真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    平昌五輪

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/27(土) 06:21:46.15 _USER
    ダウンロード

    平昌冬季オリンピック成功のために日本の積極的な協力必要
    ニュース1 韓国語

    「韓日間の様々な懸案に問題があってもスポーツと観光交流はますます活発に行われなければなりません。」

    「両国がお互いに助け合って2018平昌冬季オリンピックと2020東京オリンピックが成功する美しい歴史が書かれることを望む。」


    韓国と日本の観光業界の主要人物は去る18日、日本,東京のパレスホテルで開かれた『2018平昌冬季オリンピック成功祈願 韓国観光の夕べ』に参加し、このように両国間の円滑な協力を確かめる時間を持った。

    チョン・チャンス(鄭昌洙)韓国観光公社社長は「来年2月には韓国,江原道平昌で、2020年には日本の東京で連続して世界的なスポーツの祭典であるオリンピックが開催される」とし「これを契機に両国の交流が拡大・発展する転機になるものと信じて疑わない」と話した。

    それと共に「孔子が話した『近者説遠者来』のように近くの国々が喜んでこそ遠くの国の観光客が訪れてくる」とし「2018平昌冬季オリンピックがよく開催されるためには日本の協力が必要で、それでこそ近づく2020東京オリンピックも成功するだろう」と話した。

    http://news1.kr/articles/?2998060

    【【韓国】「平昌五輪の成功には日本の協力が必要で、それでこそ東京五輪も成功するだろう」 チョン・チャンス韓国観光公社社長 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/19(水) 11:11:33.24 _USER
    2017年4月18日、韓国で来年開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪まで300日を切り、韓国・中央日報は、 宿泊施設や飲食店、交通事情など現地の観戦客受け入れ態勢についてシリーズ記事で報じた。

    記事が最初に大きな問題として挙げたのが、宿泊施設の不足だ。

    平昌のある江原道(カンウォンド)や大会組織委の推算では、五輪期間中の観客は最大で1日10万4610人、 うち約6割に当たる6万人が現地に宿泊するとみられているが、平昌や近隣の都市・江陵(カンヌン)などの ホテル・コンドミニアムの収容客数はすべて合わせても1万3000人程度。

    残りの4万7000人は江陵などのモーテル・ペンション・民泊に泊まることになるが、それでも必要数には足りない。

    こうした状況を受け、現地では早くも宿代が暴騰している。

    同紙によると、スケート競技などが行われる江陵のモーテル20カ所のうち、すでに五輪期間中の予約を締め切った施設が4カ所あったようだ。

    予約を受け付けている11カ所でも、ある所は「1泊1室25万~40万ウォン(約2万4000~3万8000円)」と通常期の5?8倍もの強気の価格設定、 またある宿は「全室貸し切ってくれる団体の予約を歓迎する」「短期ではなく大会前後の25日間程度が好ましい」といった様子で、個人での予約は難しそうだ。

    スキージャンプなどが行われる山間の横渓(フェンゲ)では事態はより深刻で、 国際オリンピック委員会(IOC)関係者らが宿泊するためリゾートホテルなどの施設はすべて満室、 モーテルなども一般客が部屋を押さえることはすでに不可能に近い。

    そのため宿に泊まることを諦め、韓国の街に多い「チムジルバン」と呼ばれるサウナ施設を宿泊先として探している人もいるそうだ。

    観光経営学の専門家からは「海外の観光客にとんでもなく高い宿泊料を求めれば、江原道に対するイメージが悪くなりかねない。 五輪という特殊性に鑑み、中央政府による適切な指導が必要だ」との指摘が出ている。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは宿泊業者らを批判する声が多数寄せられている。

    コメント欄には「これじゃ誰も来てくれない!国のイメージを下げるために誘致したのか?」
    「盛りも一時だからって、ぼったくりが猛威を振るっているね。まったく後進的な国民性だよ」 「そもそも五輪開催自体が間違いなんだよ。ものすごいお金をかけて、自然を破壊して造った競技場も、五輪後には見向きもされないさ」などの声が並んだ。

