真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    北朝鮮

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/07(金) 21:16:16.63 _USER
    3766
    ディリーNK2017年04月07日
    http://dailynk.jp/archives/86431

    いま、一部の永田町関係者やマスコミ関係者、そして公安関係者の間で、次のような「ウワサ」がささやかれている。

    「日本の大手メディアのワシントン支局が米当局から入手した情報では、米軍は9日にも北朝鮮の軍事施設を攻撃するかもしれない」(マスコミ関係者)

    「米軍が9日にも北朝鮮を攻撃するとの話が永田町で流れている。官邸は、釜山の日本総領事館前に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として、

    長嶺安政駐韓大使を1月9日から一時帰国していたが、今月4日に帰任させた。官邸は本来、このタイミングで駐韓大使を戻すつもりはなかったのだが、

    米軍の攻撃があるため邦人保護に当たらせる必要から急きょ韓国に戻したと囁かれている」(政党関係者)

    吹き飛ぶ韓国軍兵士

    これらは事実なのだろうか。デイリーNKジャパン編集部が取材したところでは、どうやら米軍によるシリア攻撃を受けて語られた「事情通の見解」が、

    ぐるぐる回るうちに「関係者情報」に化け、さらに尾ひれ背びれが付いて、まことしやかに語られている――という類のものであるようだ。

    【【米朝】いま永田町で出回る「米軍が9日にも北朝鮮を攻撃」との怪情報「4/07」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/09(日) 12:27:59.72 _USER
    3766

    米ソ冷戦が終わり核の脅威が遠のくかと思いきや、北朝鮮の核実験と弾道ミサイル発射が止まらない。もし日本に落ちた時の被害は。そしてどう防ぐか。

    瀬戸際外交、朝鮮半島紛争、そして自殺攻撃──。
    北朝鮮が日本をミサイル攻撃するシナリオとして、防衛省防衛研究所出身で、政策研究大学院大学教授の道下徳成氏(51)はこの三つを挙げる。

    「瀬戸際外交」では、日米を譲歩させようと在日米軍基地がある日本のほうへ撃つ。被害に直結する領土でなく、領海に落としてミサイル能力を見せつける。 「朝鮮半島紛争」では交戦する韓国を日米が支援しないよう威嚇する。「自殺攻撃」は金正恩(キムジョンウン)政権の崩壊寸前で、自暴自棄になった場合だ。

    北朝鮮は3月6日に弾道ミサイル4発を発射し、3発が秋田沖の日本の排他的経済水域(領海外)に落下。 発射はほぼ同時で、ミサイル防衛(MD)で迎撃する場合の難易度は増す。朝鮮労働党機関紙の労働新聞は、有事に在日米軍基地攻撃を担う部隊が参加したと報じた。

    瀬戸際外交が破綻(はたん)すれば、朝鮮半島紛争シナリオへと移る。米国が「予防攻撃」に踏み切れば、北朝鮮はソウルを長距離砲などで「火の海」にして報復。 韓国軍は交戦規定による「3倍返し」でまた報復、とエスカレートする。

    日米韓が結束すると勝ち目がない北朝鮮は、「日米が韓国を支援するなら日本を攻撃する」と恫喝。 脅しの信憑性を高めようと、韓国の攻撃をかいくぐり、日本の都市をめがけてノドン数発を同時に放ちかねない。

    日本全土をほぼ射程に入れる中距離弾道ミサイルだ。マッハ15~20で複数の弾頭が同時に飛来する。 MDは撃ち漏らすかもしれない。1発が着弾したら、どうなるか。


    最悪のケースは、追い込まれた北朝鮮が核弾頭を積んだノドンを日本の人口密集地へと放つ場合だ。自殺攻撃に近い。

    ●核ミサイルの被害想定

    道下氏も参考にする被害想定がある。韓米の研究者2人が『ウォー・シミュレイション 北朝鮮が暴発する日』(2003年、新潮社)で示したもので、 「米ヘリテージ財団の協力を得て、米国防総省が使用する軍事シミュレイションのソフトウェアを活用」と説明がある。

    04年5月31日午前8時、12キロトン級の核兵器(広島型は15キロトン、長崎型は21キロトン)が地表爆発したら──。天気や風向きもふまえた予測はこうだ。

    東京 爆心地・国会議事堂付近 死者42万3627人、全体被害者81万1244人
    大阪 爆心地・梅田付近 死者48万2088人、全体被害者88万1819人


    その時の表現は生々しい。

    「2.5キロ以内に存在する人の90%以上はカメラのフラッシュのような閃光(せんこう)を見た瞬間に消える」 「爆発で生き残っても、弾丸のように吹き込む大量のがれきで致命傷を負う」「永田町、霞が関、丸の内が壊滅すれば日本の中枢機能は一瞬で停止する」

    実は広島市も核攻撃の被害想定を07年に出している。国民保護法で自治体に求められる国民保護計画の策定にあたり、 「原爆投下による惨害を受けた都市の使命」としてまとめ、ウェブサイトで公開している。

    想定は1945年当時と同じ爆心地で、8月の平日の昼間、晴れ。16キロトン級の核兵器が地上600メートルで爆発した場合、死者6万6千人、負傷者20万5千人、死傷率は46.4%にのぼる。

