真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    安倍首相

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/30(土) 09:42:54.51 _USER9
    10263589_h_zap

    読売新聞は29日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「重大な欠陥がある合意では慰安婦問題は解決されない」という立場を明らかにしたことに関連し、日本政府が長嶺安政駐韓日本大使を帰国させることを検討していると報じた。

    同紙は、安倍首相が前日、外務省の秋葉剛男外務審議官と金杉憲治(金杉憲治)アジア大洋州局長と首相官邸で対策について協議したと伝え、「長嶺大使を一時帰国させる案なども浮上している」と報道した。日本政府は今年初め、釜山(プサン)総領事館前に慰安婦少女像が設置された当時も長嶺大使を帰国させ、85日ぶりに帰任させた。

    同紙は「韓国の慰安婦タスクフォース(TF)が検証結果を公表した直後、文在寅大統領が声明を発表した点から、日本政府は韓国側が近いうちにいかなる形態であれ措置を要求してくるとみている」とし「元慰安婦に安倍首相が手紙を送ることを要求してくる可能性がある」という外務省幹部の発言を伝えた。

    安倍首相と外務省高官らの前日の対策協議では、合意修正要求には一切応じず、韓国側がどう出てくるかによって対応を取る方針を確認したとみられると、同紙は報じた。続いて「安倍首相の来年2月の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)出席も見送る方向で調整されている」と伝えた。

    日本経済新聞も「従軍慰安婦をめぐる日韓合意の履行が暗礁に乗り上げるなか、この時期の訪韓は望ましくないと判断し、平昌冬季五輪への出席を見送る方向で調整に入った」と伝えた。同紙は「首相訪韓は難しくなった。今韓国に行ってもいいことはない」という政府関係者の発言を伝え、「五輪開催時期が通常国会の予算審議日程と重なり、主要国の首脳が出席の意思を示していない点なども影響を及ぼした」と分析した。

    中国北京を訪問中の二階俊博自民党幹事長は記者懇談会で韓日慰安婦問題について「相手の主張を理解する腹構えがなければ、隣国と円満に(外交を)進めていくことは難しい」とし「日韓はお互いになくてはならない国だ。いい関係をつくることに両国が努力すべきだ」と述べた。韓国の慰安婦TF報告書と文大統領の発言については「複雑な感情による厳しい意見は常々ある。いちいち反発していては物事は成り立たない」と話した。

    一方、安倍首相は29日から来月3日まで6日間の休暇に入った。安倍首相は東京のホテルで休暇を過ごす予定であり、来年1月4日に三重県の伊勢神宮を参拝した後、現地で年頭の記者会見をする。この会見で慰安婦問題に対する立場を明らかにする可能性が高い。

    配信2017年12月30日 9時26分
    ライブドアニュース(中央日報)
    http://news.livedoor.com/article/detail/14097961/

    関連スレ
    【日韓合意検証】政府高官 「ここまで踏みつけられたら日本国民も反発する。安倍首相が平昌冬期五輪に行くのは難しい」★3
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514542054/

    【【日韓合意検証】「安倍首相、平昌五輪不参加の方向で調整…駐韓大使の帰国も検討」 】の続きを読む

    24a01e433310dec2607832fbddc22870

    】安倍首相「平昌五輪出席?難しい」 → アホ朝「安倍が外交戦を仕掛け韓国を揺さぶった」~ネットの反応「EUや米国、豪やら露やらもみんな行かないんやろ?」「行く選択肢があるみたいに書くなよフェイク屋」

    安倍首相の平昌出席「難しい」 日本側が「駆け引き」19日にあった河野太郎外相と韓国の康京和(カンギョンファ)外相との会談で、来年2月の韓国・平昌冬季五輪への安倍晋三首相の出席をめぐって日本側が韓国側を牽制(けんせい)する一幕があった。日本政府は慰安婦問題で韓国政府の対応に不信感を募らせており、外交的な「駆け引き」を仕掛けた格好だ。https://www.asahi.com/articles/ASKDN5HKCKDNUTFK00V.html

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/09(土)13:05:40 ID:???
    CV8U1GsUsAAinQ4

