真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    官邸

    http://kenkato.blog.jp/archives/73473280.html から転載
    soc1709190004-p2

    ★ 約束通り最大限の圧力を!

    在宅ロビー活動にご参加いただいている皆様、アメリカが北朝鮮をテロ支援国家指定したことで、朝鮮総連破産申立てが実現に近づきました!

    2fea81eb-s


    いまの状況で日本が、テロ国家・北朝鮮の出先機関を野放しにするのはマズすぎます。他国に北朝鮮との断交を求めながら、自国内で「事実上の北朝鮮大使館」を黙認するなど許されることではありません。信義の問題です。

    11月29日ミサイル発射を受け安倍総理はトランプ大統領と電話会談を行い、「北朝鮮に対する圧力を最大限まで高めていくという認識で一致いたしました」と述べました。圧力を最大限というなら、朝鮮総連強制解体は外せません。裁判所に書類を出すだけでできるのです。「やらない」選択肢はありません

    前回記事で紹介した自民党の長尾たかし先生は、この点について明確にツイートしています。
    「我国がしなければならない『圧力を最大限まで高める』事とは.朝鮮総連の破産申立てと金正恩本人を資産凍結対象者とする事です。政府の決断で実行できる事だと確信しています」
    https://twitter.com/takashinagao/status/935637686911676417
    本当にその通りです。頼りになります。

    8a1cba36-s


    なぜいまだに朝鮮総連が野放しなのか? 大きな要因の一つはイギリスのキャメロン前首相が対テロ戦略演説(2015年)で言及した「見当違いのリベラリズムと文化問題過敏症の混合」(a mixture of misguided liberalism and cultural sensitivity)だと思います。
    キャメロン氏はイギリスの大学で、虚偽の流布(日本でいえば慰安婦強制連行のような)に対しては大学役員が出てきて反撃するのに、イスラム過激派の宣伝活動にはそっぽを向いてしまう問題を例に挙げ、国全体で対処法を変えるべきだと力説しました。
    https://www.gov.uk/government/speeches/extremism-pm-speech


    事情は日本も同じです。北朝鮮がいう「金日成民族」が民族の定義でないことは明らかなのに、民族差別と糾弾されることを過度に恐れていました。「見当違いのリベラリズム」は日本の場合、浅はかな見栄と言い換えてもいいかも知れません。自分は意識が高い特別な人間と自惚れ、弱者の味方を演じたい左翼インテリが、被害者を無視して朝鮮総連を擁護していたのです。人間の醜い部分である怯懦や虚栄心が、朝鮮総連を助けました。その結果日本は、核ミサイルで数十万人が殺されるかも知れない危機に直面しています。

    af63b347-s

    キャメロン前首相(画像:英首相官邸)


    11月20日には自民党の山田賢司先生に面会しました。山田先生からテロ資金提供処罰法改正の話が出て「これだ!」と思いました。元エリート銀行員でラガーマンの山田先生は、たいへんな政策通です。

    破産で朝鮮総連に決定的ダメージを与えることはできますが、残念ながら活動を完全に止めることはできません。結社の自由を悪用して、新生総連だか第二総連だかの組織ができるでしょう。かといって破防法適用はハードルが高すぎて、事実上不可能です。
    そこでテロ資金提供処罰法を改正して、北朝鮮または出先機関に資金、物品、役務等を提供した者・二次協力者・その他の協力者をすべて逮捕できるようにすべきです。我が国に核ミサイルを向けて「水没させる」と脅迫するテロ国家に、協力して良いはずありません。

    日本で改造拳銃作りに協力すると刑務所に行きますが、最凶テロ国家への協力は野放し。無茶苦茶です。

    まずは破産申立てを実現し、その後テロ資金提供処罰法改正を目指したいと思います。

    7aec66f0-s

    右が山田先生


    ★ 総理に直訴を!