    45年末までに14万人が亡くなったとされる当時よりも頑丈な建物が増え、倒壊による圧死は大きく減る。 それでも「建物内に窓ガラスや備品が飛散し凶器と化す。高層ビルでは避難階段に生存者が殺到し将棋倒し」 「道路は建物や自動車の残骸で埋め尽くされ、火の手が迫り人々は逃げ惑う」とみる。
    https://dot.asahi.com/aera/2017040400050.html?page=1
    https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2017040400050_1.jpgno title


    【【軍事】朝日新聞 北朝鮮が日本をミサイル攻撃、戦慄シミュレーション・・・東京・死者42万3627人、大阪・死者48万2088人、広島・死者6万6千人】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/09(日) 09:32:01.80 _USER9
    jnl1701290001-f1

    安倍総理大臣は9日朝、アメリカのトランプ大統領と電話で会談したあと記者団に対し、アメリカ軍がシリアのアサド政権に対し軍事行動を行ったことについて、 「米中首脳会談直後という、大変あわただしい中であったが、およそ45分間にわたって、シリアや北朝鮮について率直な意見交換を行うことができた。 私からは、トランプ大統領が同盟国、そして、世界の平和と安全のために、強いコミットメントをしていることを高く評価した」と述べました。

    また、核やミサイル開発を続ける北朝鮮をめぐる情勢について、「北朝鮮については、中国の対応を大変注目しており、日米が協力して対応し、緊密に連携していくことが重要であり、日米韓の結束が重要であることで完全に一致した」と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170409/k10010942061000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002

    【【日米】電話会談 北朝鮮については日米韓の結束が重要、首相が米大統領のシリア対応など高く評価】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/09(日) 12:09:06.63 _USER
    KimJongUn_c

    北朝鮮外務省は6日、米朝関係をめぐる備忘録を発表し、「今の米政府の反朝鮮策動により、朝鮮半島は重大な戦争状況にある。 我々はやむを得ず、米国に再三送った警告を実践に移さざるを得なくなった」と表明した。朝鮮中央通信が伝えた。

    備忘録は米国の責任を明らかにし、北朝鮮の「不可避な自衛的選択の正当性と合法性」を明らかにすると主張。 最近の米特殊部隊や戦略爆撃機の朝鮮半島への投入や、米国独自の対北朝鮮制裁決議などに触れ、 「敵対行為の段階を超えて全面戦争を意味している」と決めつけた。

    そのうえで「米国の策動は戦争行為、戦争犯罪」として、「我々は先制攻撃ができる合法的な権利を有している」と主張した。 「攻撃が始まる場合、米国と追従勢力の軍事対象だけを狙った精密攻撃になる」と説明した。
    http://www.asahi.com/articles/ASK472H9WK47UHBI00N.html

    北朝鮮、ICBM発射実験示唆…備忘録を発表
    http://www.yomiuri.co.jp/world/20170407-OYT1T50152.html

    【【軍事】 北朝鮮 「(先制攻撃するという)警告を実践に移さざるを得なくなった。米国と追従勢力の軍事対象だけを狙った精密攻撃になる」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/09(日) 11:40:33.62 _USER9
    4e30ab9a-s

    【平壌4月8日発朝鮮中央通信】7日、トランプ行政府はシリア政府軍が化学兵器を使用して民間人を虐殺したという口実の下、シリア政府軍の空軍基地に対する大量のミサイル攻撃を強行した。

    朝鮮外務省のスポークスマンは8日の談話で、これは主権国家に対する明々白々とした侵略行為であって絶対に容認されないと強調した。

    また、世界はシリアに対する米国の今回の軍事攻撃を通じて誰が平和の撹乱(かくらん)者、破壊者であるかをはっきり目撃しているとし、次のように明らかにした。

    超大国と自称して不思議なほどに核兵器を保有していない国だけを選んで横暴な腕力を振るってきたのが歴代米行政府であり、トランプ行政府も少しも異ならない。

    一部では、シリアに対する米国の今回の軍事攻撃がわれわれを狙ったいわゆる「警告」の行動だとけん伝しているが、それに驚くわれわれではない。

    今回のシリア事態はわれわれに、帝国主義者に対する幻想は絶対の禁物であり、ただ自力があってこそ、帝国主義の侵略から自分を守れるという血の教訓を再び骨髄に深く刻み付けさせた。

    核戦力を中枢とする無尽強大なわれわれの軍事力は、米国の破廉恥な強権と専横、侵略策動を粉砕して国の自主権と民族の生存権を守る正義の霊剣となっている。

    こんにちの現実は、力にはただ力で立ち向かうべきであり、核戦力を非常に強化してきたわれわれの選択が全く正しかったということを実証している。


    われわれは、日増しに無謀になる米国の戦争策動に対処して自衛的国防力を全面的に強化し、われわれの力でわれわれを守っていくであろう。---

    朝鮮中央通信

    http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

    【【北朝鮮】核兵器を保有していない国を選んで横暴を振るう米政府 核戦力を非常に強化してきた我々が全く正しい 】の続きを読む

    このページのトップヘ