真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    小池百合子

    w1TFxw3T

    東京都の小池百合子知事は11日の定例会見で、2020年の東京五輪・パラリンピックを踏まえ、
    LGBT(性的マイノリティ)差別とヘイトスピーチ抑止を目指す条例(人権条例)を制定する方針を明らかにした。都によると、LGBTに焦点を当てた条例は、都道府県では初という。
    【【小池百合子は反日パヨクww】東京都がLGBT差別とヘイトスピーチ防止へ「人権条例」制定へ】の続きを読む

    C_HeCHsVwAAztHA
    『自分の不始末を都民のせいにする 都知事の突然の方針変更 それによってご迷惑を掛けた先には 知事自らが直接、誠心誠意謝罪するのが筋では? 都民のせいってとんでもない知事だよ そして、撤退して戴くならば これまで掛かった経費は補償するのが当たり前では? 【小池東京都知事が 豊洲移転遅れの責任を問われ「都民が私を選んだ。都民のせい」と発言】の続きを読む

    DbwNwyBVwAEiKpJ
    桜井誠 @ 2018/4/30_9:00パヨク新党・希望の党の分裂に小池百合子が「皆さんうんざりされているのでは。何を目的に選挙を戦ったのか。残念です」と発言。いや、そもそも君が希望の党を作って、君のせいで希望の党が壊滅したのだから…本当に愚かな女です。 【桜井誠『小池百合子が「皆さんうんざりされているのでは。何を目的に選挙を戦ったのか。残念です」と発言。』】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/28(土)12:01:58 ID:???
    wst1502110035-p1

     産経新聞によると、自民党の萩生田光一幹事長代行は自身のブログで、「小池代表に責任転嫁する姿は卑しいとしか言いようがない」と、希望の党で出馬した民進党出身者たちが選挙後、小池都知事をバッシングしていることを批判したという。

     はぎうだ光一の永田町見聞録によると、萩生田光一幹事長代行は、「他党の事でコメントはすべきではないかもしれませんが、」と前置きした上で、

    「希望の党では小池代表の責任論で大騒ぎが続いています。確かに排除発言などの物言いが党の勢いを削ぐ一面もあったかもしれませんが、私たち10年以上一緒に仕事をした都連の仲間は、小池さんの一連の振る舞いに誰も驚いていません。

    それよりも、小池人気にあやかって政策も手のひら返しで駆け込んだ人たちが小池代表に責任転嫁する姿は卑しいとしか言いようがありません。

    選挙は勝てば皆様のお陰、負ければ全て自己責任です。その志や覚悟が無い者が風頼みで政策を変え、選挙区を替わって政治家になる事が日本の政治を劣化させていると思います。」
     と述べた。(全文は「■はぎうだ光一の永田町見聞録」で。)

     萩生田は、都知事には都政にまい進していただくことを望むと締めくくっている。

     詳細と続きは産経新聞と、「■はぎうだ光一の永田町見聞録」で。


    >小池百合子代表に責任転嫁の民進出身者らを「卑しいとしか言いようがない」とブログで批判、自民・萩生田光一幹事長代行
    2017.10.27 23:49 産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/171027/plt1710270041-n1.html

    >■はぎうだ光一の永田町見聞録 http://blog.livedoor.jp/hagiuda1/
    >■決意も新たに 2017年10月27日
    http://blog.livedoor.jp/hagiuda1/archives/52267740.html

    【【政治】小池百合子代表に責任転嫁の民進出身者らを「卑しいとしか言いようがない」とブログで批判、自民・萩生田光一幹事長代行 [H29/10/27]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/22(日) 22:04:12.25 _USER9
    o-KOIZUMI-570

    産経ニュース2017.10.22 21:52更新
    http://www.sankei.com/politics/news/171022/plt1710220185-n1.html

    自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長は22日夜、日本テレビ番組に出演し、同日投開票の衆院選で自民党が単独過半数を上回る見通しとなったことについて「まだ信頼回復の道半ば。これからそれができるかどうかが、次の任期の間で自民党が課せられた大きな宿題だ」と述べた。

     また、希望の党が「満員電車ゼロ」を公約に掲げたことにふれ、「自民党は都会も(乗客減に悩む)地方も全てを受け止めて、みんなから声が届くと思われる政党にしなきゃいけないという気づきを与えてくれた」と指摘。「野党の声も大事だ」と述べ、選挙戦で対決姿勢を鮮明にした希望の党代表の小池百合子東京都知事を皮肉った。

    【【衆院選】小泉進次郎氏、小池百合子氏に皮肉 「都会も地方も受け止める党に」 】の続きを読む

    このページのトップヘ