真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    山口敬之

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/30(火) 08:54:32.59 0
    97b775108c4a402294449a5aa3d0cb6d


    元TBSワシントン支局長を性犯罪被害で告発した女性が顔を隠さずに会見

     安倍晋三首相を密着リポートした著書などで知られる元TBSワシントン支局長のジャーナリスト・山口敬之氏(51) から性犯罪を受けたとして告発した女性が29日、司法記者クラブで記者会見を行った。

     女性は海外でジャーナリスト活動をしている詩織さん(28)=姓は非公表=。 山口氏が、不起訴処分になったことを受け、29日付で東京検察審査会に不服申し立てをしたことを明らかにした。

     詩織さんは、2015年4月4日に山口氏に都内のホテルに連れ込まれ、性犯罪被害に遭ったと主張している。 顔を隠さずに会見し「性犯罪の被害者を取り巻いている法的・社会的状況が、被害者にとって、どれほど不利に働くものなのかを痛感しました。 今回、こうしてお話しさせていただこうと決意したのは、そうした状況を少しでも変えていきたいと強く思ったからです」と話し、時折声を詰まらせながら経緯を説明した。

     詩織さんの説明によると、山口氏と知り合ったのは13年秋。
    詩織さんがニューヨークにある大学でジャーナリズムなどを勉強するため留学していたときだった。 卒業後の15年4月3日、山口氏の誘いで日本で会うことになり、東京・恵比寿の串焼き店で初めて2人だけで会った。 飲食後に2軒目のすし店に入って1時間ほどしてからトイレで記憶がなくなった。 翌朝午前5時ごろ、ホテルのベッドで目が覚めると、裸にされており、山口氏が体の上にまたがっていたという。

     同9日に詩織さんは警察に相談し、30日に告訴状が受理された。
    6月4日に山口氏が日本に帰国するタイミングで、成田空港で逮捕するとの連絡が警察から入り、 詩織さんは滞在先のドイツから帰国。だが、捜査員から山口氏を逮捕できなかったとの連絡が入ったという。 山口氏は8月26日に書類送検されたが、16年7月22日付で不起訴処分になった、としている。

     詩織さんは不起訴処分となったことに納得できず「私の知り得ない上のパワーがあったと思っています」と話している。 また「今国会において共謀罪の審議が優先が優先され、先送りになっている強姦罪の改正案がきちんと取りあげられるべき」と主張した。

    http://www.hochi.co.jp/topics/20170529-OHT1T50146.html

    【山口敬之に強姦されたと言い張る女、「共謀罪の審議止めろ」などと訳のわからない主張をするwww】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/12(金) 13:30:35.37 _USER9
    【週刊新潮の記事について】
    no title

    今週号の週刊新潮に私に関する記事が掲載された事について、まずは平素よりたくさんのご支援ご指導をいただいているフェイスブック上の知人の皆様に、
    私の見解と対処方針をしっかりお伝えしたいと考えています。事柄の性質上、ジャーナリストとしての活動とは離れた個人的な内容が多くなりますので、
    ご興味の無い方はスキップして下さい。

    ??最初に下記3点を明確にします
    ・私は法に触れる事は一切していない。
    ・当局の厳正な調査の結果、違法な行為がなかったという最終的な結論が出ている。
    ・この過程において、私は逮捕も起訴もされていない。
    (今回に限らず、私は今まで一度も逮捕や起訴をされたことはありません)

    繰り返しますが、私は一切法に触れることをしておりません。もし記事中にあるように、
    私が「デートレイプドラッグ」なる薬物を使用したり、盗撮したり、レイプしたのであれば、
    日本の優秀な捜査機関や司法機関が見落とすはずはありません。

    私はパソコン、タブレット、携帯端末を含むあらゆる証拠となるものを当局に提供し、
    全面的に調査に協力した結果、犯罪行為がなかったという結論が最終的に出ているわけです。
    もし、身に覚えがない被害届を出されたとしたら、全ての人物は私と同じ対応をするしかなかったと思います。

    犯罪行為がなかったという最終的な結論が一年ほど前に出た後も、
    当該人物側がこの話をスキャンダルとして各種メディアに売り込もうとしていたことは察知していました。

