真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    平井文夫

    nakatani_abe_aso_ussreagan

    平井文夫「国のリーダーって若手に出来る?頼りない人に」 パックン「外国では任期が決まってて定期的に交代する」 平「安倍さんはまだ5年。米国大統領は8年、英10年、独12年。
    どんな能力があるかわからない人に明日から総理やれって言える?今までそれで失敗してる。日本国民はバカじゃない
    【平井文夫「安倍さんはまだ5年。どんな能力があるかわからない人に明日から総理やれって言える?今までそれで失敗してる。日本国民はバカじゃない」】の続きを読む

    bunshokanri-1

    麻生大臣『TPPより森友』について
    平井文夫『何で謝罪するの?』『もしメディアがTPPより森友の方が重大と考えてるならレベルが低い』『洪水の様な森友報道に比べればTPPの報道はゼロに等しい』『図星をさされてメディアは逆上して怒ってる』『メディアに喧嘩を売り続ける麻生さん僕は好き』 平井節😁

    DHqyjUPVwAIW-cH

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/03(日) 16:59:06.69 _USER
    ブルー
    @blue_kbx

    【圧力】

    平井文夫「北のミサイルが怖いから対話しましょうってのは、金正恩の思う壺。喧嘩する時は相手の喜ぶ事をしてはいけない。相手の嫌がる事、つまり軍事的圧力、経済的圧力を加えて北が嫌々出てくるぐらいにしないと。北が喜んで出てくる様な状況を作るのは負け」

    https://twitter.com/blue_kbx/status/904158260847972352




      【【正論】フジTV解説副委員長、平井文夫「ミサイルが怖いから対話では金正恩の思う壺。圧力で嫌々出てくるようにしないと負け」[09/03]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/19(土) 20:41:30.38 _USER
    y2qZOMTB

    ・国際法は個人請求権を認めず
    ・日韓の戦後賠償は決着済み
    ・韓国は国際司法裁判所の決定にも従わず

    韓国の文在寅大統領が日本統治時代の徴用工の問題について個人請求権は消滅していないと発言。

    そもそも、国際法は戦後賠償における個人請求権は認めていない。まずこの時点で、文在寅大統領が言っていることは大嘘だ。日韓は65年の国交正常化で、日本側は3000億円を国家賠償し決着した。

    その後、文在寅大統領が以前秘書をしていた廬武鉉大統領はそれをひっくり返したが、その廬武鉉大統領でさえ、徴用工についてだけは「個人請求権を認めない」と明言している。それなのに何故今頃になって文在寅大統領がこういう発言をするのかさっぱりわからない。

    文在寅大統領は数日前に「これは国際的な常識だ」と言っている。実はドイツがギリシャから同じように「国際常識」と言われたことがあるが、ドイツは国際司法裁判所で勝っている。ドイツは個人請求権を否定した上で、あくまで、ドイツの企業が「和解」という形でギリシャの人々に補償をしている。賠償ではない。

    しかし韓国は国際司法裁判所の言うことは聞かないと宣言している。日本は国際司法裁判所に訴えて、勝って、その上で和解をしたいと思っているが、韓国側はそれに応じないので、日本はそれも出来ない。

    文在寅大統領は、おそらくそれを分かっていての発言なので本当にひどい奴だ。相手にしてはいけない。

    彼は支持率が70%以上を誇っている。反日を武器に国民が喜んでいる。

    韓国では、徴用工問題については『軍艦島』という映画を作ったが、これも歴史的嘘ばっかりを並べている。また、最近では慰安婦バスというのを走らせたり、官民あげて反日をネタにして、お金儲けをしたり支持率を上げたりしようとしている。

    文在寅大統領のおかしいところは「過去の歴史が日韓関係の発展の障害になってはいけない」とも発言。自分が障害になるようなことを言っておきながら、一方でそういうことを言う。

    約束を守らない人たちとどうやって関係を発展させられるのか。どうやって未来志向で付きあえるのか。

    実際に彼は日本企業の資産の差し押さえなどはできないだろう。おそらく口だけで言って、人気取りをしているのではないか。

    https://www.houdoukyoku.jp/posts/16788

    【【日韓】”嘘つき文在寅”は相手にするな!なぜ韓国とは未来志向で付きあえないのか、フジテレビ平井文夫解説委員の解説[8/19]】の続きを読む

    このページのトップヘ