真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    安倍政権

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/18(月) 22:28:24.78 BE:478973293-2BP(1501)
    赤旗写真ニュース 2017年9月第2週●1464号
    「安倍政権NO!解散・総選挙を!」
    http://i.imgur.com/OcOiKHJ.jpgno title

    http://www.jcp.or.jp/web_download/1709-1464.pdf



    共産 志位委員長「解散は究極の党利党略だ」
    9月18日 17時45分
    共産党の志位委員長は党本部で記者会見し、「臨時国会冒頭での解散は『森友・加計問題』の疑惑隠しが狙いで、絶対に容認できず、究極の党利党略、権力の私物化、憲法違反の暴挙だと言わなければならない」と批判しました。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170918/k10011146331000.html

    2: KSM WORLD NEWS 2017/09/18(月) 22:28:45.74 BE:478973293-2BP(1501)
    小池晃 @koike_akira
    先ほどの記者会見で改造内閣について「稲田隠し、森友隠しに加計隠し。疑惑隠し内閣だ」 「森友、加計疑惑は首相の関与が焦点。安保法制や共謀罪など強権政治を進めたのも首相。支持率低下の最大の理由は『安倍首相が信頼できない』。内閣改造ではなく、内閣総辞職、解散・総選挙が必要」と述べました。
    17:01 - 2017年8月3日
    https://twitter.com/koike_akira/status/893018866514673664



    小池晃 @koike_akira
    臨時国会冒頭解散
    いったい何を問うのか。もともと「大義」とは縁もゆかりもない政権だとは思っていたがここまでとは。
    森友隠し、加計隠しの党利党略極まれり。
    北朝鮮の核、ミサイル強行の中での総選挙は世界から見ても異様ではないか。
    改憲勢力3分の2割れはおろか、少数派に叩き落さねば。
    5:04 - 2017年9月17日
    https://twitter.com/koike_akira/status/909146061830156288

    【数日前の共産党「安倍政権NO!解散・総選挙を!」→今の共産党「解散・総選挙は憲法違反の暴挙だ!」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/18(月) 22:30:44.29 _USER9
    0582eea8-s
    ■志位和夫・共産党委員長(発言録)

     (若狭勝氏と細野豪志氏らが検討する)国政新党は野党の流れと考えていない。自民党政治の補完勢力だ。この流れに私は未来があるとは思っていない。もちろん連携もあり得ない。

     安倍政権を倒すには(民進、共産など野党4党の)共闘しかない。安保法制・戦争法の廃止を原点に、市民とともに共闘の流れを総選挙でさらに大きなものとして発展させるため、ありとあらゆる知恵と力を注ぎたいと決意している。

     共闘の成功には、しっかりとした共通政策、本気の共闘態勢が必要だ。我が党が一方的に候補者を下ろすことは全く考えていない。

     野党共闘の流れは全国各地で草の根で広がっている。いろんな困難があるが、安倍さんが計算違いだったとひどく後悔するような結果をつくりたい。理念政策が違う者であっても互いの立場をリスペクトし、違いは持ち込まないで一致点で協力する。これが政党間の協力だ。(記者会見で)

    配信2017年9月18日19時42分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK9L6DYRK9LUTFK00F.html

    関連スレ
    【政治】共産・志位委員長「冒頭解散は、究極の党利党略、権力の私物化、そして憲法違反の暴挙だ」と批判 早期解散について
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505740548/
    【衆院解散】共産・志位委員長「一方的に候補を降ろさない」相互推薦要求、前原代表は「基本的な政策理念の一致が判断基準」
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1505728376/

    2: KSM WORLD NEWS 2017/09/18(月) 22:32:10.75
    宮本顕治とか不破哲三は贅沢の限りを尽くしたんだってな。
    images

    5: KSM WORLD NEWS 2017/09/18(月) 22:32:59.58
    左翼同士の内ゲバにしかならない

    【【共産党】志位委員長 「若狭・細野新党は自民政治の補完」 「安倍政権を倒すには野党4党の共闘しかない]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/16(水) 16:44:07.53 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    K10011101601_1708161530_1708161530_01_02

    民進党の代表選挙への立候補を表明している前原元外務大臣は、16日、国会近くに 選挙対策本部を設け「もう一度、国民に新たな選択肢を作り、遠心力を求心力に変えていく 先頭に立たせてもらいたい」と述べ、支持拡大に向けて協力を求めました。