    ここで皆様にお願いがあります。前回と同じになりますが、首相官邸ホームページ「ご意見募集」から、「朝鮮総連の破産申立てをしてください!」と総理宛にメールをお送りいただきたいのです。国民の支持が総理を後押しします。
    http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html


    b9de12cc-s


    同様の意見を内閣官房、財務省、金融庁、外務省にもお送りください。各府省に一斉送信できるページがあります。
    https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose
    中には毎日送ってくださっている方もいて、本当に頭が下がります。


    いまこそ朝鮮総連を強制解体しましょう!




    20016df0

    かずしらず仇のきづきしとりでをもいさみてせむる銃のおと
    (明治天皇御製・明治28年)

    関連記事 

    アジア調査機構代表「朝鮮総連からの不正送金が核・ミサイルに…こんなバカなことはない」 『破産申し立て』に大反響

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/18(月)19:02:13 ID:???
    d9579839-s

     官邸が今月1日、菅義偉官房長官の会見で孤軍奮闘する望月衣塑子記者が所属する東京新聞に対し書面で注意喚起をおこなった件が、さらに醜い事態を招いている。今度は産経新聞が、望月記者の発言をめぐって抗議文を東京新聞に送りつけたのだ。

     そもそも、官邸が望月記者の質問に対して注意喚起の文書を出していたことが公になったのは、翌2日付の産経の記事が発端。その後、民進党議員が問題の文書を手に入れ公開したが、そこには内閣官房総理大臣官邸報道室長の上村秀紀氏の名前で、以下のように綴られていた。

    〈官房長官記者会見において、未確定な事実や単なる推測に基づく質疑応答がなされ、国民に誤解を生じさせるような事態は、当室としては断じて許容出来ません。貴社には再発防止の徹底を強く要請します〉

     ここで官邸が問題にしているのは、望月記者が加計学園の獣医学部設置認可について8月25日の会見で 「認可の保留という決定が出ました」と発言したこと。文科省が認可保留を発表する前だったため、「決定」という発言を〈未確定な事実や単なる推測〉だと攻撃したのだ。

     しかし、認可保留の決定については、8月10日の時点で産経も含むほとんどの新聞・テレビがすでに報じていたことで、また望月記者が質問したわずか数時間後には文科省も正式発表しており、〈未確定な事実や単なる推測〉などではまったくない。仮に「未確定な事実」や「単なる推測」だったとしても、それを質問して何が悪いのか。政府が正式発表したことしか質問できないとなれば、報道の自由を著しく侵害するもので、戦時中の大本営発表か、中国や北朝鮮の国営メディアかという話だ。

     だが、この官邸による注意喚起の文書について産経が官邸に丸乗りした上、望月記者に対する批判とともに報じると、安倍応援団やネトウヨのあいだで過熱していた望月記者バッシングはさらにヒートアップ。なんと、報道が出て2日後の4日午後9時ごろに東京新聞には、中年男性の声で「ネットニュースに出ている記者は、なぜ政府の言うことに従わないのか」「殺してやる」という旨の電話がかかってきたという。これは望月記者への「殺害予告」だ。

    リテラ/9月16日
    http://lite-ra.com/2017/09/post-3456.html

    10: KSM WORLD NEWS 2017/09/18(月)19:43:13
    ×望月記者バッシングがヒドい!
    ◯望月記者がヒドい!

    11: KSM WORLD NEWS 2017/09/18(月)19:55:50
    前進と赤旗の中間みたいなメディアだよなリテラってw

    17: KSM WORLD NEWS 2017/09/18(月)20:58:14
    リテラと言うだけで、論じるに値しない

    【【リテラ】官邸と産経が煽動する東京新聞・望月記者バッシングがヒドい! 卑劣な報道圧力に、メディアは即刻抗議せよ![H29/9/18]】の続きを読む

    toky
    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/15(金) 20:08:34.01 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    東京新聞・望月衣塑子記者が産経記事「リーク」発言を撤回 官房長官会見で「まず初めに」と切り出して一方的に…

     東京新聞社会部の望月衣塑子(いそこ)記者は15日、首相官邸報道室が東京新聞に注意喚起した文書を報じた産経新聞の記事を「官邸からのリーク」と発言したことについて、
    菅義偉官房長官の記者会見の場を使って「(文書は内閣記者会に常駐する)全社に出していて誤りだった。撤回して謝罪したい」と述べた。

