20171211_2439375

速報【テキサス親父日本事務局】フィリピン・マニラに慰安婦像建立される
 2017/12/11


12月8日 中華系のニュースメディアCGTNによれば、フィリピン政府の主要ビルや日本大使館がある場所に慰安婦像が建立されたと伝えている。そこに書かれている文言に関しては現在、調査中です。

'Comfort women' statue unveiled in the Philippines

https://news.cgtn.com/news/3467444f30637a6333566d54/share_p.html


金曜日にフィリピンの首都マニラで第二次世界大戦中に性奴隷として働く事を強要された1,000人の慰安婦に捧げるための像の除幕式が行われた。
2メートルのブロンズ製の彫刻はスカーフを頭にまとい目を覆い隠している女性を描写している。


この像は、フィリピン政府の主要な省庁や在フィリピン日本大使館などがあるロハス大通りの湾岸遊歩道に建っている。フィリピン国家歴史委員会のレーン・エスカランテ氏は、「慰安婦の皆さんの苦しみを保存するもの」としている。被害者達は今も正義を追いかけている。


ライラ・ピリピナ(フィリピン女性の同盟)は、1990年代始めに元慰安婦であることを申し出た174人を記録している。 その中で数人が現在も生存しているが、正義を追い求めている残る被害者達は少なくなり続けている。

続きはこちらで → http://staff.texas-daddy.com/?eid=533