真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    巡航ミサイル

    37-PM-864x400_c

    立民・枝野幸男代表が巡航ミサイル導入は「過剰」と主張 通常国会で追及へ でも、オメーは革マルの火炎瓶やゲバ棒や爆弾テロは許しちゃうんだろ?www 俺知ってるwww

    カミカゼじゃあのwww
    青林堂
    2018-01-18

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/09(土) 11:52:57.88 _USER9
    maxresdefault

     北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返す中、防衛省は、戦闘機に搭載する射程が500キロを超える巡航ミサイルを導入する方針を固めた。

     防衛省は今月下旬に決定する来年度予算案に、最大射程が約500キロの巡航ミサイルの購入費用のほか、最大射程が約900キロの巡航ミサイル「JASSM-ER」の導入に向けて、自衛隊のF15戦闘機を改修する経費などを盛り込む方針を固めた。

     官邸関係者は「抑止力になるので敵基地攻撃能力は、あった方がいい」と語っている。これに対して、野党からは反発の声も上がっている。

     立憲民主党・長妻代表代行
    「自衛隊としては、敵基地攻撃能力は持たないと、こういうことを国会で繰り返し答弁してきた」「こういうこそくな形で日本の防衛政策を進めては国益に反すると」


     希望の党・玉木代表
    「日本の安全保障の方針を大きく変えることにもつながりますから、なぜ今までこういったことを説明せずに予算編成過程の中で、隠していて、いきなり出してくるようなことをするのか」


     これに対して防衛省は「あくまでも尖閣諸島など島しょ防衛のためのものだ」と説明する考え。また、菅官房長官は「専守防衛の考えには変更がない」と強調している。

    全文はソースで、12月6日 日テレ
    http://www.news24.jp/articles/2017/12/06/04379764.html
    より沢山の政治記事をお探しの方は「政治ニュース+」板へどうぞ
    http://fate.2ch.net/seijinewsplus/

    【【北朝鮮問題】日本政府の巡航ミサイル導入で野党反発 希望の党玉木代表「なぜ今まで説明せずいきなり予算編成で出してくるのか」 】の続きを読む

    このページのトップヘ