真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    国連

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/24(日) 14:15:04.37 0


    24日に放送されたTBS系列「サンデーモーニング」において、谷口真由美(大阪国際大学准教授)が、トランプ大統領が国連演説で拉致被害者の横田めぐみさんに言及したことを痛烈に批判した。

    谷口真由美氏は北朝鮮の情勢についてコメントした際に「拉致被害者の方の話って、分かってる話じゃないですか。」「この局面で出すなよ!」と言葉を荒げた。

    ※動画

    https://twitter.com/kazue_fgeewara/status/911734442103791621


    トランプ大統領の演説に関して、拉致被害者家族の横田早紀江さんは「感動した。解決への大きなチャンス」と評価している。谷口真由美氏の発言はそういった拉致被害者家族の気持ちを踏みにじるものである。

    ■関口宏も唖然とする発言書き起こし

    谷口真由美氏の発言内容は、拉致被害者の問題を毎年言わなければならないとしながらも、言葉が極めて乱暴で「こんなところで」「わかってる話」「政治利用」と、金正恩側に立ったような口ぶりであった。

    発言の書き起こし

    「それでいうと、拉致被害者の方の話をトランプさんが出したりだとか、それから安倍さんも出したんですけど、拉致被害者の方の話っていうのはそういう局面じゃなくても毎年言わなければいけない話だと思うんですよ。だから、こんなところで政治利用じゃなくて、もう分ってる話じゃないですかっていうのは、すごく気になりますね。この局面で出すなよ!っていう気もしました。」

    さすがの関口宏でさえ、この発言し対しては「ああ、そうですか・・・」と困惑した様子であった。

    谷口真由美氏と言えば、過去にも同番組で北朝鮮とアメリカの緊張状態について「在日朝鮮人の人とか在日韓国人の人に対する差別とか偏見が増長、そういう人たちに対する襲撃が起こらないようにする」と、日本人が有事の際に在日朝鮮人を襲撃するかのような発言を行っている。

    参考:谷口真由美「日本人が在日韓国人を襲撃する」TBSサンモニ発言の全文書き起こしhttp://ksl-live.com/blog8497

    谷口真由美氏の今回の発言は、北朝鮮が核兵器でアメリカと同盟国を恫喝していることに対し、拉致被害者の問題を棚上げにして交渉に応じろという趣旨に聞こえる。

    核の脅威を背景にする北朝鮮とアメリカが交渉することが先決で「拉致被害者はその後の話だ」という考えには全く賛同できない。サンデーモーニングは巨大企業のスポンサーをバックに開き直っている状態であり、このような発言に対して局も番組側も一切の責任を取ろうとしない。

    TBSが改善をする気がないなら、視聴者は資金を提供しているスポンサーの責任まで問わなければならないだろう。


    2017.09.24
    http://ksl-live.com/blog11201
    【【悲報】TBSサンデーモーニングで親朝鮮女コメンテーター「北朝鮮による拉致被害を国連でいうな」と大放言 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/21(木) 16:55:28.25 ● BE:218927532-PLT(13121) ポイント特典
    n-unanalysis-a-20170921

    首相の隣席となったトランプ米大統領は、「北朝鮮と対峙たいじする上で力が必要だ。シンゾウは強い」と述べ、挑発行動の抑止に向けた協力を求めた。

    首相同行筋によると、首相の隣席はトランプ氏本人が希望した。
    北朝鮮情勢や拉致問題のほか、11月上旬に予定されるトランプ氏の訪日などについて意見交換したという。

    国連総会での演説を終えて出席したトランプ氏は、首相に対し、「北朝鮮が発する言葉は尋常ではない。尋常ではない相手に、演説で厳しい言葉を述べた」と説明。

    首相は「『全てのオプションがあり得る』との強いメッセージが、(国連安全保障理事会での北朝鮮への追加制裁決議で)中国、ロシアを協力的にした」と返したという。
    http://sp.yomiuri.co.jp/politics/20170921-OYT1T50023.html
    テレ朝ニュースキャプ
    f9c1817a-s

    【トランプ「シンゾーの隣じゃなきゃ国連の昼食会には出ない」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/22(金) 00:11:09.97 _USER9
    img_0

    子どもの人権が守られているかどうかを調べる国連の委員会で、北朝鮮に対する審査が行われましたが、北朝鮮の大使は、経済制裁によって子どもの人権が侵害されていると主張し、そうした対応に批判の声が出ています。


    国連の子どもの権利委員会は、「子どもの権利条約」を批准した国の履行状況を調べるために、スイスのジュネーブに設置されているもので、20日は北朝鮮に対する審査が行われました。

