真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    困惑

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/29(金) 21:00:27.56 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    9

    <衆院選>リベラル票はどこへ 選挙難民状態
    9/29(金) 18:00配信 毎日新聞

     今回の衆院選で「自公VS希望」と政権選択の様相が強まる中、改憲を急ぐ安倍晋三首相や安全保障関連法に批判的な無党派のリベラル層が危機感を募らせている。彼らの票はどこへ向かうのか。

     <大きな変革は望まないけれど安倍政権に違和感があって、さらに改憲の動きにうさん臭さを感じている人たちは一体どこに投票すればよいのか>。ツイッター上には戸惑うリベラル層の投稿があふれている。<投票先がほとんどなくなってしまった。いわゆる選挙難民状態>とも。

     「前原(誠司・民進党代表)さんの選択には正直失望した。受け皿が消えました」。国会前で2年前、安保関連法反対運動が盛り上がった。そこで活躍した学生団体シールズの元中心メンバーで明治大大学院生の千葉泰真さん(26)は困惑を口にした。
    「政権選択の構図が鮮明になればなるほど安保法制の問題は埋没してしまう」


     シールズは、昨年の参院選で実現した民進や共産など4野党の共闘でも一役買った。今回は野党共闘の動きが希望の登場で吹き飛んでしまった。
    共産党関係者は「リベラル票の受け皿になっても、政権選択の構図では埋没する」と焦る。

     自民のスローガン「日本を取り戻す」と希望の「日本をリセット」の二者択一にツイッター上で疑問を表明している中野晃一・上智大教授(政治学)は言う。
    「希望の党はすべてが未知数。政権選択の構図のもと、自公と希望が多くの議席を取るのは確実だが、リベラル層も含め有権者はその先に待つ展開を思い描く必要があります」

     野党共闘を後押ししてきた「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」は29日、民進の希望への合流方針について「市民と野党の協力の枠組みが損なわれ、力不足をかみしめている。
    共闘再生の可能性を模索し続けたい」との見解を発表した。【岸達也】
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170929-00000048-mai-pol

    8: KSM WORLD NEWS 2017/09/29(金) 21:02:52.52
    リベラル派は大量虐殺するのか?
    https://www.youtube.com/watch?v=4sGjxKrCNWQ


     

    【【衆院選】リベラル票はどこへ。選挙難民状態に….シールズ中心メンバーも困惑】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/19(水) 13:43:13.07 _USER9
    ダウンロード (1)

    【ワシントン=共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は18日、トランプ政権が朝鮮半島近海に向かわせた空母が15日時点で同半島から南西に約5600キロも離れた海域を航行していたことが判明し、 ホワイトハウスが国防総省に困惑していると報じた。 空母が急行しているかのような説明をしていた政権高官の発言を同省が訂正しなかったためだ。

    空母カール・ビンソン中心の空母打撃群は現在、北上中。来週中に朝鮮半島近海に到着する見通しだという。

    米海軍は8日、ハリス太平洋軍司令官がカール・ビンソンにシンガポールから北上するよう命じたと発表した。 スパイサー大統領報道官は11日の記者会見で、朝鮮半島近海に向け「勢い良く進んでいる」と説明。 トランプ大統領も11日「無敵艦隊を派遣した」と発言していた。

    同紙は、空母が間もなく到着するとの「誤った話」ができあがり、「トランプ氏が北朝鮮への先制攻撃を検討しているとの不安をあおった」と指摘した。

    インドネシアのジャワ島とスマトラ島の間にあるスンダ海峡を通過するカール・ビンソンを15日に撮影した写真を米海軍が公開し、朝鮮半島に直行しなかったことが判明した。

    配信 2017/4/19 12:25

    日本経済新聞 ニュースサイトを読む
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H30_Z10C17A4000000/

    関連スレ
    【国際】米空母、朝鮮半島向かわず反対のインド洋に移動 連絡ミスか
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492569114/

    【【米国】ホワイトハウス、空母カール・ビンソンめぐり国防総省に「困惑」】の続きを読む

    このページのトップヘ