    また、「韓国人でさえ行きたくなくなる」「絶対に行くもんか」「海外旅行の方が安い」「江原道に行くのをやめよう」など、 ボイコットを宣言するコメントも目立った。


    2017年4月19日(水) 7時30分
    http://www.recordchina.co.jp/b163311-s0-c30.html

    【【平昌五輪】現地モーテルのぼったくり価格にネットが怒り 通常期の5~8倍もの強気の価格設定[04/19]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/06(木) 12:11:33.21 _USER
    c9fe18d2-s

    2018年平昌五輪のカーリング会場で3月22日、コンクリート床面の全面に亀の甲羅のような亀裂が複数生じているのが確認された。 朝鮮日報(電子版)が報じた。手抜き工事が原因とみられており、地元自治体・江原道が床面を全面撤去して施工し直す計画。

    既存施設を134億ウォン(約13億4000万円)かけて整備したが、再施工にさらに3億~4億ウォン(約3000万~4000万円)の費用が必要で、 五輪支出で苦心する江原道は施工業者に負担させる考えだ。

    韓国では以前から手抜き工事に伴う死亡事故などが頻発し、その度に問題視されるが、教訓が全く生かされていない格好に国民も呆れるばかりだ。
     
    朝鮮日報が報じた写真を見ると、江陵カーリングセンターの縦60メートル、横30メートルのコンクリート床面は パテが埋め込まれているような亀裂が不規則に走っている。

    専門家はコンクリートが氷の荷重に耐えられなかったと指摘し、「当初から不良施工をした疑いがある」と原因を推測していた。
     
    2月に平昌五輪のテスト大会として実施された世界ジュニア選手権で、世界トップレベルにあるカナダの製氷技術者(アイスメーカー)が、 この会場が五輪に適していないという意見を平昌五輪組織委員会に伝えていたと報じられる。

    世界カーリング連盟(WCF)も口頭で組織委に伝えており、朝鮮日報は「事実上『五輪不適合』の判定がなされた状況」と伝えた。

    韓国news1によると、同競技場は1998年に総合体育館として建設。 平昌五輪に向けて床面を整備し、老朽化に伴って生じた漏水に対する防水処理を行ったという。

    五輪後は江陵市が事後管理を担当。総合スポーツ施設などとして利用される方針が決まっている。
     
    複雑な戦略的思考を必要として「氷上のチェス」にたとえられるカーリングでは氷の摩擦力が非常に重要な要素を占める。 水をまいて凍らせてから削るという作業を繰り返し、水平な表面を作り出す。

    五輪などの国際大会で製氷を担当するアイスメーカーはWCFの認定資格を持つ技術者のうち最高位を持つ数人だけとか。それだけ繊細な作業といえる。
     
    高い氷質を決定するには床面の質も密接に関連する。 今回のように、床面に亀裂が生じた場合は冷却装置を通して送られる冷気がひびに入って温度が不均衡となり、 氷も「亀の甲羅」状のようにひびが入る現象が生じる可能性があるという。
     
    五輪を11カ月後に控えた異常事態に江原道は頭を抱え、原因究明する時間よりも、まずは五輪実施に向けた改修が先決と判断。 4月から工事に着手。床面を全面撤去するとともに、設計もし直して8月には工事を終える計画を立てる。


    ※以下ソース元で


    2017.4.6 07:00
    http://www.sankei.com/premium/news/170401/prm1704010011-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170401/prm1704010011-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/170401/prm1704010011-n3.html


    【【平昌五輪】「手抜き工事」でカーリング会場の床に亀裂 「五輪不適合」で全面再施工[04/06] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/14(火) 20:06:31.87 _USER
    【ソウル聯合ニュース】来韓中の国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は14日、韓国で来年開催される平昌冬季五輪が最近の韓国の政治的対立を解消する良い機会になるとの見解を示した。韓国体育大から名誉博士号を授与された後、韓国の政治環境の変化に関する報道陣の質問に答えた。

    http://img.yonhapnews.co.kr/photo/yna/YH/2017/03/14/PYH2017031427660001300_P2.jpgno title

