真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    強化

    DZ65tQGXUAEQRBi (1)

    🔴民主党政権時に、医療観光を強化する方針を閣議決定2012年7月、健康保険加入を1年滞在から3カ月に短縮。
    日本人が汗水流し働いて得て納めたその税金で、中国人が得をしているなんて許せない。
    野党が現政権倒したら再びこの様なおかしな政治をするから
    【🔴民主党政権時に、医療観光を強化する方針を閣議決定2012年7月、健康保険加入を1年滞在から3カ月に短縮。】の続きを読む

    plt1801110032-p1

    中国海軍所属とみられる潜水艦が尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域を潜航したことを受け、政府は中国海軍に対する警戒・監視を強化する方針だ。潜水艦は隠密裏の行動が命綱で、自衛隊が潜水艦を発見したのは、現段階で中国海軍が十分な水準に達していない証拠ではある。しかし、中国は潜水艦の静粛性や長期潜航能力を急速に向上させており、自衛隊は対潜戦能力の増強を迫られている。

    続きは産経ニュースで 
    http://www.sankei.com/smp/politics/photos/180111/plt1801110032-p1.html

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/17(木) 10:12:43.00 _USER9
    5c12fb9a

    【ワシントン=酒井恒平】防衛省幹部は16日夜(日本時間17日朝)、2018年度予算の概算要求で、陸上配備型の迎撃システム「イージス・アショア」導入に向けた設計費を計上する方針を明らかにした。

    北朝鮮の相次ぐ弾道ミサイル発射を受け日本の迎撃網を強化する。こうした方針を17日の日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)などで米側に伝える。

    宇宙状況を監視するレーダー整備の費用も盛り込む。関連部隊を航空自衛隊に設置する。宇宙関連の部隊創設は初めて。

    中国やロシアが開発に力を入れる最新鋭機ステルス機に対応し、次世代レーダーの開発にも着手する。来年度は196億円を計上する。

    配信2017/8/17 9:49
    日本経済新聞
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H07_X10C17A8000000/

    【【防衛省】陸上配備型の迎撃システム、イージス・アショア導入へ 概算要求 北ミサイル発射受け迎撃網を強化】の続きを読む

    10009624830368976119




    1: KSM WORLD NEWS 2016/12/16(金)09:30:08
    ◆フェイスブックが虚偽ニュース対策を強化 「表現の自由」とのジレンマも
    [産経ニュース 2016.12.16 08:45]


    【ワシントン=小雲規生】米交流サイト大手のフェイスブック(FB)は15日、
    同社のサービス画面に虚偽のニュースや情報が表示されにくくする仕組みを
    立ち上げると発表した。利用者からの報告と専門機関の分析を組み合わせて虚偽か
    否かの判断に生かすほか、投稿に対する利用者の対応なども考慮し、悪質性が極めて
    高い虚偽情報の拡散を抑え込む。ただ、「表現の自由」との間でのジレンマも
    抱えている。

     新しい仕組みでは、利用者が疑わしい内容の投稿を見つけた場合、簡単に
    FBに報告することができる。FBはAP通信など第三者に内容の事実確認を求め、
    虚偽と判定されれば、その投稿には「審議中」との付記がつき、サービス画面に
    表示されにくくなる。

     FBは、数多く閲覧されているにも関わらず、あまり共有されない投稿は読者を
    誤解させる内容である傾向が強いと分析。共有の度合いが極端に低い投稿は話題の
    ニュースのランキングに上がりにくくする。信用度の高いウェブサイトに
    なりすましているサイトへの監視も強化する。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/world/news/161216/wor1612160017-n1.html

    【【KSM】フェイスブックが虚偽ニュース対策を強化 「表現の自由」とのジレンマも[H28/12/16]】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/20(日) 11:57:03.86 _USER
    http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=155545&ph=0

    2016年11月19日、韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備に対する中国側の制裁措置として「韓流禁止令」が中国でしかれていると言われているが、このほど同禁止令がさらに強化されたと中国のポータルサイト・捜狐が伝えている。

    禁止令に関する当局の正式な発表はないが、テレビ各局などは早くも敏感に反応し、韓流タレントの出演シーンにモザイクをかけたり、起用を見合わせるなどの措置がたびたび報じられてきた。

    これに関連して、ネットでは18日に韓流スターを起用したCMの放送を中止するよう当局が求めているとの情報が広がった。ネットの情報によると、当局の関連部門はCCTV(中国中央テレビ)のほか、衛星テレビやネットでテレビ放送を行うサイトなどの責任者に対し、口頭で韓流スターを起用したCMと何らかの韓国の要素が含まれた番組の放送を中止し、韓国関連の宣伝をやめるよう求めているという。

    中国メディアが複数の衛星テレビに取材したところ、「うわさには聞いているが、通知は来ていない」と語っている。

    【【KSM】韓国の宣伝は禁止=中国が韓流禁止令を強化?関連CM放送禁止の情報】の続きを読む

    このページのトップヘ