    しかし私としてはやましいことは一切ないので、
    本を出版したりテレビに出演したりしてジャーナリストとしての活動を続けてきました。
    私が会社を辞め、言論活動を本格的に開始した後に、今回の記事が出たのはなぜなのか、理解に苦しんでいます。
    いずれにいたしましても、今回の記事は私の社会生活に深刻なダメージを与えるものですので、
    法的措置を含め断固たる対応を検討していきます。

    ??逮捕状について
    記事では何か政治的な力が働いて逮捕状が握りつぶされたかのような内容になっていますが、
    逮捕状について私が誰かに何かを頼む事そのものが全く不可能であった事は火を見るより明らかですので、時系列でご説明させて下さい。

    (なお記事中では逮捕状が出ていたと断定して書かれていますが、私はそれが事実かどうか現在でも知るすべがありません。
    当局の方には逮捕状を示されたことも、逮捕状について言及されたこともありません。全ての調査は任意で行われました。)

    私は、TBSワシントン支局長を務めていた2015年3月、週刊文春に「ベトナム戦争当時の韓国軍慰安所」に関する寄稿をしました。
    これについて4月下旬に会社から処分を受け、ワシントン支局長を解任され営業局へと異動するよう命じられました。
    週刊新潮の記事中にある「6月8日の山口の成田空港への帰国」とは、私が異動先の営業局での勤務を開始するために帰国した日の事を指しています。
    記事では私の成田到着直前に、逮捕状が握りつぶされたと書かれています。

    しかし、この帰国の際、当たり前ですが、私は自分が当局の調査の対象になっている事は全く知らず、ごく普通に成田空港に到着し、
    出迎えに来てくれていた会社の元上司と都心に向かったのを覚えています。

    その後、6月中旬だったと思いますが、警視庁の方が私の家においでになり、そこで初めて被害届が出されている事を知りました。
    来訪された2名の警視庁の方は大変丁寧で、任意の調査に協力してほしいと言われました。やましい事は一切なかった私は、
    全面的に応じる旨お伝えして全ての調査がスタートしたのです。

    要するに、6月8日の帰国段階で私は、当該案件について逮捕状はおろか、被害届が出されている事も内偵調査が行われている事も全く知りませんでした。
    出ているかどうか知りもしない逮捕状を握りつぶすために何かアクションを起こす事は誰にもできません。
    ??今回の渡米について、
     今回私は5月1日の北米でのフォーラムを皮切りに海外取材を続けています。北朝鮮情勢についてアメリカなど各国の対応を取材するほか、
    日米関係について専門家や外交担当者に面会して所見をうかがっています。
    その最中の5月6日未明、週刊新潮の記者の方から携帯電話とメールに連絡があり、質問状をいただきました。
    これにより初めて週刊新潮さんが私の記事を掲載予定だと知りました。ですから、週刊新潮に都合が悪い記事が出るから海外に逃げたなどという指摘は、全く事実と異なります。

    続きはソース元で
    https://www.facebook.com/noriyuki.yamaguchi/posts/1338167202929230

    【【疑惑】ジャーナリスト山口敬之氏が完全否定声明「私は今まで一度も逮捕や起訴をされたことはありません」「法的措置を含め検討」 】の続きを読む

    1: アイアンクロー(愛媛県)@無断転載は禁止 [EU] 2017/04/01(土) 23:20:46.89 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    報道特注(右)【森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP】足立議員 和田議員 山口敬之緊急参戦

    「報道特注(右)」森友学園のウラ 辻元疑惑追及SP 投稿者 ksm11



    森友学園寄付振込受領証の裏には何が?国会議員とジャーナリストがネット番組で語った「推理」

    4月1日に動画が公開された「報道特注」の中で、参議院議員の和田政宗氏とジャーナリストの山口敬之氏が森友学園の振込受領証を巡っての興味深い指摘を披露しています。

    番組には和田政宗議員の他、日本維新の会・足立康史議員も出演しており森友学園問題を論じていますが、
    安倍首相からの100万円寄付とされる額を森友学園側が振り込んだとして公開されている受領証の筆跡から必見と言えるやりとりが交わされていました。

    約30分弱の動画では10:25くらいから筆跡鑑定の話が始まると15:10には偽証の可能性が高いのではないかとの考えが呈され、17:50から裏事情はこうであったのではないかとの推理が語られます。