     望月記者はその後、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関し「(発射準備情報を)国民に事前に知らせることはできないのか」などと矢継ぎ早に質問。
    菅氏は「パニックを起こす危険性はないか。いろいろなことを考えて責任をもって対応している」と述べるにとどめた。

     産経新聞社は14日、望月記者が同日の官房長官会見で「産経新聞になぜかリークとして(注意文書の)記事が出た」と発言したことを受け、
    「事実無根で看過できない」として撤回を求める抗議文を東京新聞編集局長宛てに送付していた。

    http://www.sankei.com/politics/news/170915/plt1709150073-n1.html

    関連
    首相官邸広報室、東京新聞に注意 菅義偉官房長官会見での社会部記者の質問めぐり
    http://www.sankei.com/politics/news/170901/plt1709010045-n1.html

    東京新聞・望月衣塑子記者の「リーク」発言に産経新聞が抗議 「事実無根だ」 ネット上の誹謗中傷は「言論弾圧を助長している」のか?
    http://www.sankei.com/premium/news/170914/prm1709140010-n1.html
     書面は、東京新聞官邸キャップの了承の上で内閣記者会の常駐各社に配布されたため、産経新聞は2日付朝刊で「官邸報道室 東京新聞を注意 『不適切質問で国民に誤解』」という記事を掲載した。
     ところが、望月記者は14日午前の官房長官会見で「注意文書のことが産経新聞になぜかリークとして記事が出て、これまでの官房長官とのやりとりもいくつも記事にされた。
    個人への誹謗中傷が進んでいる。言論弾圧を助長するかのようなネット上の誹謗中傷について、政府はどう受け止めているのか」と質問した。

    【東京新聞・望月衣塑子さん、「産経の記事は官邸からのリーク」発言を撤回し謝罪 官房長官会見の場で 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/26(金)19:19:30 ID:???
    878835d9-s

    官邸VS前川前次官 「加計文書告発」で全面戦争突入 内偵でバレた!出会い系バー通い常連「捜査当局すべて把握」 (1/3ページ)
    2017.05.26

     文部科学省の前川喜平前事務次官(62)が、25日発売の「朝日新聞」や「週刊文春」のインタビューに応じた。安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が、国家戦略特区に獣医学部を新設する計画をめぐる「文書」について、「本物」「行政がゆがめられた」と語った。菅義偉官房長官はこれを完全否定し、激怒した。

      今後、官邸と前川氏側は全面戦争に突入しそうだ。こうしたなか、東京・歌舞伎町での「管理売春」(売春防止法違反容疑)を内偵していた捜査当局が、前川氏らによる「出会い系バー」(連れ出しバー)での動向を確認していたことが分かった。

     「内閣府と文科省に確認したが、『文書に書かれた事実はない』『総理からも指示はない』との説明だ。私について書かれた部分もあったが、説明を受けた覚えはない。国家戦略特区は、規制の岩盤にドリルで風穴を開ける制度だ。行政がゆがめられたことはない」

     菅氏は25日午前の記者会見で、前川氏の発言を否定した。「(前川氏は)地位に連綿としがみついた」と言い放つなど、怒り心頭に発しているようだ

    続き ZAKZAK 全3ページ
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170526/plt1705261100002-n1.htm


    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 71◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1495601850/158

    【【政治】官邸VS前川前次官 「加計文書告発」で全面戦争突入 内偵でバレた!出会い系バー通い常連「捜査当局すべて把握」 [H29/5/26]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/18(土) 02:21:04.31 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
    no title
    no title
     
    「官邸が爆発」発言をした東京新聞の女記者は、望月衣塑子かwww
    ツイッターで長谷川幸洋にニュース女子の件で噛み付いた極左の女記者だwww


    http://twitter.c0m/_500yen/status/842780323557470208

    【東京新聞の女性記者「(籠池の娘の証言を聞いて)これはもう逃れられないですね。官邸が爆発(笑)」】の続きを読む

    このページのトップヘ