下略)

    中央日報/12月18日
    http://japanese.joins.com/article/642/236642.html

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 78◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511668430/

    【【平昌五輪】 開・閉会式場には屋根がなく、3万5000人に達する観覧客が(体感温度氷点下20度の)強風にそのままさらされることに… [H29/12/19]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/08(月) 08:38:08.76 _USER

    http://imgnews.naver.net/image/001/2017/05/08/PYH2017050802020006200_P2_20170508080703615.jpg


    no title
    http://imgnews.naver.net/image/001/2017/05/08/PYH2017050802010006200_P2_20170508080702752.jpg

    8日の午前5時50分頃、束草市(ソクチョシ)青鶴洞(チョンハクドン)の某ホテル工事現場
    8階に設置された大型クレーンが、強風によって力なく倒れた。この事故での人命被害は
    なかった。写真は倒れたクレーンが『¬』の字形態で折れた様子。

    ソース:NAVER/束草=聯合ニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=001&aid=0009247859

    【【韓国】強風で力なく倒れた大型クレーン(写真)[05/08]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/02/06(月)17:49:23 ID:???
    強風、助走路整備に懸念=平昌五輪のジャンプ台

    pyeongchang120530-main


     【平昌(韓国)時事】来年2月開催の平昌冬季五輪で使われるスキージャンプの会場で、
    ノルディックスキー複合のワールドカップ(W杯)が1年前のテスト大会として開催されている。

    (略)

     だが、助走路の一部に左右にゆがんでいる部分があるという。加藤大平(サッポロク)は
    「気にして、いいジャンプができなかった。(左右に)振られるというか」と苦笑いし、
    渡部暁斗(北野建設)も「(ゆがみは)少しではない」と指摘。W杯ではあまり見られない
    整備状態のジャンプ台の改善に向け、全日本スキー連盟の関係者は国際スキー連盟の会議で
    問題提起する可能性を示した。

    gRnTgnw7q4o-02

     さらに、標高800メートル以上の高地にある会場の近くには風力発電の施設が並ぶほど風が強い。

    続き 時事通信
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017020400434&g=spo



    【【平昌五輪】 強風、助走路整備に懸念=平昌五輪のジャンプ台 [H29/2/6]】の続きを読む

    このページのトップヘ