真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    北朝鮮

    wor1709200003-p1

    トランプ大統領、国連演説。 「日本の浜辺から13歳の可愛い日本人の女の子を拉致し、彼女を北朝鮮のスパイのための語学教師として奴隷にしたことを知っている」
    13歳の可愛い女の子を『sweet 13year old』と表現。 一派的にはcuteかcharmingだろうが、大統領の想いの深さが伺える。
    【トランプ大統領、国連演説。 「日本の浜辺から13歳の可愛い日本人の女の子を拉致し、彼女を北朝鮮のスパイのための語学教師として奴隷にしたことを知っている」】の続きを読む

    VbcyiZRu_400x400

    北朝鮮がまた「拉致は既に解決」と言い出した。奴らは日本の反応を見ている。 「朝鮮総連の破産申立てを!」大合唱で対抗しようではありませんか。

    拉致被害者を返さなければ、コストが非常に高くつくことを思い知らせる必要があります。 卑劣な犯罪者に効くのは圧力のみ!
    【加藤 健 「北朝鮮がまた「拉致は既に解決」と言い出した。卑劣な犯罪者に効くのは圧力のみ!」@JapanLobby】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2018/05/10(木)13:24:16 ID:???
    no title

    2018年 5月 10日
    北朝鮮は9日、拘束していた米国人3人を解放した。ドナルド・トランプ米大統領がツイッターで明らかにした。

    解放はトランプ氏と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との歴史的会談を前にした、友好の意思表示とみられている。

    トランプ氏は、会談調整のため平壌を訪れたマイク・ポンペオ米国務長官と共に3人が帰国した際には、自分自身が出迎えると書いた。

    ホワイトハウスによると、キム・ハクソン氏、トニー・キム氏、キム・ドンチョル氏の3人はいずれも「補助なしで」飛行機に搭乗したという。3人は反政府行為罪などで拘束され、労働収容所に勾留されていた。

    トランプ氏は9日、「北朝鮮から飛行機で帰国中のマイク・ポンペオ国務長官に、皆がとても会いたがっている素晴らしい紳士3人が同乗中だと報告できて嬉しい。元気なようだ。そして金正恩と良い会談だった。日取りと場所が決まった」とツイートし、3人の解放を明かした。

    ポンペオ氏の訪朝に同行した記者団によると、ポンペオ氏と金氏の会談は90分に及んだという。

    (以下略)


    http://www.bbc.com/japanese/44063806

    12: KSM WORLD NEWS 2018/05/10(木)16:04:51
    >>7
    清志郎のアノ歌を思い出したww

    【【北朝鮮】 拘束米国人3人解放 米朝首脳会談を前に [H30/5/10]】の続きを読む

    Sn5oC6AL


    北朝鮮の非核化へ問題解決に協力 日中韓首脳共同発表 | NHKニュース 日中韓首脳会談で安倍総理は、検証可能な不可逆的な非核化を北朝鮮が行動をとったときにはじめて制裁を緩めることができると述べて、北による日本人拉致についても中韓に支援を求めた。

    安倍総理大臣は「現下の朝鮮半島情勢への対応を、3人で綿密に話し合った。今週、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が再び訪中した。朝鮮半島の完全な非核化と北東アジアの平和と安定に向けた機運を、国際社会と一層協力して、北朝鮮の具体的な行動へつなげていかなければならない」と述べました。そのうえで「累次の国連安全保障理事会の決議を完全に履行する。これは、日中韓3か国共通の立場だ。諸課題の解決に向けて、今後とも、3か国で協調して行動していく」と述べました。

    また、安倍総理大臣は両首脳に、拉致問題の早期解決に向けた支援と協力を呼びかけ、日本の立場に理解を得たとしたうえで、拉致、核、ミサイルの諸懸案を包括的に解決し、日朝ピョンヤン宣言に基づき北朝鮮との国交正常化を目指す考えを重ねて示しました。
    【【日中韓サミット】安倍首相が北朝鮮の大量破壊兵器の完全廃棄要求、拉致問題の早期解決へ連携】の続きを読む

    Hex53We2

    北朝鮮“大物工作員”追跡で発覚した金正恩氏らの日本不法入国 膨大な金の出入り確認金正恩と実兄の正哲氏が幼少時の1990年代前半、日本に不法入国した入管法違反事件は、捜査当局が大物工作員とみて動向を追っていた北朝鮮の男の捜査過程で偶然発覚した“副産物”だった 【北朝鮮“大物工作員”追跡で発覚した金正恩氏らの日本不法入国 膨大な金の出入り確認】の続きを読む

    このページのトップヘ