真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    北朝鮮

    私たち日本人が望まなくとも世界は「戦争の時代」を迎えている!
    .....日本国内に多くの外国人がいると日本国内でも衝突が起こる可能性?

    .....なでしこりんです
    。「アメリカが北朝鮮の核軍事施設を先制攻撃する」という話はすでにネット上に広まっています。最近はネット情報を「後追い」するメディアが増えました。今日はそんなメディア情報のご紹介。「アメリカと北朝鮮」、「インドと中国」。明日、どちらで戦争が始まってもおかしくありません。戦争は日本と関係がなくても起こるのです。

    ........................1

     .....驚かないでいただきたい。「中国が、米国の北朝鮮に対する先制攻撃を認め、オバマ政権が作戦決行日のXデーの検討に入ったもようだ」という衝撃情報が浮上している。 まず、中央日報(日本語版)は20日、「中国が北朝鮮の核施設を狙った米国の軍事作戦を黙認する方針を決めた」と、中国情勢に詳しい台湾有力紙の報道を引用するかたちで報じた。 

    .....朝鮮日報(同)も24日、「北核実験:米報道官が「先制軍事行動」に言及」とのタイトルで、米ホワイトハウスのアーネスト報道官が22日(現地時間)のブリーフィングで、「一般論的に、そして北朝鮮と特定することなく言いたい」と前置きしつつも、「作戦事案の1つである『先制軍事行動』は、事前に論議をしない」と語った、と伝えた。 米韓両軍が先制攻撃に着手するとすれば、Xデーはいつなのか
    。 (zakzak)http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160928/frn1609281140001-n1.htm 

    .....インドと中国が領有権を争いインドが実効支配する印北東部アルナチャルプラデシュ州に、中国人民解放軍が今月上旬、インドが主張する実効支配線を超えて45キロ侵入し、4日前後にわたり駐留していたことが分かった。

    .....インドの国境警察当局者が27日、産経新聞に明らかにした。中国兵がインド側にこれほど深く、長期間駐留するのは異例で両国の緊張が高まりそうだ。(ライブドア)http://news.livedoor.com/article/detail/12072087/

    ............................2
    ....................       .在日米軍に過剰な期待を持たない方がよいかも。

    .....私は  在日米軍の人たちの「善行」を記事にしますから「親米派」と思われているかもしれませんが、実は私、物事を悲観的に見るタイプ。もし、日本と中国の間で武力紛争が始まってもアメリカが日本側で参戦してくれない場合もあると思います。アメリカにとっての中国は日本以上の市場ですからね。「リスクマネジメントは最悪の場合を想定せよ!」と言いませんか?アメリカにとっては日本は所詮は外国の一つ。国際政治に「仁義」を期待すると対応が遅れてしまうんじゃないでしょうか?

    ...................................3

    .....さて、アメリカ軍が北朝鮮の核軍事施設をミサイルで攻撃したら・・・前にも書きましたが、金正恩には「影武者」が複数いることが知られていますから、「本物の金正恩」を殺すのは相当難しい。フセイン大統領のように「後日に逮捕→処刑」になるんじゃないかな。

    .............................4

    .....日本では  どんな動きが起こるでしょうか? おそらく日本では表面的には何も変わらないでしょうが、朝鮮総連は確実に分裂し、朝鮮学校の生徒は急減するでしょうね。韓国から指示を受けた民団系自警団による「総連狩り」があるかもしれません。日本共産党員や有田ヨシフも北朝鮮シンパですから、一気に一掃されるといいですね。残念だけど共産主義者は死ぬまで更生しませんから。

    ...................................5

    .....インドと中国  の対立は根深く、反インドのパキスタンも含めて、「インド=シナ戦争」が始まる可能性も十分。日本国内にいるインド人と中国人の衝突もあり得るでしょう。やはり「共生社会はダメ」。特に中国人と朝鮮人は人間の質が悪すぎ!私はインドに加勢します。

    .............................6
    ..........................      平和と安全は十分な抑止力があってこそ守れる。

    .....「9条で  戦争退散」を叫ぶのは「悪魔信仰」に走る人間と同じぐらい悪質だと思います。「日本政府はいかに日本国民の生命を守るか?」にかかっていると思います。それこそ「防災訓練」を災害限定せずに、日本の子供たちには「防災と防衛」を絡めて教育し、すぐに行動できるようにすべきです。育の究極の目的は、「わが身を守り、家族や仲間を助ける」ことではないでしょうか? By なでしこりん

     http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12204528735.htmlより転載

    000cf1bdd02212f303a304


    1: KSM WORLD NEWS 2016/09/20(火) 07:08:31.02 _USER9 BE:348439423-PLT(13557)
    朝鮮大学校(東京都小平市)が5月、日米壊滅を目指す手紙を
    北朝鮮の金正(ジ恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に
    送っていたことが19日、分かった。朝大関係者が明らかにした。
    朝大の張炳泰(チャンビョンテ)学長が、
    朝鮮総連の許宗萬(ホジョンマン)議長から指示を受け、
    米国圧殺運動の展開を在校生に指示していたことも判明。