    ◎記事元ソース名/トランプ大統領べったりの異常―首相に根本的見直しを求める

    志位委員長が批判

     日本共産党の志位和夫委員長は8日、党国会議員団総会でのあいさつの中で、安倍晋三首相の外交姿勢について「トランプ米大統領べったりの安倍首相が、日本をきわめて危険な道に引き入れつつある」と告発し、根本的な見直しを強く求めると表明しました。

     志位氏は、北朝鮮問題で安倍政権がとっている対話否定、米国の先制的な軍事力行使容認の立場は、米朝の軍事的緊張がいっそう高まるもとで、「出口のない危険にわが国を引き入れつつある」と批判しました。

     さらに、トランプ大統領による「エルサレム首都認定」という、国連決議に反し、中東の平和と安定を根底から危険にさらす暴挙に対して、イギリス、フランス、ドイツを含め世界中の首脳が批判するなか、安倍首相だけが一言の批判もない異常さを指摘。

    (中略)

     志位氏は「いまトランプ大統領の言動には、さまざまな危険な要素が噴き出している。
    そのときに、この2人の異常な関係は、わが国にとっても、世界にとってもきわめて危険だ。
    安倍首相に対し、トランプ大統領べったりの関係を根本的に見直し、言うべきことを言う当たり前の外交政策をとることを強く求める」と表明しました。

    しんぶん赤旗/2017年12月9日(土)
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-12-09/2017120901_02_1.html

    【【しんぶん赤旗】志位 「安倍首相とトランプ大統領のべったりの関係は、世界にとってもきわめて危険だ。」[H29/12/9]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/21(火)19:09:22 ID:???
    20171006-052111557

     NHKによると、安倍首相は、サンフランシスコ市での慰安婦像・碑文の寄贈受け入れについて、「政府の立場と相いれない極めて遺憾なことだ。政府としてはサンフランシスコ市長に、今月24日の期限までに拒否権を行使するよう申し入れた」と述べたという。

     拒否権については、すでに大阪市長が15日付で「拒否権行使という思慮深い英断を強く望む」とサンフランシスコ市長に書簡を送っている。

     詳細と続きはNHKと産経新聞で。
      

    >首相 “森友・加計問題は丁寧に説明 手続きは適正と認識”
    11月21日 18時07分 NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171121/k10011231061000.html
    ※NHKソース最後の5行部分にあり。ん記。

    >【歴史戦】
    >慰安婦像・碑文の寄贈受け入れ、「拒否権行使を強く望む」 大阪市長がサンフランシスコ市長へ書簡
    2017.11.20 11:08 産経新聞
    http://www.sankei.com/west/news/171120/wst1711200032-n1.html

    【産経web】慰安婦像・碑文の寄贈受け入れ、「拒否権行使を強く望む」 大阪市長がサンフランシスコ市長へ書簡 [H29/11/20]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511153166/

    【【外交】慰安婦像・碑文の寄贈受け入れ、安倍首相「政府としてはサンフランシスコ市長に、今月24日の期限までに拒否権を行使するよう申し入れた」 [H29/11/21]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/06(月)16:14:42 ID:???
    san_plt1711060036view_thum630
     
    産経新聞によると、安倍首相は6日午後、トランプ大統領と共同記者会見で、「全ての拉致被害者のご家族が自身の手で肉親を抱きしめるまで私の使命は終わらない。拉致問題解決に向けて全力で取り組む決意を新たにした」と述べたという。

    そして、制裁について「核・ミサイル問題と拉致問題の解決に向け、追加的な独自の制裁措置をとることを決断した」と述べた。

     政府として北朝鮮の35団体、個人の資産凍結を7日に決定する方針という。

     詳細と続きは産経新聞で。


    >【トランプ氏来日】
    安倍首相が北朝鮮への追加制裁で35団体・個人の資産凍結を表明 「核・ミサイル問題、拉致問題の解決に向け決断した」
    2017.11.6 15:47 産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/171106/plt1711060025-n1.html

    【【北朝鮮問題】安倍首相が北朝鮮への追加制裁で35団体・個人の資産凍結を表明「核・ミサイル問題、拉致問題の解決に向け決断した」共同記者会見で [H29/11/6]】の続きを読む

    このページのトップヘ