真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    廃止

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/21(月) 22:20:14.38 _USER
    韓国に帰化する外国人を対象にした韓国語テストがなくなり、社会統合プログラムに集約されます。

    社会統合プログラムは、韓国に帰化する外国人を対象に、韓国語や韓国の文化を体系的に習得できるよう法務部が行っているプログラムで、このプログラムを履修した人については韓国語テストが免除されましたが、今後は韓国語テストをなくし、すべての対象者はこのプログラムを履修しなければなりません。

    21日の閣議で、国籍法施行令の一部改正案が決定、それに基づいた措置です。

    改正案には、韓国語テストをなくすほか、法務部長官が要請する特別帰化対象者の選定について審査するための国籍審議委員会の設置と運用に関する規程も含まれています。

    http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Dm_detail.htm?No=64780&id=Dm

    no title

    【【韓国】帰化申請 韓国語テストは廃止 もう韓国語がわからないという言い訳はできない 】の続きを読む





    【共産党の正体がわかる動画】日本共産党は、二段階革命を目指し、あらゆる手段を講じるて政権を奪取したら、天皇制を廃止し、日米同盟を解消し、自衛隊を解体し、私有財産や基幹産業を社会主義化して、中国と同じく共産党が個人や企業を支配する国家体制を目指し、日本の伝統や文化を破壊するのが目的




    84aa46e1


    1: KSM WORLD NEWS 2017/02/28(火) 15:55:04.25 _USER
    サムスングループ事実上解体 未来戦略室を廃止

    post_17757_1


    【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスンは28日午後、サムスングループのコントロールタワーを担う未来戦略室を廃止し、各系列会社の代表取締役と取締役会を中心とした自主経営を強化すると発表した。グループの社長団会議も廃止するという。

    また、未来戦略室の崔志成(チェ・ジソン)室長(副会長)と張忠基(チャン・チュンギ)次長(社長)ら幹部全員が辞任した。

    mottokorea1210_3

    聯合ニュース 2/28(火) 15:39配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00000056-yonh-kr



    【【韓国】サムスングループ事実上解体 未来戦略室を廃止[02/28]】の続きを読む



    【KSM】日本第一党党首 桜井誠の主張③『朝鮮学校への補助の廃止』しなければならない理由 
    KSM@ニコ動
    KSM1 http://www.nicovideo.jp/user/9270905 
    KSM2 http://www.nicovideo.jp/user/52657039 
    KSM3 http://www.nicovideo.jp/user/58737715 チャンネル増えたよ~
    KSM@dailymotion
    http://www.dailymotion.com/ksm11 
    KSM@YouTube
    https://www.youtube.com/channel/UCImBfjgnF2U5JuMum-UdCDw 
    https://www.youtube.com/channel/UCxt24nsBzYUa-csGHWlER5g 
     真実を追究する KSM WORLD http://ksmworld.blog.jp/

    1 名前:ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/:2016/05/17(火) 20:23:50.36 ID:CAP_USER.net
    韓国国防部の関係者は17日、「(徴兵による)現役兵の志願者が不足するため現役兵志願者を対象にした兵役特例制度を廃止する計画を立てた」と明らかにした。 

    兵役特例制度とは、徴兵検査の結果、現役兵として服務できる基準を満たしているが、国家競争力の向上のため、兵役の代わりに研究機関や産業団体に勤める制度。 

    現役兵志願者を兵役特例要員として割り当てる制度は2023年に廃止するという。 

    現役兵志願に該当する産業技能要員や専門研究要員の選抜規模は今年だけでそれぞれ6000人と2500人に達する。 

    同部関係者は人口減少により23年には2~3万人の現役兵志願者が不足するとしながら、兵役特例要員の募集を20~22年の3年間で段階的に減らしていくと説明した。 

    また、専門研究要員のような理系の兵役特例制度のみ廃止するのではなく、現役代替服務制度を全般的に削減・廃止する方針だという。 

    兵役特例要員に義務警察のような転換服務要員を合わせると、現役兵志願の代替服務要員の選抜規模は今年だけで2万8000人だった。 

    同部はこのほど兵役特例要員削減計画を関連機関に通知したとされる。 

    ただ、人口減少に備え兵役特例要員を含む代替服務要員の削減・廃止計画を発表したのは今回が初めてではない。 

    国防部は2000年代に入ってから何度か同様の計画を公開してきたが、関連機関の反対で実行できなかった。 

    同部関係者は、韓国は2020年代初めから人口の急激な減少が予想されるとした上で、「兵役の志願者が不足することになるため(代替服務要員の削減・廃止は)避けられない」と説明した。 

    ソウル聯合ニュース 2016/05/17 
    http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2016/05/17/0900000000AJP20160517002400882.HT
    【【KSM】兵役特例制度を廃止へ 人口急減に備え=韓国国防部】の続きを読む

    このページのトップヘ