真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    塚本幼稚園

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/22(水) 18:33:08.40 _USER9
    014

    「俺が寄付したって言い始めたの? 口利きで政治家がカネをもらうという事件は聞いたことがあるが、それじゃ話が逆じゃない?」

    安倍首相は、籠池氏が16日、大阪府豊中市の小学校用地に視察に訪れた参院予算委員会の理事の前で、「ご意思の中には安倍首相の寄付金が入っていることを伝達します」と絶叫した後、周囲にこう漏らしたという。

    そもそも、安倍首相は寄付自体を完全否定しているが、選挙区外の寄付に違法性はない。籠池氏がどういう意図で唐突な主張を始めたのか、 真意が分からなかったのだ。

    集まってきた情報の中で、最初に官邸関係者の目を引いたのは、2015年の月刊誌「致知」(致知出版社)4月号に掲載された対談だった。 籠池氏は、山口県防府市の松浦正人市長と教育について語り合う中で、以下のように述べていた。

     「安倍総理には当園に足を運んでいただいた事もあり…」

    安倍首相は、籠池氏が大阪市淀川区で運営する塚本幼稚園を訪問した事実はない。 これ以外にも、籠池氏側は「愛知県の中学校への推薦枠」や「小学校の総建設費」「経歴」など、虚偽報告や間違いを重ねていた。

    官邸関係者が「これは決定的だ」と確信したのは、TBS系「報道LIVE『あさチャン!サタデー』」が追及していた問題。

    塚本幼稚園のホームページには《昭和61(1986)年5月11日 昭和天皇陛下 御臨幸》とのタイトルで、 「昭和天皇陛下には、全国植樹祭の途次、当園に御臨幸賜り、園児より紅白のカーネーションをお渡し致しました」との記述があった。

    ところが、同番組の取材に対し、宮内庁は「記録を確認しても、そのような日程はない。(昭和天皇は)塚本幼稚園には行かれていない」と答えたというのだ。

    官邸には「籠池氏は、安倍首相本人に対応させるような人物ではない」との認識が広がった。
    籠池氏の証人喚問が決まると、安倍首相は「よかった。これで公明正大に証言を得られて、白黒がハッキリする」と語ったという。

    籠池氏は10日の記者会見で「国会議員から口利きもしてもらっていないし、安倍首相や昭恵夫人から何かしていたいただいたことはない」と断言した。
    だが、6日後に「寄付金をもらっていた」と豹変した。

    この背景について、自民党関係者に先週末、ある推論がもたらされた。「籠池氏は、周辺から『政府はあなたを刑事訴追する方針だ』と聞かされたようだ。逮捕を恐れて、野党を巻き込んで攪乱戦術に出たのではないか」

    安倍首相と全面対決の構図を作り上げれば、倒閣優先の野党の支援を得ることができる。いざ逮捕されても、「公権力の濫用」を訴えて、世論を味方につけることができるという分析である。

    ジャーナリスト山口敬之

    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170322/plt1703221130002-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170322/plt1703221130002-n2.htm

    【【森友学園】安倍首相「俺が寄付したって言い始めたの?政治家がカネをもらうという事件は聞いたことがあるが」籠池氏が唐突な主張の背景】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/21(火) 14:56:12.23 _USER9
    C7CBTKtVwAApIhI

    小学校開設をめぐる一連の疑惑で、学校法人「森友学園」(大阪市)が窮地に立たされている。理事長退任を表明した籠池(かごいけ)泰典氏を刑事告発する動きが強まり、国会の証人喚問でも発言次第で偽証罪に問われかねない。一方、学園が運営する幼稚園の卒園式では、妻で副園長の諄子(じゅんこ)氏が突然、閉園を宣言して大荒れとなった。後継者に指名された長女の町浪(ちなみ)氏(32)は傾いた学園を支えられるのか。