    山口「なんで籠池諄子さんが郵便局にいたらまずいのか?という彼らのモチベーションがわからないとカラクリが描けないんですよね。
    僕が思ったのはこれもう本邦初公開ですが、籠池諄子さんは2015年の9月7日に安倍晋三という名前の付いた振替受領書が欲しくて(郵便局に)行った。
    だけどこれは通るハズがない。嘘だから。本当に昭恵さんが渡していたんだったら左側の取扱票にも安倍晋三って書けばいいじゃないですから。
    並べて書いたら受けてもらえるんだから。それは虚偽だから。要するに昭恵さんは渡してない。虚偽だから郵便局側に残る書類については本当のことを書くしかないと思った。」

    (「推理」のキーポイントが語られた18:45~21:25までは動画で)

    更に山口氏が語った「見立て」に和田議員も同意した上、現在それを裏付ける証拠を入手出来そうだ、とまで語っているのです。

    山口「僕が描いてる絵はこれです」

    (続く)

    【【動画】足立康史・和田政宗・山口敬之が集結! 籠池偽証罪の進捗や辻元報道統制の裏側を暴露 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/18(土) 11:03:38.76 _USER9
    234 (2)

    「安倍さん、さっき言ってたけど、“証人喚問になってよかったよ“と。ここまで来たら公明正大に、お互い正直に言うからと。 (19日からの訪欧で)非常に難しい交渉があるから、頭の中はそれでいっぱいで、あんまり興味がないようだった。籠池さんとは全く面識がないので、よく知らなかったらしい」。

    17日夜、元TBSワシントン支局長で、昨年出版した『総理』がベストセラーになった山口敬之氏が『AbemaPrime』に出演、直前に森友学園問題について安倍総理と電話で話した内容を明らかにした。

    「“安倍総理からです“と昭恵夫人から100万円をもらった」。

    きのう、森友学園の籠池理事長が明かしたこの爆弾発言。
    午後の衆院外務委員会で安倍総理は「一方的に名前が出され、私は大変当惑をいたしております。私自身、かねてから国会で答弁をしている通り、 籠池氏とはですね、一対一などでお目にかかったことはなく、これは、何回も答弁をしている通りでありまして、個人的な関係はないわけでございます。 そうした方に、これだけ価格の寄付を私自身が行うということは、これ、あり得ない話でございまして。また妻や事務所など、第三者を通じても行ってはおりません」と反論した。

    山口氏は「普通の口利きや贈収賄事件は、政治家がお金を取るもの。今回のように、“もらった“という人が安倍さんを貶めようとしているのは珍しい構造だ。 もし寄付したとしても選挙区外であれば構わないし、“あげました“と言えば済む話。 土地取引に介入したとしたら総理も議員も辞めると言ったが、寄付については言及していない。 それに、なんで籠池さんがこのタイミングで言うのかもピンとこない。不思議な事案だ」と首をかしげる。

    「安倍さんという人は、大盤振る舞いはせず、基本的には“割り勘“の人。一緒に食事に行ってもゴルフに行っても完全に割り勘だし、ポンとお金を出す人ではない。特に総理になってからはそういうことはされていないはず。

    昭恵さんも総理夫人になってからはポケットマネーを出すことには慎重。海外で学校を建てる時も、少しずつみんなで浄財あつめよう、とか」と証言。

    籠池さんは、安倍さんの許可なく寄付金を集めたり学校を建設していたようだ。推測でしかないが、籠池さんがもしウソをついていると仮定したら、“安倍さんから寄付金もらったんだ“という話は、他での寄付金集めや行政への働きかけの際にメリットがある」と指摘した。

    同じく今日の衆院外務委員会で民進党の福島伸享議員は「先ほどYahoo!ニュースで、最近話題が沸騰している著述家の菅野さんという人が、物証の現物を入手したという報道が流れています。 

    昭恵さんが講演した2日後に、淀川新北の郵便局から100万円を学校法人森友学園に振り込んでいて、その森友学園の入金元のところは修正液で消されていて、そこには“安倍晋三“って書かれてるっていうのが載ってるんですよ」と畳み掛けた。

    >>2へ続く
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00010024-abema-pol

    【【森友学園】「安倍総理は証人喚問になってよかったよと言った」「100万円は森友学園内の処理だったのでは」ジャーナリスト山口氏が激白 】の続きを読む

    このページのトップヘ