真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    国防

    KlR6IU5D_400x400

    国防・防衛とは!現実はいつも想定外!知る努力を!


    (ブログから部分抜粋)

    IMG_3892

    スリーパーセルと言う言葉は、恥ずかしながら聞いたことはありませんでした。
    しかしながら、工作員がいるかもしれないという思考は当然であると思います。実際のところ、世界各国にはスパイ又は工作員「以下「スパイ等」と言います。)と呼ばれる人は、多くの国が派遣しています。派遣をせずに現地の人を雇用し情報を取ることもあります。

    これは、映画の世界ではなく現実です。

    大阪に多くいるかはわかりませんが、東京に継ぐ第2の都市である大阪にいても不思議ではないと思いました。

    北朝鮮のスパイ等については、この放送では「在日朝鮮人」の方を直接示しているとは思えません。
    スパイ等というのは、当然身分が分かってしまっては「スパイ」の意味をなしません。ひっそりと隠れているからスパイなんです。当然、日本人が北朝鮮に内通している可能性もありますし、北朝鮮以外の国の人がスパイ等の可能性もあります。

    なんせ、北朝鮮は160カ国以上の国と国交を結びイギリス・ドイツなどは、北朝鮮に大使館も置いているのですから。


    そもそも北朝鮮は、日本人用の工作員を育成し、北朝鮮の工作員が拉致問題を発生させたのは周知の事実です。

    国防や防衛を考える上で、あらゆる状況で不安要素については排除する。又は対処することは当然であります。仮想敵を作ること自体が「戦争をする気」と言われますが、こっちから戦争をしなくても、残念ながら戦争はきたり、現在の日本ではテロなど非常にグレーゾーンについて法律上の様々な問題があります。それでも、日本人を救うためにありとあらゆる状況を踏まえて、国防は考えるものです。

    「大阪」という地名が出ましたが、そこは三浦瑠璃氏がジャーナリスト(?)取材元(?)を通じて調べたことなのでしょう。

    私は国防を考える場合には、スパイ等については日本全国何処にいてもおかしくないと思います。それほど、日本は注意を要しないといけない時期なのだと思っています。

    IMG_6652-2
    【大山たかお @takao_ohyama 「国防・防衛とは!現実はいつも想定外!知る努力を!」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/26(火)12:17:49 ID:???
    mig
    ◎記事元ソース名/護衛艦「いずも」空母化…離島防衛の拠点に
    2017年12月26日 07時06分

     政府は、海上自衛隊最大級の護衛艦「いずも」を、戦闘機の離着艦が可能となる空母に改修する方向で検討に入った。

     自衛隊初の空母保有となり、2020年代初頭の運用開始を目指す。「攻撃型空母」は保有できないとする政府見解は維持し、離島防衛用の補給拠点など防御目的で活用する。


    米軍のF35B戦闘機の運用を想定しており、日米連携を強化することで北朝鮮や中国の脅威に備える狙いがある。

     複数の政府関係者が明らかにした。いずもは、広い甲板を持つ空母に似た形状の護衛艦で、全長248メートル、満載排水量約2万6000トン。ヘリコプター14機を搭載可能とされる。空母化すれば、F35Bを約10機搭載できる見通しだ。

     改修では、F35Bのジェットエンジンが発する熱に耐えられるように甲板の耐熱性を上げる。

    (ここまで342文字 / 残り986文字)

    2017年12月26日 07時06分 Copyright c The Yomiuri Shimbun
    (全文閲覧するには、会員登録が必要です)
    http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171225-OYT1T50161.html

    2: KSM WORLD NEWS 2017/12/26(火)12:18:44
    >>1
    関連記事
    【国防】 海上自衛隊「空母」運用機(短距離離陸のF35B)の導入を本格検討 [H29/12/25]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514176501/

    【【国防】 政府は、海上自衛隊最大級の護衛艦「いずも」を、戦闘機の離着艦が可能となる空母に改修する方向で検討に入った。[H29/12/26]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/12/15(金)12:05:55 ID:???
    title

    ◎記事元ソース名/日英、共同訓練を拡大 「準同盟」全面に 2プラス2

     【ロンドン=林咲希】日英両政府は14日、ロンドンで外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)を開いた。2018年に英陸軍と陸上自衛隊による初めての共同訓練を日本で実施することを含む安全保障分野の行動計画を策定する方針で合意。

    両国を「グローバルな戦略的パートナーシップ」と明記した共同声明を発表し、緊迫する北東アジア情勢を背景に「準同盟国」として安全保障協力を深める戦略を鮮明にした。

     日英2プラス2は3回…(以下略)


    2017/12/15 1:30日本経済新聞 電子版
    [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24641550U7A211C1PP8000/?n_cid=NMAIL007

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 78◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511668430/
    中国の海洋侵出を抑え込む──日本の対中防衛戦略
    日本安全保障戦略研究所
    国書刊行会
    2017-09-15


    【【国防】イギリスを「準同盟国」に!!、2018年に英陸軍と陸上自衛隊による初めての共同訓練を日本で実施 [H29/12/15]】の続きを読む

    このページのトップヘ