    「塚本幼稚園は今年度で終わりです。園長(籠池氏)は明日から『ブタ箱(行き)』です」

    学園が運営する大阪市淀川区の同幼稚園で16日に開かれた卒園式。卒園児の保護者によると、式の冒頭、諄子氏はマイクを握りこう言い放った。

    同席していた籠池氏が諄子氏を制し、発言を否定したが、来年度も卒園児の妹を通わせる予定にしていた保護者が発言の真意や国有地取得問題など一連の疑惑を追及。「いいかげんにしてくださいよ」と抗議すると、会場からは拍手が起きたという。卒園児の保護者は「籠池氏は取り乱した様子で保護者に対し『君は話すのをやめなさい。今、ここでする話か』と激高したが、そもそも諄子氏の発言から起きた騒動。もう幼稚園の運営は事実上不可能ではないか」と話した。

    学園をめぐって、大阪府の松井一郎知事は、籠池氏が運営に関わる保育園が補助金を不正に受給した疑惑に関して刑事告発を検討する考えを示した。学園が小学校設置認可に向けて府に提出した申請資料が虚偽だった場合は「偽計業務妨害容疑で(刑事)告発を検討している」とも言及している。「ブタ箱」発言はこうした状況を念頭に置いたものだったのかもしれない。

    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170321/dms1703211130006-n1.htm


    【【森友学園】籠池氏の妻「塚本幼稚園は今年で終わりです。園長は明日から『ブタ箱行き』です」 卒園式あいさつで衝撃発言、式は大荒れ 】の続きを読む

    img_0

    ここにきて塚本幼稚園に多くの脅迫メールが届いている。

    それと同時に、心ある方から次のような注意を促すメールも届いている。

     
    img_1
    ------------------
    C.R.A.Cという反日左翼団体が、塚本幼稚園に対して、テロ予告をしています。
    幼稚園に対して、潰さなければならないと宣言しています。
    脅迫罪・威力妨害罪・信用棄損罪に当たります。
    彼らは、過去には釘バット片手に一般人を脅迫したり
    集団して一般人を襲って暴行を加えるという事もしています。
    (十三ベース事件でネットで検索してください)
    子供達に害が無いよう、警備員などを雇った方が良いと思います。
    また、警察や関連組織への通報をお願いします。
    -----------------
    5bf2d3a9363eb75c3af111d5c55d4775

    hqdefault
     
     
    C.R.A.Cと言えばパヨパヨちんのしばき隊だ。在日が塚本幼稚園を潰しにかかっている。

    CS9wNG1U8AAyn61
     
     
    当然、在日によるこんな脅しは日本国において許せないことである。
     
    こんなことをしているから「朝鮮人は帰れ」と言われるのだ。これをみても「朝鮮人帰れ」は「差別」ではなく「日本の治安」に関わることでもあるということがわかる。
     
    戦前から朝鮮人は日本人へのテロを実行して殺人事件を起こしてきた。
    畏れ多くも天皇陛下にまでテロを起こす民族だ。
     
    塚本幼稚園はすでに警察や関連組織に通報済みだという。
     
    また、次のようなとんでもないメールも来ている。
    -----------------
    ゴミ!塚本幼稚園!
    今年中に籠池泰典園長をナイフで滅多刺しにして殺す!!!!!!!
    -----------------
     

    これは殺害予告そのものである。この手の脅迫はまだまだある。

     
    なぜ、こんなことを言われなければならないのか。
     
    塚本幼稚園の教育方針は、戦後の腑抜けた個人主義、自由・平等・権利の尊重ではなく、日本人本来のよき和の心や精神を教える教育にある。
     
    今、森友学園は産経、読売新聞を除く朝日、毎日を代表とする反日左翼マスコミから集団バッシングを受けている。
     
    森友学園は歴史と伝統教育を実践している中で、不当な圧力は今までも何度もあったが、その都度、信念を曲げることなく、闘い、初心を貫いてきた。
     
    今起きているのはアパホテル同様、森友学園も反日勢力にとって目障りということであり、小学校が開校すれば日本の伝統教育を進めていき、国民精神が復活してゆくとの恐れがあるのだろう。
     
