真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    妨害

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/22(金) 00:11:09.97 _USER9
    img_0

    子どもの人権が守られているかどうかを調べる国連の委員会で、北朝鮮に対する審査が行われましたが、北朝鮮の大使は、経済制裁によって子どもの人権が侵害されていると主張し、そうした対応に批判の声が出ています。


    国連の子どもの権利委員会は、「子どもの権利条約」を批准した国の履行状況を調べるために、スイスのジュネーブに設置されているもので、20日は北朝鮮に対する審査が行われました。

    冒頭、演説した北朝鮮のハン・デソン大使は、「執ようで悪意のある制裁が、子どもの権利の保護を妨害しているだけでなく、生きる権利を脅かしている」などと述べ、国連安全保障理事会が採択した北朝鮮に対する制裁決議で子どもの人権が侵害されていると主張しました。

    そして委員から子どもへの虐待や児童労働に関する統計はないのかなどと問われたのに対して北朝鮮側は、「そのような問題はないので統計は存在しない」と述べました。

    北朝鮮側の対応について委員の1人は、「問題がないとは信じがたい。研究や分析をさらに進めることが子どもの状況の改善に役立つと考えている」と発言し批判しました。

    また審査を傍聴した国際的な人権団体「アムネスティ・インターナショナル」の研究員は、NHKの取材に対し、「経済制裁の影響を排除するのは難しいが、だからと言って、北朝鮮が子どもの人権をないがしろにしてよいわけではない」と話していました。

    配信9月21日 9時42分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170921/k10011150341000.html

    【【北朝鮮】「執ようで悪意のある制裁が、子どもの権利の保護を妨害、生きる権利を脅かしている」と国連で主張→ごちゃごちゃ言ってないで日本人拉致被害者を返せ!】の続きを読む

    DHuUM_UUIAAxaPA
    4

    14

    KSMはこの方のアカウントに一回も書き込んだことがないのになぜかブロックされているんですよね~
    15

    15
    国民を甘く見るんじゃねえバカ野郎wwwwwwwwwwwww
    http://kanekokentaro.jp/

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/30(日) 11:01:23.48 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    psvwxz7i

    加戸守行前愛媛県知事「妨害の主役は獣医師会顧問の北村直人氏」「鳩山政権が実現に向けて検討、と表明したら、民主党内に獣医師議員連盟が…」

    7/30(日) 10:44配信

    産経新聞

     櫻井よしこ氏が毎週金曜日に配信しているインターネットニュース番組「言論テレビ 櫻LIVE」に加戸守行前愛媛県知事(82)が出演した。 加戸氏は「岩盤規制の主役は日本獣医師会顧問の北村直人・元衆院議員」と断じ、「民主党政権で前に進むと、すぐに議員連盟が民主党内にできてブレーキがかかった」と、北村氏の影響力の大きさを表現した。

     加戸氏は「安倍晋三首相の濡れ衣を晴らしたい」と前置きし、私が(平成11年に)知事になって最初に取り組んだのが今治の新都市開発事業」と述べた。
    松山大学の誘致が失敗し、学園都市構想が宙に浮いていたとし、予定地が空き地のままになっていたと述べた。

     加戸県政のころは、前半期に鳥インフルエンザが起き、アメリカでは牛海綿状脳症(狂牛病、BSE)が猛威を振るい、後半も口蹄疫が宮崎県で発生し、
    四国に上陸させないというのが喫緊の問題で、公務員獣医師が足りず、獣医師総動員となり、検疫態勢に苦労したことを述べた。
    その上で公務員試験を免除してもいいから、公務員になってくださいという状態だったと当時を振り返った。

     こうした経緯から「今治に先端研究ができる獣医学部がほしい」という話になり、平成19年に愛媛県と今治市が共同で国家戦略特区に申請した、と経緯を説明した。

     加戸氏の指南役(米ジョージタウン大客員教授の経験者)から「米国では狂牛病以来、最先端の研究が進んでいる。 日本も後れてはいけない」と持ちかけられたのをきっかけに、文部科学省の官僚出身の加戸氏が文科省に掛け合ったと述べた。

     加戸氏は「(私の出身官庁だから)簡単かと思ったら非常に厚い壁にはね返された」と表現し、 福田康夫内閣時に構造改革特区を利用して申請したが、「岩盤のようにはね返された」と表現した。加戸氏の説明によると、構造改革特区の15回の申請はすべて却下された。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170730-00000503-san-pol

    2以降に続く

    2: KSM WORLD NEWS 2017/07/30(日) 11:02:22.87 BE:882533725-PLT(14141)
    >>1
    加戸氏は「獣医師会の強力な働きで文科省も農水省も逃げた」と表現し、却下の背後に日本獣医師会の圧力があったと明言した。
     第一次安倍晋三内閣の2年目に国家戦略特区法が平成25年制定され、この特区を利用することになった。国家戦略特区1号は新潟市の獣医学部構想。翌26年に今治市が第2号の名乗りを上げた。

