真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    山城博治

    K5fiop_9

    犯罪を犯し2年と6か月を求刑されている山城博治氏、彼と仲間たちは事あるたびに「非暴力」を標榜しヘイワなんたらで受賞までしていますが、これが非暴力に見えるでしょうか? マスコミが国民に伝えない平和運動の現場の事実がこれです。

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/21(木)13:28:12 ID:???
    o0406030313776407727

    ◎記事元ソース名/「問うべきは沖縄差別」 山城議長、公判の不当性主張

    2017年12月21日 06:00
     沖縄県名護市辺野古の新基地建設や東村高江の米軍北部訓練場ヘリコプター発着場建設に対する抗議活動を巡り、威力業務妨害や公務執行妨害・傷害などの罪に問われた沖縄平和運動センターの山城博治議長(65)ら3人の公判が20日、那覇地裁(柴田寿宏裁判長)であった。

    弁護側は最終弁論で今回の訴追は運動弾圧に当たるとして裁判で問う不当性を主張した。
    最後に山城議長は「問われるべきは政府の差別的沖縄政策だ」と意見を述べ、結審した。判決は来年3月14日に言い渡される。

     弁護側は薩摩侵攻や琉球処分、沖縄戦、戦後など沖縄の歴史を列挙し「事件の本質は沖縄差別や基地負担の現実にある」と指摘した。その上で「憲法を踏みにじる日米両政府の姿を直視し憲法の理念に基づく判決を願う」と求めた。

     資材搬入を止めるためのブロックを積み上げ行為について、威力業務妨害を適用することは「表現の自由を侵害し違憲だ」などと主張し、器物損壊を除く各事案で無罪を訴えた.。

    d8d40e906a089e9898cc2a6da870de28


     検察側は4日の論告求刑公判で「主義主張を、違法な手段で実現しようとした。正当化できない」などとして、山城議長に懲役2年6月を求刑した。

     起訴状によると、山城議長は2016年1月に名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ工事用ゲート前でブロックを積み上げ、資材搬入の業務を妨害したとされる。

    (以下略)

    琉球新報/12月21日
    https://ryukyushimpo.jp/news/entry-634715.html

    【【琉球新報】威力業務妨害や公務執行妨害・傷害などの罪に問われた山城博治の弁護側「事件の本質は沖縄差別や基地負担の現実にある」」】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/17(土) 14:27:26.25 BE:886559449-PLT(21000) ポイント特典
    現在、ここジュネーブは朝の6時。
    今回、ジュネーブでの国連人権理事会では、

    1. 藤井 実彦氏の慰安婦問題についての発言
    2. 我那覇真子氏の沖縄問題、邪魔しろ博治へのカウンター発言
    3. 山下 英次 大阪市立大学名誉教授のデイヴィット?カイ氏へのカウンター発言

    この3つを成功させることが、私のミッションでした。3つとも、滞りなく完璧にこなすことができました????

    さらに邪魔しろ博治の国連内での「被害者になりすますためのサイドイベント」での目論見をバッチリ阻止することができました。

    そしてそのサイドイベントでの嘘をその会場で暴露することができました。邪魔しろ博治やそのサポートを
    しにわざわざ日本からやって来た人たちには、完全に逆効果になったと思います。
    サイドイベントには、沖縄タイムスの記者まで登壇する有様。しかし、沖縄タイムスはフェイクニュースであることも、
    私が、会場できっちり聴衆に伝えました。

    琉球新報の記者も、客席に来て質疑応答の時間に、主催者に質問をしていましたが、その質問内容に
    全くとりとめがなく、何を言っているのかも分からない状態で、司会者に質問を遮られると言う「大失態」を演じてくれて、自爆してくれました。
    国連を利用し、日本を貶めるようとする左翼勢力は、過去35年以上にわたり、国連で好き勝手、嘘吐き放題やって
    きましたが、我々が2014年に国連に行き始めて依頼は、これまでの様な捏造、嘘吐き放題の彼らの独壇場ではないことを悟るべきでしょう。
    国連の特別報告者であるデイヴィット?カイ氏や「邪魔しろ博治」に同情していた参加者らに、「邪魔しろ博治」の暴力の動画を見せました。

    その後に、「邪魔しろ博治」のサイドイベントで、「邪魔しろ博治」を擁護するために登壇者として参加していたデイヴィット?カイ氏は、完全にトーンダウン。

    会場から質問されても、一般論しかせず、「私は沖縄に行っていないので、質問に答える立場にない」と言い、自分の中立性を訴えるだけになりました。
    デイヴィット氏は、「なんかやばいところに足を突っ込んでしまったな」と思っている事でしょう。
    彼は、きっちりと話せば、理解できる人物のようだと思いますので、これからもhttps://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=481571395518388&id=100009965956299

    【【祝】 山城博治率いる沖縄パヨク、弾圧を国連で訴え → 逆に全世界に山城らの暴力と嘘が広まる結果に】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/03(水) 20:37:35.38 _USER
    o0640036013892030884

    憲法施行70年 護憲派集会にピーコ氏の姿も 「ひどい草案つくる人の改憲許せない!」 蓮舫、志位…「反安倍」オールスターの様相に
    2017.5.3 19:55

