真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    北朝鮮

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/02(水) 14:56:03.11 _USER9
    4320127864_7f4cc9ed43

    北朝鮮の2回目となるICBMと見られる弾道ミサイルの発射について、アメリカ政府の当局者は1日、ミサイルの落下の数分前に民間の旅客機が付近の上空を通過していたことを明らかにしました。

    それによりますと、この旅客機は東京発パリ行きのエールフランス293便で、当時、北海道の西の日本海の上空を飛行していたということです。

    また、旅客機が発信する情報をもとに飛行コースをインターネットで公開している「フライトレーダー24」によりますと、
    エールフランス便はミサイルが日本海に落下したと見られる時間の前後、高度3万フィート、およそ9100メートルとほぼ一定の高度を保ちながら、北海道の西の沖合をまっすぐ北に向かって飛行していました。

    これに関連して、国防総省のデービス報道部長は先月31日、「なんら告知もなくこのようなミサイルを発射することにより、航空機、船舶、そして宇宙船が危険にさらされている」と述べ、民間の航空機や船舶への危険性を指摘していました。

    これについて、エールフランスはコメントを発表し「北朝鮮のミサイル実験の空域はエールフランス機の飛行ルートを妨げていない。
    先月28日の東京発パリ行きの293便は飛行計画にしたがって運航され、問題も報告されていない」と述べています。そのうえで「当局と協力して飛行区域の危険性を分析し、適切に飛行計画に反映させている」としています。

    配信 8月2日 13時40分
    NHK NEWS WEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170802/k10011084521000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

    【【北ミサイル】仏旅客機(エールフランス293便 羽田-パリ) 北朝鮮ICBM落下数分前に付近を通過】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/31(月) 20:42:52.76 _USER
    ref_l

     今週予定されている内閣改造を前に、ジャーナリストの田原総一朗氏が「政治生命をかけた冒険をしないか」と安倍総理に提案し、様々な憶測が飛び交っている。

     7月28日、安倍総理の元に田原氏が訪れた。30分を予定していた総理との会食は1時間に及び、その後取材陣に対して 「総理に近い“ある人物”に話をした。『政治生命をかけた冒険をしないか』と。そうしたら、総理の方から『会いたい』と言ってきた」とコメント。
    さらに、「“解散総選挙”ではないのか?」という質問に対しては、「そんな細かい問題じゃない」と具体的な内容は明らかにしなかったものの、 「(総理は冒険を)やるつもりじゃないかな」と前向きであることを示唆した。

    ――“冒険”とは憲法改正のことか?

    田原氏 :2016年9月に安倍総理に会ったときに、「実は憲法改正する必要がなくなった」と僕に言ったんです。 「集団的自衛権の行使を決めたらアメリカは何も言わなくなった。だから憲法改正の必要がない」とこう言った。 だから、「自衛隊を認めるみたいなことをやろうかなと思っている」と。

    ――電撃的に北朝鮮を訪問するとか、(成果が)見えるようなものではないのか?

    田原氏 :そのうち目に見えると思うけどね。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13411608/

    番組では、それ以上口を閉ざし続けている田原氏を直撃したが、「話したら、ぶち壊れてしまうので言わない」。 さらに追及したが、「内閣改造や閣僚人事、解散の話ではない」「外交問題でもない」としか話さなかったが、ヒントをくれた。 それは「日本の政治家で安倍総理しかできないこと」だという。そして「民進党も共産党も、小沢(一郎)さんも反対しない」と語り、 詳細は「安倍さんが行動を起こしたら言ってもいい(が、今は言えない)」と、あくまで詳細を語らなかった。

    https://www.j-cast.com/tv/2017/07/31304621.html

    ジャーナリストの田原総一朗氏(83)が31日、情報番組「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)に生出演し、 安倍晋三首相(62)に提案した「政治生命を懸けた冒険」について、実現の可能性は「5割近くある」と語った。

     田原氏は実現の時期について、安倍首相の支持率が低下している現状から「来年まで延ばしたら安倍内閣が潰れちゃう」と述べるにとどめ、具体的な内容については「言ったらブチ壊れちゃう」と明かさなかった。

    http://www.sankei.com/politics/news/170731/plt1707310027-n1.html

    【【安倍・田原面会】記者「安倍首相が電撃的に北朝鮮を訪問するとか?」 田原総一朗「そのうち目に見えると思うけどね」 】の続きを読む

    y
    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/30(日)07:09:51 ID:???