    森友学園は反日や在日の脅迫には決して負けることなく、教育方針も変えるつもりは一切ない。籠池理事長には何の迷いもない。あるのは日本を正していこうという志だけである。
     
    塚本幼稚園と瑞穂の國記念小學院は将来の日本のために絶対に必要である。
    このような不当な脅迫には負けてはいけない。・・・
     
     
    「さくらの花びらのブログを見て」という塚本幼稚園への応援メッセージが224日の1日で1000件を超えたという。これは凄いことであり、ありがたいことでもあります。
     
    塚本幼稚園はそのすべてに目を通しているという。
     
    苦しんでいる時だからこそ、心ある皆様の声がどれほど励みになるか。
    不当な脅迫に負けないようにと、皆様のご声援を引き続きお願いいたします。

    応援メッセージは下記へ

    http://ameblo.jp/ryobalo/entry-12254942008.htmlから転載

    昨日は再度、長谷川先生を筆頭に、塚本幼稚園の園児保護者の方々、有志一同で大阪府・教育庁を訪れました。

    いつも精力的にご活躍されている西谷さんも参加
    1111



    既に保護者の方が待合室のほうで待機されていましたが、そのうちのおひとりのお母様は、悲痛な面持ちで泣きながら胸の内を明かしてくださいました。

    私はマスメディアによる日本人差別が許せません!

    しかもこれに便乗している小沢一郎氏は、大阪府に入り、松井知事と府私立学校審議会の梶田叡一会長らと面会。

    記者団に「お役所仕事とは思えないスピードで国有地払い下げが進められた。大きな疑念を抱かざるを得ない」と述べたらしいのですが、特亜に日本を献上し、西松建設事件、政治資金で本名「小澤一郎」の名で10億円以上の個人資産を購入し、政治資金規正法違反をしていたスパイが何を寝言を言ってるのでしょうか。

    それならば兵庫県尼崎市が半世紀にわたり、学校法人「兵庫朝鮮学園」に年間約28万円という格安で土地を貸していた件について、国民の財産である国有地や市有地が不当に安く賃貸されていたことについては、なぜスルーされているのでしょうか?

    日本人はダメで、反日朝鮮学校が追及されないという明確な理由が知りたいです。

    これは明らかに日本人「差別」です。日本の子供の人権よりも外国人の子供の人権のほうが優先的に、そして尊重されるのですね?

    擁護するというのではなく、ダメなものはダメだということはわかりますが、では、朝鮮学校に至っては補助金詐欺は、朝飯前に過去から現在まで行われているのですよ?それらがテレビで大騒ぎされないのはなぜでしょうか?

    何もかも矛盾だらけの日本社会。私は納得できません。

    なぜ今「森友学園問題のみ」炎上してるのでしょうか?まるで魔女狩りの様相になってきています。

    この騒ぎで塚本幼稚園の存続さえ危ぶまれているのです。

    テレビでは、籠池理事長の、やりすぎに見える偏った内容の教育指導ばかり前面に出されていますが、保護者の方々からは、「一度、見物にいらしてください。ふつうのいい幼稚園ですから」と仰っておられました。

    とにかく大人の都合で、深く心が傷つけられた子供達、そしてその子供達を立派に守ってらっしゃる保護者の方々を見過ごすことはできません。「やりすぎ」なのは、悪質な取材を繰り返し、人の気持ちを何も考えずに行動している「マスメディア」の方々です。

    今回訴えたのは、土地売却という金銭絡みの問題よりも、森友学園の教育方針に賛同し、正しい教育をしていただきたいということ、認可を求めていますが、せめて半世紀も存続している塚本幼稚園だけは守っていただきたいと要望し、保護者の方からは、「大阪府からも内容を確認したうえで設置の募集をかけてもいいとのことだったので、森友学園に入学希望を出している。これで設置の許可がされないとなれば、大人として、どうしてこの小学校に行けないのか?ということを子供の前でしっかりと説明していただきたい。代表の方に、小学校を、こういう理由で行けなくなったんだということを許可されないと決定した方が明確に説明していただきたい。子供の学ぶ自由があります。学ぶ権利がある。そこをきっちりと行政は守っていただきたいと思います。マスコミの方々も、私達の声を切り貼りせずにきちんと報道していただきたい」といった要望がなされました。