    韓国体育大で開かれた名誉博士号授与式であいさつするバッハ氏=14日、ソウル(聯合ニュース)

     バッハ氏は「平昌五輪を通じ韓国人は一つになり、再び韓国を誇りに思うことができるだろう」と述べた。

     また、韓国の国民、国会、政府の平昌五輪に対する支持に謝意を示し、「このような支持は政治的見解の違いを超える」と語った。

     昨年9月以来、6カ月ぶりに来韓したバッハ氏は平昌五輪の準備状況について「非常に素晴らしい発展があった」と評価した。

    http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/03/14/0200000000AJP20170314004100882.HTML

    【【韓国】IOC会長「平昌五輪を通じ韓国人は一つになり、再び韓国を誇りに思うことができるだろう」[3/14]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/03(金) 01:01:41.05 _USER
    2017年2月28日、韓国・聯合ニュースによると、世界最大規模の携帯通信見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2017」を舞台に韓国政府が平昌(ピョンチャン)冬季五輪でお披露目する先端情報通信技術(ICT)の宣伝を図るも、残念な結果に終わった。

    hiramasa

    韓国・未来創造科学部はMWC初日の27日、スペイン・バルセロナの会場に105平方メートル規模の平昌五輪広報展示館をオープンした。

    規模では一般のグローバル企業にも引けを取らないものの、観覧客が楽しめるコンテンツはVR(仮想現実)動画、AR(拡張現実)グラフィック、3D中継の試演の三つのみ。VR動画の中身も、平昌上空からの単調な風景の連続で五輪との関連性はほぼなし。

    ARグラフィックはさらに「お粗末」で、ARゴーグルをかけると元フィギュアスケート選手のキム・ヨナのグラフィックが現れるが、空中で親指と人差し指をぶつける動作によりグラフィックの形を変える以外のコンテンツはない。さらに、これらの技術が五輪でどのように使われるか、具体的な活用法の説明も十分に行われていなかった。

    一方、平昌五輪のテレビ中継で使用するというウルトラワイドビジョンのコーナーではK-POPのプロモーションビデオが一日中流され、展示館周辺にはK-POPの歌声だけが響いていた。

    こうした残念な仕上がりの要因は、まず予算不足にあるという。同部は展示空間に予算を使い過ぎしまい、コンテンツの充実を図れなかったと説明する。そしてもう一つの要因は企画力不足。他の展示館では最新のグローバルICTのトレンドをさまざまな技法で公開していたのに対し、平昌五輪展示館では同様の洞察力や深さがみられなかった。

    結果、すぐ隣の台湾企業の展示館には朝早くから押し寄せた観客の声があふれていたのに対し、平昌展示館は終始閑散、記者が見守った20分ほどの間、一人の客も訪れなかったという。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

    「K-POPは東南アジアでは受け入れられるかもしれないけど…」

    「五輪でK-POPはもうやめよう」

    「五輪の開会式にK-POPアイドルが出るなんてことになったら、本当に恥ずかしくて見られない」とK-POPに否定的なコメントや、

    「あまりにも能力のない政府。無意味な広報の醜態を世界に見せている」

    「現政権のマインドは70年代でダサい」

    「平昌ということは、これも崔順実(チェ・スンシル)と朴槿恵(パク・クネ)の作品でしょ」と大統領や政府を非難するコメントが多く寄せられている。その他にも、

    「今後、韓国で国際大会を開くとなったら何が何でも反対する」

    「一生懸命準備してきた選手には申し訳ないけど、国がこんな状態なのになぜ五輪を開催するのか疑問」と、五輪開催自体に疑問を投じるコメントも寄せられた。(翻訳・編集/松村)

    https://news.nifty.com/article/world/china/12181-171045/

    【【韓国】平昌五輪、国際見本市で「K-POPを流すだけ」の残念な宣伝=韓国ネット「開会式にアイドルが出たらどうしよう」[3/03] 】の続きを読む

    このページのトップヘ