真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    大嘘

    sugano2

    菅野完は野田中央公園にゴミはなかったと言い切った!
    野田中央公園はゴミはあったし基準値の11倍も鉛の流出があったが、盛り土をして造成した。 しかも国に対して瑕疵担保責任を負わせる契約。 森友は国の瑕疵担保責任を免除する代わりに地中ゴミ撤去費用を国が面倒見る契約。 嘘つき。
    【菅野完の大嘘「野田中央公園にゴミはなかった」→基準値の11倍も鉛の流出があった】の続きを読む

    13769637_1109763229097254_1447845760487071300_n




    鳥越俊太郎氏「アメリカでも長年住んでれば市民権と
    永住権が得られる
    から 日本もそういうシステムを作るべき」 

    嘘でした 

    アメリカでも帰化しないと市民権は得られない(日本と同じ) 外国籍のまま参政権を得るというのとは別の話

    ■外国人参政権 - Wikipedia ほかの国同様、日本でも二重国籍は認められてません "憲法で"認めていません 永住権はあくまで、米国に滞在し就労できる権利(もちろん大学その他の学校で学ぶこともできます)であり、身分は外国人のままです。従って、米国市民ではないので、選挙権および被選挙権はありませんし、陪審員にもなれません。もちろん、永住権取得後5年で、希望すれば市民権の申請が可能です。ただし、日本の方々の場合は、22歳以上の方の二重国籍は日本国憲法で認められていませんので、米国市民権を取得すれば、日本国籍を失うことになります。従いまして、米国に滞在の多くの日本の方々は、市民権の申請はせずに永住権を保持する傾向にあります。 

    ■アメリカ合衆国の市民権 移民など市民権を持たない者がアメリカ合衆国の市民権を申請する場合、規定の国内居住年数を満たしていること、重罪の有罪判決を受けていないこと、移民局の判断でその人物が健全な精神をもっていると判断されること、アメリカ合衆国憲法に関する知識があること、老齢者や障害を持つ者を除き英語を理解し話せることなど、いくつかの要件を満たすことを求められる。 

    ■アメリカ合衆国で市民権を得るには以下の忠誠を誓う宣誓を行う必要がある 「心は祖国にある」まま市民権を得たり参政権を得るのはできない ・アメリカ合衆国憲法への忠誠の誓い ・以前保持したすべての外国への忠誠の放棄の誓い ・国内外の敵からアメリカ合衆国憲法を守る誓い ・法律が定めた場合、兵役に従事する約束 ・国家の大事の際、法律が定めた市民としての義務を果たす約束 市民権保持者は、投票を行う権利を持つ。 厳格に忠誠を誓う必要がある分、日本より厳しいです 

    1. この話題に反応する名無しさん 

    誰か鳥越のおじいちゃんを病院に連れていってあげて 

    2. この話題に反応する名無しさん あかん奴や~~~

    3. この話題に反応する名無しさん イデオロギーが民族国家に勝る亡国しそうだな。 

    4. この話題に反応する名無しさん 外患誘致を公約してるのですね。

    鳥越さんの姿勢に対し、ド正論を放つ奥田のツイートも話題に

    13567097_884749398318181_2509624926232135717_n
    これがアベノミクスの真実の姿です。野党・マスコミは大ウソつきだ!

    BojayjwCYAAzxXo

    年金運用損失5兆円計上というマスゴミ・野党の大嘘

    通算収益は50兆円
    仮に14兆円下落しても完全な想定内で、
    損失とは絶対言えない資産運用の現実
     
             

                   理   由


    ■現在の年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のポートフォーリオは、投資信託の国際分散バランス型と同一である。

                    ↓

    国際分散バランス型はリスクが10%強である(様々なポートフォーリオのリスク→資産価格のプラスからマイナスの間の変動幅は過去の統計値によって既に算出されている)。

                    ↓


    ■つまりバランス型は、
    100円を資産運用すれば90円~110円の間で、値幅が変動することは予め折り込み済みである。→この値幅を資産運用リスクと呼ぶ。

                    ↓


    約140兆円を運用するGPIFは、資産運用リスク10%とすれば126兆円~154兆円の間の価格変動を常に伴う。


                    ↓


    ■GPIFの下方への値下げリスクは14兆円であると、最初から分かっている事である。


                    ↓


    ■にも関わらず平成27年度、
    「損失5兆円を計上」などと述べるマスゴミ各社は、単なる無知蒙昧か確信犯の売国奴である。


                    ↓


    ■GPIFは長期分散投資以上に半永久的に運用するものである。
    損失の計上・利益の獲得はGPIFの全運用資産を売却した時に確定されるものである。資産運用を止める事の無いGPIFに損益を計上するという事は有り得ない。

                    ↓


    ■GPIFの運用を止める事が有り得ない以上、資産の価値は常に上下するものであり、それがプラスマイナス10%強の範囲内であれば、完全な想定内である。にも関わらず、下がった時だけ騒ぎ出す連中は明らかな売国奴である。


                    ↓


    ■よってGPIFが損失を計上する・したというマスゴミ用語は完全な間違いであり、意図的・意図的ではないとに関わらず、文言・発言自体が売国奴のそしりを逃れられぬものである。


                    ↓


    ■ちなみにGPIFの平成13年度運用開始時から平成27年第3四半期までの累積収益額は約50兆円である。

          
     ↓

    何故収益50兆円には頬かむりして、去年8か月の数字のみを見て、損失・損失と騒ぐのか。安倍政権への悪意があると勘ぐるのは私だけであろうか・・・。

    portfolio_fig_01



    13600049_302004350142226_3979658350773052236_n

    http://www.sankei.com/politics/news/160701/plt1607010068-n1.html
    http://news.livedoor.com/article/detail/11709544/
    http://www.gpif.go.jp/operation/highlight.html 

    おすすめサイト 憂国あんてな 

    このページのトップヘ