    冒頭、演説した北朝鮮のハン・デソン大使は、「執ようで悪意のある制裁が、子どもの権利の保護を妨害しているだけでなく、生きる権利を脅かしている」などと述べ、国連安全保障理事会が採択した北朝鮮に対する制裁決議で子どもの人権が侵害されていると主張しました。

    そして委員から子どもへの虐待や児童労働に関する統計はないのかなどと問われたのに対して北朝鮮側は、「そのような問題はないので統計は存在しない」と述べました。

    北朝鮮側の対応について委員の1人は、「問題がないとは信じがたい。研究や分析をさらに進めることが子どもの状況の改善に役立つと考えている」と発言し批判しました。

    また審査を傍聴した国際的な人権団体「アムネスティ・インターナショナル」の研究員は、NHKの取材に対し、「経済制裁の影響を排除するのは難しいが、だからと言って、北朝鮮が子どもの人権をないがしろにしてよいわけではない」と話していました。

    配信9月21日 9時42分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170921/k10011150341000.html

    【【北朝鮮】「執ようで悪意のある制裁が、子どもの権利の保護を妨害、生きる権利を脅かしている」と国連で主張→ごちゃごちゃ言ってないで日本人拉致被害者を返せ!】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/21(木) 11:29:41.24 _USER9
    no title
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000079-san-pol

    国連総会に出席中のトランプ米大統領が19日午後(日本時間20日午前)、 米ニューヨークの国連内で開かれた昼食会で、安倍晋三首相に「北朝鮮を封じる上では力が必要だ」と伝えていたことが分かった。複数の政府関係者が明らかにした。

    トランプ氏はこれまでも公の場で北朝鮮に関して「軍事的行動は間違いなく選択肢に含まれる」などと発言してきたが、軍事行動の可能性を安倍首相に示唆した内容が明らかになるのは初めて。

    トランプ氏は「シンゾーには力がある」と述べ、米軍が軍事攻撃に踏み切った際の日本の協力や後方支援などへの期待を示した。一方で韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領については「力に欠ける」と指摘し、北朝鮮に融和的であることへの懸念が依然強いことをにじませた。

    トランプ氏はまた、同日の国連総会一般討論演説で、米国が軍事攻撃に踏み切れば「北朝鮮は完全に破壊される」と発言したことについて、安倍首相に「北朝鮮は日本を焦土に変えると言った。驚くべき声明だ。尋常ではない相手に国連演説で厳しい言葉を述べた」と説明した。

    北朝鮮は8月9日の朝鮮中央通信で、米領グアムへの中距離弾道ミサイルの発射計画を表明した際、「日本列島ごときは一瞬で焦土化できる能力を備えて久しい」と伝えていた。

    昼食会はグテレス国連事務総長が主催した。政府関係者によると、安倍首相は トランプ氏の強い意向で隣に座ったという。

    【【国連】トランプ米大統領「シンゾーには力がある。北朝鮮を封じるには力が必要だ」。昼食会の席上で安倍首相に軍事協力への期待示す】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/20(水) 11:53:12.92 _USER
    20160802-03554719

    韓国政府は、来年2月に韓国で開かれるピョンチャンオリンピックの期間中、世界中の紛争地などで戦闘を停止するよう呼びかける決議案を、このほど国連に提出したことを明らかにしました。

    これは国連総会に出席するためニューヨークを訪れている韓国のムン・ジェイン(文在寅)大統領が、19日、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と会談したあと、韓国大統領府が明らかにしたものです。

    それによりますと、韓国政府は来年2月に韓国で開かれるピョンチャンオリンピックの期間中、世界中の紛争地などで戦闘を停止するよう呼びかける決議案を、このほど国連に提出したということです。

    バッハ会長との会談でムン大統領は「多くの国の支持を得て、決議案が採択されれば、安全への心配がなくなり、北が参加すれば安全がさらに保障される」と述べ、その意義を強調しました。

    これに対してバッハ会長も「韓国が提出した決議案は、多くの国から好意的な評価を受けている。韓国出身の有名な選手たちが、ほかの国の選手たちとともに採択を呼びかければ、大きな助けになるだろう」と述べたとしています。

    韓国政府が国連に提出した決議案は、ことし11月に採決される見通しだということです。

    9月20日 10時57分 NHK
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170920/k10011148751000.html
      【【韓国】 オリンピック期間中の戦闘停止を 国連に決議案[9/20]】の続きを読む

    このページのトップヘ