    足立康史 @adachiyasushi
    平成29年4月19日 衆議院 外務委員会
    http://adachiyasushi.jp/?p=6622
    足立康史「日本は、アメリカは、ソウルや日本が被弾をする、
    そういう覚悟を持つのか、北朝鮮の核保有を認めるのかという究極の選択に迫られる。
    大臣、私の認識はそれは違うということでしょうか」
    ----
    平成29年4月19日 衆議院 外務委員会 条約審議 北朝鮮のICBMとNPT体制の変更について | 衆議院議員 あだち康史 Official Website
    adachiyasushi.jp
    ----
    午前2:35 ・ 2017年7月30日
    https://mobile.twitter.com/adachiyasushi/status/891351486503858176


    平成29年5月12日 衆議院 外務委員会
    adachiyasushi.jp/?p=6635
    足立康史「北朝鮮が核を保有するのであれば日本も核オプションを検討すると世界に宣言することが
    中国や北朝鮮の対応に一番大きな影響を与える…そういうオプションを日本は持っていないのですか」
    午前2:47 ・ 2017年7月30日
    https://twitter.com/adachiyasushi/status/891354507908481024


    【足立康史「北朝鮮が核を保有するのであれば日本も核保有を検討すると宣言することが、中国北朝鮮の対応に大きな影響を与える…そういうオプションを持っていないのですか」[H29/7/30]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/28(金) 23:33:10.56 _USER
     朝鮮学校を高校授業料無償化の対象外としたのは違法だとして、国に処分取り消しを命じた28日の大阪地裁判決(西田隆裕裁判長)は、北朝鮮の独裁体制を礼賛するような歴史教育が行われていても、本国による「不当な支配」(教育基本法16条1項)には当たらず、学校の「自主性」は保たれているとして朝鮮学校側の主張を追認した。

     北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の強い影響下にあるとした先の広島地裁判決とは正反対の内容で、拉致問題が解決を見ない中での今回の司法判断は議論を呼びそうだ。

     高校無償化はもともと、民主党政権が発足した平成21年、鳩山由紀夫首相(当時)が所信表明演説で表明したものだ。その友愛的な政治姿勢もあって「外国人学校については外交上の配慮ではなく、教育上の観点から客観的に判断する」ことが政府統一見解とされ、立法化を経て22年4月に制度が導入された。

     ただ朝鮮学校を無償化に含めることには民主党内でも異論があり、北朝鮮による韓国・延坪島(ヨンピョンド)砲撃を受けて審査を凍結。

     野党だった自民党は当初から「朝鮮学校は北朝鮮の体制を支えるための思想教育機関だ」と国庫補助に反発し、自公政権となった25年2月に文部科学省令を改正して朝鮮学校を除外した経緯がある。

     ただ、友愛精神を背景に「教育の機会均等の確保」を掲げた無償化法そのものは存続した。このため28日の大阪地裁判決は法の趣旨を前面に押し出し「教育とは無関係な外交的、政治的判断で省令を改正した」として、除外規定は違法と認定した。

     そのうえで判決は、朝鮮学校が適正に運営されているかどうかを検討。朝鮮総連とのつながりについてはマイナスにとらえず「民族教育の維持発展を目的とした協力関係」とむしろ積極的に評価した。また、本国との関係でも「北朝鮮の指導者や国家理念を肯定的に評価することも、朝鮮学校の教育目的に沿うものだ」と学校側が主張した「民族教育」の意義を追認した。

     先に無償化除外を適法とした広島地裁判決は、整理回収機構(RCC)が過去に広島朝鮮学園(広島市)を相手取って起こした貸金返還訴訟で、学園が朝鮮総連の強力な指導下にあったと認定された点を重視。学園の資産が朝鮮総連側に流用された過去の経緯から「無償化資金が授業料に充てられない懸念がある」と判断していた。

     この点についても大阪地裁判決は「全国の朝鮮学校の運営は学校法人ごとに個別に行われている」として、訴訟の原告となった大阪朝鮮学園との関係では一切、問題視しなかった。

    http://www.sankei.com/west/news/170728/wst1707280100-n1.html
    http://www.sankei.com/west/news/170728/wst1707280100-n2.html
    http://www.sankei.com/west/news/170728/wst1707280100-n3.html


    【朝鮮学校無償化訴訟】判決内容、本紙報道は否定せず 朝鮮総連から「不当な支配」の可能性

     朝鮮学校への高校授業料無償化適用の是非が議論された当時から、産経新聞は北朝鮮の独裁者をたたえる教育や、朝鮮総連の影響下にある学校運営の実態を繰り返し報じてきた。

     平成22年2月11日付「北が送金 朝鮮学校へ460億円」では、北朝鮮が過去半世紀にわたり計約460億円の資金を朝鮮学校に提供し、21年にも約2億円を送金していたことを政府筋の話として伝えている。

     同3月11日付「教科書は金総書記の決裁必要」で、朝鮮学校で使用されている教科書には金正日総書記の決裁が必要とすることを伝えるなど、教育への北朝鮮の政治的影響を指摘した。

     ほかにも、朝鮮総連と朝鮮学校の一体的な資産管理の実態を伝えるなど、公金支出の是非を問うてきた。

     こうした学校運営に対しては、教育への特定の勢力の介入を「不当な支配」として禁じた教育基本法に矛盾することも、北朝鮮問題に詳しい専門家らから指摘されていた。

     「各種学校」である朝鮮学校が就学支援金の対象校として指定を受けるには、要件として、就学支援金が授業料に充てられるなど、適正な学校運営が求められる。

    http://www.sankei.com/affairs/news/170728/afr1707280022-n1.html
    http://www.sankei.com/affairs/news/170728/afr1707280022-n2.html