    民進党代表選挙への立候補を表明している前原元外務大臣は、16日、国会近くに 選挙対策本部を設けて初会合を開き、高木元文部科学大臣や松野元官房副長官らが率いる 党内6つの議員グループなどから国会議員およそ35人が出席しました。

    この中で、前原氏は「安倍政権を倒す気持ちさえあれば、必ず党をまとめて政権交代ができる。 もう一度、国民に新たな選択肢を作り、遠心力を求心力に変えていく先頭に立たせてもらいたい」 と述べ、支持拡大に向けて協力を求めました。

    これに先立ち、ことし4月に党から除籍処分を受けた長島衆議院議員が率いていた 議員グループは、国会内で会合を開き、野党連携の在り方などで考え方が近いとして、 前原氏を支持する方針を確認しました。

    一方、代表選挙への立候補を表明している枝野元官房長官は、17日に選挙対策本部を 発足させ、国会議員などへの働きかけを本格化させることにしています。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170816/k10011101601000.html

    【前原氏「安倍政権を必ず倒す気持ちさえあれば党がまとまり政権交代できる」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/15(火) 23:36:17.37 _USER9
    img_1498521_48911398_0

    15日、社民党の福島瑞穂副党首は、千鳥ヶ淵墓苑で行われた「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8.15集会」で誓いの言葉を述べた。その中で、福島瑞穂副党首は戦没者の御霊に向け、とんでもない暴言を吐いている。内容の抜粋は以下、

    ===========
    主権者である日本国民は、全力で、安倍首相の憲法9条改悪と闘わなければならないのです。9条を変えようとする内閣は倒さなければならないのです。
    「ロードオブザリング―指輪物語」の中で、死者の人たちが地中から蘇り、力を合わせて共に戦う場面があります。わたくしは今、その場面を想起しています。主権者であるわたしたちは、戦争犠牲者の全てのみなさんと共に力を合わせて、9条改悪を止めたいのです。
    ===========

    ロード・オブ・ザ・リングで蘇る死者とは、誓約を果たさず呪いをかけられ成仏できなくなった死者の軍勢の事を指している。この様子は気分が悪くなるかもしれないが、動画で公開しておく。

    【動画有】福島瑞穂が千鳥ヶ淵で大暴言!「戦没者を地中から蘇らせ、力を合わせて安倍政権と戦う」
    https://www.youtube.com/watch?v=meTA1cL-vFI



    http://ksl-live.com/blog10474
      【【終戦記念日】社民・福島みずほ「戦没者を地中から蘇らせ、力を合わせて安倍政権と戦う」 千鳥ヶ淵墓苑】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/05(土) 21:57:33.26 _USER9
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170805/k10011089041000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_009

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170805/K10011089041_1708052028_1708052032_01_02.jpg
    no title


    民進党の憲法調査会長を務める枝野元官房長官は、党員などを対象にさいたま市で開いた憲法の対話集会で「民進党が憲法議論に及び腰というのは誤解だ」としたうえで、幅広い国民の意見を慎重に見極めながら党内での議論を進める考えを示しました。
    民進党の枝野元官房長官は、安全保障関連法や「テロ等準備罪」を新設する法律が野党が反対するなかで強行採決されたなどとして「数の力で押し切るのは立憲主義と民主主義を無視した姿勢であり、安倍政権のもとで自由と民主主義、立憲主義の破壊が進んでいる」と指摘しました。

    そのうえで「民進党が憲法議論に及び腰というのは誤解だ。国民主権、基本的人権の尊重、平和主義の基本精神を具現化するうえで、必要な改定があれば積極的に提言していく。幅広い国民合意ができ得るのか否かを慎重に見極めながら、議論を進めていく」と述べました。

    出席者からは、「自民党の憲法改正草案に危機感を持っている」「LGBTと呼ばれる性的マイノリティーの人たちの権利などにも取り組んでほしい」といった意見が出されました。

    民進党は、党員などを対象とした憲法の対話集会を、全国11の衆議院の比例代表ブロックごとに開く予定で、集会で出された意見も踏まえ、今後、党内での議論を進めることにしています。

    【【民進・枝野】数の力で押し切るのは立憲主義と民主主義を無視した姿勢。安倍政権のもとで自由と民主主義、立憲主義の破壊が進んでいる】の続きを読む

    このページのトップヘ