     憲法記念日の3日、護憲派が東京・有明防災公園で開いた「施行70年 いいね! 日本国憲法-平和といのちと人権を! 5・3憲法集会」は、さながら憲法改正発議を目指す安倍晋三政権への大批判大会の様相を呈した。

     各地の労働組合や護憲派の市民団体「九条の会」ののぼりが揺れる会場で、まずあいさつに立ったのは、ファッション評論家のピーコ氏だ。

     ピーコ氏は、自民党が平成24年にまとめた憲法改正草案の不備を指摘する著書を出版すると言及したうえで、「(自民党草案には)戦争放棄の文言はあるが、現行憲法にある『永久に(これを放棄する)』が抜けている。戦争しないということではないのだろう」と独自の見解を披露。「あまりにひどい草案をつくる人が憲法改正をするのは許せない」と声を張り上げた。

     集会で注目を集めたのは、次期衆院選で共闘する民進、共産、自由、社民の4野党の党首クラスによるそろい踏みだ。

     民進党の蓮舫代表は3日発表した談話で「時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想していく」と記し、改憲そのものを否定しなかったはずだ。

     しかし集会では、甲高い声で「安倍首相は憲法を変えるというが、口を開くたびに、どこを変えるのかを変えてくる。総理の、総理による、総理のための憲法改悪には、絶対に反対しないといけない!」と強調。安倍政権下の改憲の動きを、わざわざ「改悪」と批判した。

    http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170503/plt17050319550040-n1.html

    【【話題】蓮舫、志位、山城博治、韓国デモ隊リーダーらが東京で集会 憲法守れと訴え 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/19(日) 23:21:13.84 _USER
    ■犯罪行為を「表現の自由」「政治的表現としての抵抗」擁護する姿勢見せた沖縄紙に強い批判

    41a92_hqdefault


    3月18日に約5ヶ月の勾留から保釈された沖縄平和運動センターの議長に関連した記事の中で、沖縄紙がまるで違法行為を容認するかの如き主張を展開しているとして批判を浴びています。

    話題になっているのは琉球新報が3月18日の社説で、沖縄平和運動センターの山城博治議長の公判について触れた中で、那覇地裁に対し「歴史的、構造的な背景に目を向け、起訴事実の認定や量刑を斟酌すべき」だとして「憲法が保障する『表現の自由』を最大限、配慮してしかるべきだ」との観点からこう主張している点です。

    d8d40e906a089e9898cc2a6da870de28

    「有刺鉄線を切る、ゲート前にブロックを積むなどの外形的事実のみに着目して起訴事実を認定しては「表現の自由」に基づく市民の抗議行動をも萎縮させることになりかねない。」

    有刺鉄線を切ったり、ゲート前にブロックを積むといった行為を「表現の自由だ」として擁護していると受け止められたことから琉球新報の社説に対しては驚きと共に批判の声が相次いでいます。

    しかし、こうした論調はもう一紙である沖縄タイムスでも見られていました。同じ3月18日の社説で山城議長の保釈を認めるよう求めた社説の中で、沖縄タイムスも有刺鉄線を切断した器物損壊を「政治的表現として抵抗権を行使したのである」とこちらも擁護するスタンスを示しているのです。

    「政治的表現の自由は民主主義の中でも重要な権利である。選挙で繰り返し示した辺野古新基地反対の民意が無視される中、政治的表現として抵抗権を行使したのである。」

    こうした風潮に対し保守的な論調で知られる八重山日報はコラムでこのように警鐘を鳴らしています。

    「彼は刑法犯として起訴されているのであり、問題は犯罪があったかどうかという事実の検証であるべきだ」「反基地運動さえ絡めば、多少の罪は許されるといった風潮が存在するように感じる。それは法律論ではなく感情論だ」

    八重山日報は4月に沖縄本島での朝刊配達に向けて準備が進められており、支援者が積極的に告知に努めていますが、沖縄における言論環境の問題点が今回の件でも浮き彫りになったと言え、八重山日報への期待がまた高まりそうです。沖縄の2紙に対しては批判のコメントが相次いでいます。

    「法を犯してるって意識が欠落してるんだなこの新聞社は」
    「犯罪行為を擁護するとか沖縄の新聞は狂ってる」
    「犯罪じゃねーか。社説で擁護すんのかよ琉球新報は」
    「琉球新報は犯罪を容認し推奨する組織ってことか」
    「違法行為が表現の自由の延長線上にあるだと。笑える」
    「あまりにもひどい記事。これは許されるのか?」
    「無茶苦茶な社説。表現の自由を履き違えている」
    「マジキチ。こんな屁理屈が社説になるとか大丈夫か沖縄?」
    「沖縄県民、こんなことだと無法地帯だと思われちゃうよ?」
    「表現の自由に配慮して犯罪を容認しろってか頭おかC」
    「こんなの中学生だって納得しないだろ」
    http://www.buzznews.jp/?p=2107062

    【【国内】平和活動家?・山城博治の犯罪行為を沖縄2紙が擁護 琉球新報「表現の自由だ」沖縄タイムス「抵抗権を行使である」 】の続きを読む

    このページのトップヘ