     加戸氏は「構造改革特区は大相撲でいえば15戦全敗。国家戦略特区に乗り換えた。そちらの方がやってくれそうだなということで名乗りを上げた」と事情を明かした。

     だが構造改革特区で安倍内閣時にも5回はねられたと事情を明かし、新潟市の構想が出た後に「こっちの方が見込みがあるのかな」と、 同時並行でありながらも国家戦略特区に「乗り換えた」と述べた。

     加戸氏は「民間有識者会議は、獣医学部を自由に作らせようと作業を始めたが、獣医師会が強烈な反対をした」と述べた。

     さらに加戸氏は「平成19年、文科省に(話を持って行ったら)2カ月後、獣医師会から『大学獣医学部の入学定員は増やしてはいけない』
    との決議文が出た」と述べ、構造改革特区の申請を麻生太郎内閣にした際には、北村直人・日本獣医師会顧問(70、元自民党衆院議員)
    が「すぐに東京から日大の総長と一緒に飛んでこられて反対をした」と明かした。

     加戸氏は「北村さんがすべての主役を演じておられるのかな」と表現。
     平成22年2月、民主党の鳩山由紀夫内閣下で民主党議員の働きかけで「実現に向けて検討」と獣医学部構想がランクアップした。

     「(政治が)前向きになり、良かったなと思ったら、民主党内に2週間後に『民主党獣医師議員連盟』が結成され、68名が加入した」 と加戸氏は述べ、執拗な獣医師会のロビー活動を明かした。

     愛媛県選出の民主党議員は、議員連盟に入らず、オブザーバー扱いだったが、「(政治連盟結成後)急に民主党内の雰囲気が変わり、 ブレーキがかかった」と述べた。自民党政権に変わると、今度は自民党獣医師議員連盟が動いたと説明した。

     加戸氏は北村氏を「タイミング良く動く人」と表現し、「我々が動いたら石破4条件ができた」とも述べ、「自民党から新進党に移られるなどしたが、 常に獣医師のために動く人」と北村氏を表現した。(WEB編集チーム 三枝玄太郎)

    【【加計問題】加戸前愛媛県知事「妨害の主役は北村直人氏。常に獣医師のために動く人」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/08(土)16:09:57

    あおじそ? @chun_aojiso

    MXテレビをBPOに訴えた辛淑玉氏・講演要旨
    http://www.sankei.com/politics/news/170405/plt1704050049-n1.html

    「朝鮮人で女だから叩かれる」

    違うわ。
    息するように嘘を吐き
    日本人を貶め
    安全保障を妨害し
    反論されたら差別にすりかえる。


    卑怯・卑劣だから嫌われてるんだよ。
    http://i.imgur.com/Nr4dJ5T.jpgno title

    午後0:11 ・ 2017年4月6日
    1,490件のリツイート
    1,104件のいいね
    https://mobile.twitter.com/chun_aojiso/status/849821744961474561

    【【twitter】辛淑玉氏「朝鮮人で女だから叩かれる」>違うわ。日本人を貶め安全保障を妨害し反論されたら差別にすりかえる。だから嫌われてるんだよ。】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/01(水) 14:32:24.62 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    米軍北部訓練場(沖縄県東村・国頭村)のヘリパッド建設を巡り、昨年7月に工事を再開して完成した3地区4ヘリパッドの総工費が当初契約額の6億1300万円から4・1倍の25億1627万円に膨れ上がっていたことが分かった。

    IMG_2462-500x269

    事業者の沖縄防衛局が業者と工事契約後、複数回にわたり工事内容の契約変更をしたため。
    平和市民連絡会の北上田毅氏が防衛局から情報公開で得た資料を基に明らかにした。

    「N1」地区と呼ばれるヘリパッドでは総工費が当初契約額の1億8900万円が約6・2倍の11億6499万円、「G」地区は2億520万円が約5・5倍の11億3097万円となった。 「H」地区は当初額の2億1880万円から151万円増えた。

    契約変更書類によると、N1地区では第7回の変更契約で警備業務を追加して6億156万円の費用が生じ、続く第8回の変更でヘリコプターによる資材空輸などで3億1946万円を増額した。 G地区も警備業務などの追加で2億2726万円、資材空輸などで6億2089万円増えた。

    fty


    ヘリパッド建設を巡っては抗議運動が続いたため、防衛局は機動隊員や警備員を配置した。 資機材搬入時に抗議運動を避けるため、国内に数機しかない特殊ヘリで重機などを空輸した。

    沖縄防衛局は28日、琉球新報に「工事に反対する方々により長期にわたり物件や車両が放置され、通行が困難な状態が続いていたことから、これに伴い当初計画からの変更が必要となった」と回答した。

    北上田氏は「当初契約をこれほど増額するのであれば、警備や空輸は別の工事として一般競争入札で発注すべきだ。競争の機会が失われ、言い値での契約になった可能性が高い」と指摘した。

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-452860.html
    http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201703/f02b9d10bf7479cedfbf93b6a52d8aa2.jpgno title

    【【悲報】プロ土人の妨害のせいでヘリパッド工事費用が4倍に⇒沖縄平和運動センター・辛淑玉に請求しろ】の続きを読む

    このページのトップヘ