    終始泣きながら悲痛な胸の内を語られていらっしゃった保護者の方は、「他の学校の教育じゃダメなんです。瑞穂の國記念小學院の認可お願いします。学校前にお家を買われた保護者の方々もいらっしゃるんです。この問題が起きても入りたいと仰る入学希望者の方々も6名ほどいらっしゃいます。多くの報道陣が連日押し寄せてくるため、離れる選択をされる方もいます。」と、仰っておられました。

    そして、もうすぐ来る卒園式に向けて、子供達を守るためにマスコミ対策を要望。

    塚本幼稚園は、60年もの歴史がある幼稚園であり、今更テレビで異常な学校教育として報道されること自体が狂っています。本当に学校内で虐待が行われているのなら、とっくの昔に炎上しています。これは民進党や、マスメディアによる安倍潰しの一環として意図的にやっているとしか考えられないのです。

    なんとか認可の方針で動いていただけるよう要望し、子供達の人権を反日勢力、マスメディアから守っていただけるよう申し入れました。

    以下、保護者の方々からのマスコミに対する悲痛な叫びです。


    ●朝は9時前後、帰りは14時半~15時半前後の保護者が集まる時間帯に報道陣が集まり、カメラを向ける。

    ●授業中も大きなカメラを公園や道路から向けるため、子供達が映らないように先生が(見えないように)立ち塞がっている。

    ●子供達がいなくても園の周りや近所のマンションから撮る。

    ●取材を何度断っても来る(撮る)

    ●ここ2週間、園バスが記者に追われている。

    ●添乗の先生が安全確認をしたくても後方の追いかけてくる車が急ブレーキをかけたり、あおったりするため、非常に危険な状況である。

    ●記者に文句を言いたくても子供達には聞かせたくない内容もあり、困っている。

    ●捕まえようとしても逃げる。

    ●バス1台につき2台の車で追いかけてくる。

    ●タクシーであったりレンタカーであったり様々。

    ●捕まえて注意をしても、次の時にはタクシーの頭の部分を倒したり、布をかぶせたりし、タクシー会社名が分からないように追いかけてくる。

    ●園はタクシー会社にクレームをつけるが社名を隠されているので、いたちごっこ。

    ●記者はタクシーの運転手に非常に細かく指示しており、バスの安全は脅かされている。

    ●園は子供達の乗降場所が分からないようにルートを変えて走行することを余儀なくされている。

    ●添乗の先生は保護者に後方の追跡車両に注意するよう促しており、時間時間で動いている。バスにとって大変目迷惑がかかっている。

    ●雨の日は少し早く園を出発するが、それも妨害されて遅れた。

    ●3月3日(金)は大変なことが起きた。記者の追跡のため、朝の園バスの出発が20分も遅れた。内容は、またバス1台につき2台の追跡車両が3台のバスすべてに付いたため、3台のバスとも、一旦、園に戻ったのである。後々、30分の遅れが出た。


    ★森友学園ならびに塚本幼稚園の子供達の人権を守る要望書を再提出★

    三月三日に「特定政党および一部マスコミによる弾圧から子供達の人権を守る要望書」を提出し、皆様方に事態の改善を要望いたしました。

    ところが、前回指摘した問題傾向は、ますます悪質化しています。

    「民進党」「共産党」などの「安倍政権攻撃」、一部偏向マスコミによる「塚本幼稚園」に対する「思想弾圧」「教育介入」の「道具」「手段」としての扇動で、どれだけ多くの園児、卒園者、保護者の心が傷つけられていることか。

    日頃から、「人権」を振りかざしている政党や一部メディアが、特定の政治目的、思想目的の為に、「塚本幼稚園」を一方的に攻撃、誹謗中傷しているのです。

    「日本国憲法」に保障された「学問の自由」(二十三条)、「教育を受ける権利」(二十六条)が、根底から侵害されています。園児達に対する深刻な人権侵害で、とうてい許されません。