    手紙や指示には金委員長を称賛する文言があふれており、
    日本政府は朝大の反日・反米教育が加速化する可能性が高いとみて
    動向監視を強めている。

    *+*+ 産経ニュース +*+*
    http://www.sankei.com/politics/news/160920/plt1609200005-n1.html 
    VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

    【【KSM】朝鮮大学校、日米壊滅を目指す手紙を北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に送っていた】の続きを読む

    4c99ee0c-s
    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 08:09:26.26 ID:Q7EJMVat0 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    北朝鮮洪水支援せず=核実験理由に-岸田外相
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2016091400628&g=pol

    岸田文雄外相は14日の衆院外務委員会で、洪水被害を受けた北朝鮮への支援について
    「核実験や弾道ミサイル発射は従来とは異なるレベルの脅威になっている。このような状況を踏まえれば、現時点で支援を行う考えはない」と述べ、
    核実験などを理由に支援に慎重な姿勢を示した。生活の党の玉城デニー氏への答弁。

    【【KSM】北朝鮮「助けて!洪水被害が!」 日本「支 援 し ま せ ん」】の続きを読む

    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12199614455.html から転載

    残念ながら韓国軍の能力では金正恩を暗殺することはできない!
    ......日本人だけが「世界は平和」と信じても現実には今は「戦争の世紀」

    ......なでしこりんです
    。朝鮮人が大言壮語する割には実行力がないのは世界の常識になりつつあるわけですが・・・。パク・クネが大言壮語してます。これって「金正恩暗殺」のことなんでしょうが、ウリナラファンタジーで終わりそうな予感!

    ............................1

    ......韓国の朴槿恵大統領は13日、閣議で「北朝鮮がわが国の領土に向けて核ミサイルを1発でも発射した場合、その瞬間、北朝鮮の政権を終わらせる覚悟で高度な応戦態勢を維持するよう願う」と述べた。 閣議は北朝鮮の5回目の核実験強行後初めて開かれた。(時事通信)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000083-jij-kr&pos=2

    ............................2

    ......実際問題、韓国という国家は地政学で見ても、まれにみる脆弱な国家と言われています。その最大の欠点が首都・ソウルの位置。毎度言われていることですが、韓国ソウルと北朝鮮の国境の最短距離はわずか30キロメートルしかありません。

    ....................................3

    ......もし  北朝鮮が韓国ソウルに向けて核ミサイルを発射したなら、ミサイルは数分以内に韓国に到達し、韓国軍は迎撃できないと言われています。数分ですからね。空襲警報が鳴っても、まずほとんどのソウル市民は地下壕にさえたどり着けません。パク・クネは青瓦台の地下シェルターには間に合うでしょうが・・・・。

    ..........................4

    ......先日、在韓アメリカ軍が、北朝鮮との軍事境界線に近い東豆川基地から撤退しましたが、これは北朝鮮の韓国攻撃とは無縁ではないでしょう。在韓米軍の本音は、少なくとも「高高度防衛ミサイル(THAAD)」基地の南側か、贅沢を言えば日本まで撤退したいのが彼らの偽らざる気持ち。だって、ソウルじゃ反撃さえできないからです。

    .............5

    ......一方、北朝鮮の金正恩は「ゲーム好き」だそうで、着々と戦争アイテムを増やしていますね。たとえば潜水艦からのミサイル発射や、移動式発射台によるミサイル発射。これは、「こちらは移動しながら攻撃できるニダ」という宣言でしょうし、金正恩には何人もの「影武者」がおり、視察は影武者が行い、本人は地下深い指揮所に隠れていると言います。

    .......6

    ......ですから、パク・クネがいくら刺客を送っても、影武者しか殺せず、それこそ、ソウルとプサンを同時核攻撃される可能性もあります。もしそうなったら・・・九州と日本海側にも韓国人が押し寄せます。韓国が滅亡するのは願ったりかなったりですが、現実には「韓国人が日本に逃げてくる」可能性が高いです。

    ............................7

    ......実的には、金正恩の暗殺ができるのは中国ですかね。北朝鮮軍の中には中国のスパイがたくさん入り込んでますから、中国が実行すれば成功するかも知れません。中国には金正恩の代わりの「金正男」がいますからね。北朝鮮軍の幹部も今の特権が保証されれば、金正男の方がいいんじゃないかな。

    ............................8

    ......それにしても  私たち日本国民はこんなのんびり構えていてもよいのでしょうか? 「シン・ゴジラ」じゃありませんが、災難は突然やってくるのです。日本国内に向けて、北朝鮮か中国のミサイルが発射されたら・・・・。