    >>2以降に続く)

    2: KSM WORLD NEWS 2017/07/28(金) 23:33:25.54 _USER
    >>1の続き)

     国は産経新聞の報道なども踏まえ、朝鮮学校について、「法令に基づく適正な学校運営が行われているとの確証を得られなかった」として、25年2月、朝鮮学校を対象外とする省令改正を行った。

     訴訟で国は、朝鮮総連から「不当な支配」を受けている可能性を示す証拠として、こうした報道の一部を提出。

     ただ、判決は産経新聞の報道を否定はしていないものの、国の立証活動について、「記事が合理的根拠に基づくという主張がなかった」などと指摘。「適正な学校運営」という指定要件は満たすと結論づけた。


    【朝鮮学校無償化訴訟】民事訴訟のベテラン 西田隆裕裁判長

     朝鮮学校を高校授業料無償化の対象から除外した処分を取り消した大阪地裁判決で裁判長を務めた西田隆裕氏(55)は、平成2年に裁判官に任官し、数々の民事訴訟を手掛けたベテランだ。西田氏は昭和62年に司法試験に合格。平成18~22年には、最高裁判事を補佐する調査官も務めた。

     平成25年4月、漫才師の中田カウスさんが、週刊現代の記事で名誉を傷つけられたとして、5500万円の損害賠償などを求めた大阪地裁の訴訟で、発行元の講談社などに220万円の支払いを命じる判決を言い渡した。判決理由では「記者が取材源の情報を明らかにせず、真実性を検証できない」と指摘していた。

     大阪・梅田の駅前地下道の拡幅工事に伴い、大阪市に地下道からの退去を命じられた老舗串カツ店による執行停止申し立てでは、27年6月、「行政目的の達成を犠牲にしてまで救済しなければならない損害ではない」として、却下決定を出した。

    http://www.sankei.com/affairs/news/170728/afr1707280020-n1.html


    【朝鮮学校無償化訴訟】全国5地裁・支部で同種訴訟、判断分かれる

     朝鮮学校への高校授業料無償化制度の適用除外をめぐって判決が言い渡されたのは、28日の大阪地裁が2例目だ。同種訴訟は全国の5地裁・支部で起こされており、9月13日には東京地裁で判決が言い渡される。

     訴訟が提起されたのは、広島、大阪、東京、名古屋の各地裁と福岡地裁小倉支部。朝鮮学校を運営する学校法人が原告となり、(1)朝鮮学校を無償化の適用対象から外した処分の取り消し(2)無償化対象とする処分の義務付け-を求めているのは、既に判決が言い渡された広島、大阪地裁のみ。

     東京などは、在校生や卒業生らが原告となり、国家賠償を求めている。処分取り消しについては、広島地裁が今月19日、「国の判断に裁量権の逸脱、乱用があるとは認められない」として原告側の請求を全面的に退けており、取り消しを認めた大阪地裁と判断が分かれている。

    http://www.sankei.com/affairs/news/170728/afr1707280021-n1.html

    http://www.sankei.com/images/news/170728/afr1707280022-p1.jpgno title

    朝鮮学校の無償化を求めた裁判の判決。勝訴し喜ぶ朝鮮学校の生徒ら=28日午前、大阪地裁(前川純一郎撮影)
    http://www.sankei.com/images/news/170728/afr1707280020-p1.jpgno title

    大阪地裁=大阪市北区
    http://www.sankei.com/images/news/170728/wst1707280100-p2.jpgno title

    故金日成主席と故金正日総書記の銅像。外国人観光客も5ユーロほどで造花を購入して献花をしなければならない=2016年
    http://www.sankei.com/images/news/170728/wst1707280100-p3.jpgno title

    15日、平壌の金日成広場で軍事パレードを観閲した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信撮影・共同)
    http://www.sankei.com/images/news/170728/wst1707280100-p4.jpgno title

    弾道ミサイル発射訓練に立ち会う北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

    (おわり)

    【【朝鮮学校無償化判決】北朝鮮の独裁体制礼賛は「教育」 朝鮮学校側の主張追認の判断 裁判長は民事訴訟のベテラン[7/28]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/29(土)13:53:08 ID:???
    6dd02926-s

    【北朝鮮ミサイル/落下映像】室蘭から北朝鮮のミサイル落ちてくるとこ見えてる。そのうち日本の領土に落ちるぞ !!


    ----
    位置画像/http://i.imgur.com/gVYPczE.jpgno title


    のむのむ'17 @eva_take

    室蘭から北朝鮮のミサイル落ちてくるとこ見えてる!
    そのうち日本の領土に落ちるぞ #ミサイル #北朝鮮
    [0:29]
    午前7:00 ・ 2017年7月29日
    9,057件のリツイート
    6,027件のいいね
    https://twitter.com/eva_take/status/891055872712900608

    【【北朝鮮ミサイル/落下映像】室蘭から北朝鮮のミサイル落ちてくるとこ見えてる。そのうち日本の領土に落ちるぞ !!】の続きを読む

    このページのトップヘ