maxresdefault
手登根安則氏 2015年10月8日

会話が出来ない残念な人たちがいます。
すぐ近くにいる私とすら会話を拒否し
大勢で取り囲み
突き飛ばし
罵声を浴びせかける。
それを沖縄のメディアは、平和運動ともてはやす。
この画像のような事実は決して報道されることはない。
しかし、自ら求めればいくらでも見つけることができる。
それをどう生かすかは、自分自身にかかっている。


▼自分の行動理由について「なぜ?」と自問自答しない人々、自分の理解を深めていこうとしない左翼の人々が、
反日に染まり、人間性を失い、やがて言語的思考力も失って妖怪化していくのでしょうね。

▼一方で、沖縄にも保守団体があり、彼ら沖縄保守派も頑張っています。
<沖縄保守団体の例>
・沖縄対策本部
・チーム沖縄
・沖縄の自由を守る会
・保守系市長の会
などなど。一度、検索してみることをお勧めします。

ksm

KSM WORLD NEWSの スカイプ TEAM KSMでの私の発言

★ここでの最低限の決まり★絶対に他者の提案について非難、批判しないでください。私が放送に採用するか、ブログに掲載するかどうかは決めます。ブレインストーミング的な方法で自由な提案を行う場です。最終的にすべての保守勢力を結び付けるのが私の役割です。楽しくやるにはこれが一番大切です。多くの保守系の団体がメディアや反対勢力により分断工作を行われていますので、今までの自分の常識を疑ってみてください。おそらくその情報は何らかの改ざんがされています。

~ 例としては、ちょうど沖縄の話が出てきたのですが沖縄のてどこんさんのサヨクが発信した情報は超デタラメです。同じようにチーム沖縄の情報もデタラメです。我那覇さんや依田さんのの情報も捏造されている。分断工作の陰謀により「両方が仲が悪い」とか超デタラメな情報が流れていることをご存知の方も多いと思います。「情報ソースはデタラメであるので今までの考えを再検証する」「自分でしっかりと真実を把握する」ことが第一歩です。例えば桜井さんとチャンネル桜、「どっちの主張も日本のためになるのであればどっちも正しい。だからどっちも応援する」こういうスタンスで行きたいと思います。

一番最悪なのはサヨク・メディアのデタラメ情報を保守側が信じる。そして、左翼の陰謀で保守が保守を分断させることです。全部嘘だと思って、真実はなにかは自分で検証していきましょう。

一番だめなのは信じてはいけない情報をもとに考え、行動することです。出発点は「今まで聞いた情報は全部デタラメである。」だから自分で考え、正確な情報をもとに意見交換することが必要になります。

また、「好き嫌いの感情論を持ち込まない」ことが大切です。これは余計なゴミです。ゴミはゴミ箱へ。「今の日本にとって何が一番大切なのかを第一に考えてください」冷静に真実を見つけ、適切に情報発信していくことが一番大切だと思います。

何かの参考になったら幸いです^^

THE TRUTH IS OUT THERE