    ............................9

    ......私たちは どう身を守ればよいのでしょうか? 私たち日本人だけが「世界は平和」と信じていても、現実の世界では、明日、戦争が始まってもおかしくないのでは? 民進党の蓮舫だって「中国の秘密兵器」じゃないのかな? 日本と日本人を守りたい人は危機に備えましょうね! By なでしこりん 



     北朝鮮「核弾頭」「SLBM」の実験成功は、日本にどう危険なのか

    北朝鮮は9日、朝鮮中央テレビで「核弾頭の威力判定のための核爆発実験に成功した」と発表した。「小型化、軽量化された、より強い打撃力の核弾頭を、必要なだけ生産することができるようになった」と実験の成果を強調している。

    これが本当であれば、日本は極めて危険な状況を迎えたことになる。

    北朝鮮の核実験は今回で5回目となるが、今年に入ってすでに2回目。これまで3年周期で行ってきた実験を、今年はわずか8カ月後に行った。極めて早いスピードで開発を進めていることがうかがえる。

    北朝鮮の狙いは、最強国アメリカに「核保有国」であることを認めさせ、交渉のテーブルにつかせて平和条約を結ぶなどして、金正恩体制の維持を保証させること、と言われている。

    核ミサイルを撃てる潜水艦は、なぜ恐いのか

    北朝鮮は8月下旬、潜水艦から発射する弾道ミサイル(SLBM)の発射実験にも成功していた。その際に、SLBMは約500キロ飛行し、日本の防空識別圏の約80キロ内側の海上に落下した。北朝鮮の「SLBM」に続く、「核弾頭」の実験成功は、日本にとってどう危険なのか 

    「北朝鮮が核弾頭搭載のミサイルを撃っても、日本は弾道ミサイル防衛システムがあるから大丈夫」という意見もある。実際に、日本のミサイル防衛は、まず海上のイージス艦がミサイルを発射して迎撃し、もし失敗しても、地上から撃ち落とすという二段構えになっている。

    しかし、日本のミサイル防衛システムがいくら優秀であっても、ミサイルが「潜水艦」から発射された場合は、陸上と違い、事前に探知することが難しくなる。

    そもそもSLBMは、核攻撃を仕掛けてきた相手国に対し、確実に核で「報復」できるようにするための兵器だ。

    例えば、A国がB国から核による攻撃を受け、A国の本土が壊滅的な被害を受けても、海の中の潜水艦は核を持ったまま生き残るため、A国はB国に核の報復攻撃ができる。つまり、北朝鮮が核を搭載したSLBMを持つことになれば、潜水艦からの核報復攻撃を恐れて、どの国も手を出せなくなる。

    「報復」どころか、「先制攻撃」を仕掛けてくる危険性も

    もっとも北朝鮮の場合は「報復」どころか、近海から周辺国に対して「先制攻撃」を仕掛けてくる可能性もある。核で報復できない日本は、格好の標的だろう。日本を人質として、同盟国のアメリカを脅す材料にも使える。

    北朝鮮から潜水艦が出港して日本海から発射すれば、韓国はもちろん、日本のほぼ全土が射程内に入る。その場合、潜水艦の性能が重要になってくるが、北朝鮮は現在、SLBMを発射できる2000トン級の潜水艦を1隻保有している。現在、3発程度のSLBMを発射できる3000トン級の潜水艦を建造中とみられており、いつ完成するのかが注目されている。

    抑止力としての核装備が必要な時期

    北朝鮮は、SLBMのみならず、さまざまな弾道ミサイルを開発し、核武装の道をまい進している。その行動は、「挑発」などという生易しいものではない。

    日本の防衛省は、迎撃能力の向上に向けて、次世代型のミサイル迎撃システムSM3の取得費用とPAC3の改修費用を来年度予算案に盛り込むことを決めた。

    しかし、大量のミサイルを撃ち込まれた場合、対応できない危険性も高い。やはり、核には核で対応するしかない。最大の抑止力になる「核装備の検討」が必要だ。

    これまで、国連などが北朝鮮に対する経済制裁などを繰り返してきたが、ほとんど効果がないことは、今の北朝鮮の"元気な姿"を見れば分かる。最大の問題は、水面下での支援をやめない中国だ。中国は、北朝鮮に制裁するどころか、大量の石油を供給し、北朝鮮から鉄鉱石や石炭を輸入するなど、"支援"を惜しまない(参考:8月14日付読売新聞朝刊)。

    日本が核装備の検討に入ることは、北朝鮮のみならず、中国をけん制することになる。日本はアメリカを「世界の警察官」に復帰させる外交努力と並行して、自分の国は自分で守る体制をつくらなければならない。

    (小林真由美)
    http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/3329479a482956a2e4ff9b7eebdc9466 から転載
     https://the-liberty.com/article.php?item_id=11909 The Liberty Webより

    このページのトップヘ