    あたかも「森友学園」「塚本幼稚園」を「魔女、悪魔」に見立てた、「魔女狩り」「袋叩き」「集団リンチ」「集団いじめ」「弱い者いじめ」の集団ヒステリーが、マスコミを支配しているかの様相を呈しています。

    「人権侵害」は、今や日常的に続き、毎日の登園バスは、メディアや何者かわからない人物達、いわゆるパパラッチの尾行を受け、送り迎えの保護者まで尾行されるありさま。授業中も、道路や近くのマンションなどから望遠レンズで盗撮され、子供達は集中して、また安心して授業を受けることができません。

    入学説明会では、保護者を装った何者かが敷地内に侵入し、情報を朝日新聞等に流した疑いがもたれています。明らかに刑法百三十条違反、三年以下の懲役、又は十万円以下の罰金の、住居侵入罪にあたる犯罪行為です。このような、なりふり構わぬ異常事態は、日々の報道でも、意図的な森友学園、塚本幼稚園攻撃となり、繰り返されています。

    テレビ朝日三月一日午前の「羽鳥モーニングショー」では、園児たちが歌う「愛国行進曲」を、軍歌を歌わせていると批判的に報道し、そして、その番組に参加していた有識者のだれもが、その軍歌という言葉を訂正しませんでした。なんというメディアの無知無能でしょうか。

    「愛国行進曲」は軍歌ではありません。「国民愛唱歌」です。

    それもテレビ朝日の親会社たる朝日新聞が、国民に広く呼びかけて募集し、選定したものです。信じられない知的怠慢、不毛の論理が偏向マスコミを支配しているのです。

    三月五日午後二十二時フジテレビ系の番組では「宮根」と称する司会者が全く一方的、攻撃的、感情的に森友学園を非難、誹謗中傷しまくって、視聴者に「森友反対・糾弾」を煽り立てていました。

    日本のマスコミには「報道倫理」というものがないのでしょうか。

    否、それは、形式的にはあるのです。ただ、機能していないのです。

    宮根氏の、検察官と裁判官を兼務したかのような言動は、放送法一条の二「放送の不偏不党」、三条の二、一の条項、とくに政治的公平、多くの角度から、の規定に明白に違反しています。

    法律違反、放送法犯罪者の宮根氏は、ただちに報道界から追放すべきです。

    もちろん、ほかにも多くの法律違反、人権侵害が、過熱報道、政治謀略の結果、垂れ流されています。そのつど、どれほど園児達や保護者の心が傷ついていることか、普通の人間感情を持っている人ならば、即座に理解できるはずです。

    例を挙げればきりのないほどの「人権侵害」「思想弾圧」数々の犯罪行為を防止するには、それに関わる醜い大人たちの再教育が必要です。そのためには、現に塚本幼稚園で実践している教育勅語による道徳教育が最適です。

    親孝行、兄弟仲良く、友人は信じあい、謙譲の心、周囲の人には思いやりを持つ、勉学に励む、技術や知識を身につけ、等々の徳目を学習すれば、森友叩きの醜い大人たちも、政治謀略や報道商品の為に、純朴な子供達の心を傷つけたりはしないはずです。

    教育勅語を読んだことがないのに、全面否定する神様のような教育勅語反対主義者がたくさんいます。その人たちの為に、同勅語をつけていますので、ご奉読をおすすめします。

    「教育勅語」に反対ならば、親不孝、兄弟喧嘩、友人不信、他人を見下し、利己主義に徹底、不勉強、無芸、等々の理念、理想を追求しなければなりません。七十年近く以前に、絶対的、暴力的な権力で教育勅語を失効させた外国占領軍の道徳教育弾圧の結果、現在のような親殺し、凶悪犯罪、振り込め詐欺等々の真心の薄れた、荒んだ社会ができあがってしまいます。

