真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    安保

    abe13729

    藤田幸久「共謀罪も安保も憲法改正の目的の為だったのか!」 安倍総理「それは全く違います」 小川勝也「何がおかしいんだよ!」 安倍総理「あまりにも的外れだから苦笑を禁じ得ないんです」 長男が逮捕されようが相変わらず野次で答弁妨害する小川。 大人しく真摯に仕事出来ないの? キャプチャ-50

    20180307123753

    a0f54efecbbee0fbfeb0b9f46f36c455
    【藤田幸久「共謀罪も安保も憲法改正の目的の為だったのか!」→安倍総理「あまりにも的外れだから苦笑を禁じ得ない」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/18(水) 01:09:42.39 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    no title

    勢い増す立憲民主党 枝野幸男代表、「北ミサイル」への言及なし 「野党第一党」への資質に疑問符

     衆院選の最終盤に向け、立憲民主党が勢いを増している。産経新聞社による情勢分析では、公示前(16議席)の3倍以上の獲得も見込まれる情勢だ。

    ただ、枝野幸男代表は街頭での訴えの大半を経済や貧困、格差の問題に費やし、北朝鮮の核・ミサイル問題に積極的に言及することはない。 野党第一党への躍進も射程に入った「政権準備政党」として、喫緊の脅威への対応策明示は避けて通れない。

    bed28ce0-s

     「時代遅れの『上からの経済対策』を変えよう!」

     17日、東京・JR新小岩駅前でマイクを握った枝野氏は、景気や暮らし、介護従事者の処遇改善の問題を中心に持論を訴えた。

     雨にもかかわらず数百人が耳を傾ける様子は、立民への支持の広がりを如実に物語る。実際、希望の党の小池百合子代表(東京都知事)のお膝元である東京でも、立民は「非自民票」を堅調に固めている。

     しかし、約20分間の演説で外交・安全保障について触れたのは「解釈を変えた安保法制を元に戻させなければいけない」という一言だけで、手薄さは否めない。北の核・ミサイル問題への言及は一切なかった。
    http://www.sankei.com/politics/news/171017/plt1710170079-n1.html

    【【立憲民主党】枝野代表、対北朝鮮への言及なし。20分の演説で安保に触れたのは一言のみ。 】の続きを読む

    このページのトップヘ