    左に、私達の要望を列挙させていただきます。

    一、森友学園、塚本幼稚園に対する不当かつ不法な圧力を、ただちに排除していただきたい。

    二、同学園および幼稚園児、卒園児、保護者、教職員の教育権、生存権を保障していただきたい。

    三、過剰報道による関係者、とくに子供達への人権侵害を、強制力のある公権力で取り締まっていただきたい。

    四、このような異常事態の再発防止のために、府下全域で教育勅語の復活を要望します。

    平成二十九年、弥生、九日

    特定政党と一部マスコミの教育弾圧から子供達を守る会

    大阪府知事、大阪教育長、私立学校審議会長、良心的報道機関、ご一同様。

    こちらのブログも是非ご覧ください。
    さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
    保守の会会長、松山昭彦のブログ
    http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098

    【偽装保護者?やらせ取材疑惑】フジ Mr.サンデー挑戦的仕込工作?/「森友学園」報道の検証


    http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34635787.htmlから転載img_0_m

    一連の森友学園の記事を書いてから、保守の会のホームページが何者かに乗っ取られて開くことが出来なくなっている。
     
    こういうことは以前もあったが日本人じゃなかった。今回もどうせ日本人ではないのだろう。
     
    日テレ「バンキシャ」(3月12日)で、尾木直樹氏が塚本幼稚園の「教育勅語」を批判して、こう言った。 

    「戦後日本は、天皇の人間宣言で戦前の天皇主義から民主主義になった」。
     
    戦後教育にやられた典型的な人間だ。「天皇主義」などという言葉は日本にはない。天皇陛下の存在そのものが我が國體なのである。
     
    また「人間宣言」というものもない。これは「新日本建設に関する詔書」であり、先帝陛下が仰りたかったことは「五箇条のご誓文」であると後に述べられている。
     
    この時、先帝陛下は「民主主義と言うならば五箇条のご誓文」こそと仰せられた。
     
    戦後の民主主義は米国の民主主義であり、日本の民主主義ではない。というか、日本には民主主義という言葉など必要なかった。それは「君臣一体」の国柄であるからだ。
     
    日本ほど天皇陛下を中心として君臣一体まとまっている国はない。
     
    戦後日本は「国民主権」と言う。外国人がつくった占領基本法にも書いてあり、これが正しいように言うが、これも日本にはなかった言葉だ。
     
    「国民主権」の源流は日本ではない。欧州にある。欧州の歴史は君民の対立や抗争の歴史であり、革命を起こして君主制を滅ぼしてきた。
     
    つまり「国民主権」というのは専制君主の圧政に抵抗するために生み出された革命思想である。
     
    「国民主権」という言葉は、君臣一体の歴史を持つ日本の国柄には全く合わない國體破壊の思想なのである。
     
    日本の歴史では天皇陛下と国民が対立抗争した歴史はない。ここを理解しない戦後日本人が「国民主権」を進歩的だと思い違いをしている。
     
    塚本幼稚園の教育の素晴らしさの一つに「素読」がある。これは意味が分からなくてもいいから何度も読むことである。「論語」などを学ぶときに一番効果的な学び方はこの「素読」だ。
     
    人間の脳は使えば使うほど、どんどんよくなる。特に幼児期に「素読」することは脳の活性化につながる素晴らしい作用がある。
     
    江戸時代の寺子屋では子供達が声を揃えて「論語」を読む。素読である。
     
    もちろん子供達には論語の意味は分からないが、何度も声に出して読ませているうちに、リズムが身に付き、内容も少しずつ理解できるようになる。
     
    これが時代錯誤のように言う人がいるが全く違う。時代が変わっても「素読」の効果は変わらない。子供達の脳はフル稼働するのだ。
     
    塚本幼稚園の園児達は相当に学力が高いはずである。・・・

    この塚本幼稚園が森友学園の件で存続の危機にある。大阪で塚本幼稚園が乗っ取られれば在日や反日左翼教育に様変わりしてしまう可能性がある。

    この幼稚園は「日本民族の防波堤」でもある。決して消してはいけない。
    心ある日本の皆さん、応援してください。

    応援メッセージ(下アドレス)



    このページのトップヘ