真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    内閣府

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/16(金) 13:43:07.55 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    20170616-00000042-jij-000-13-view (1)


    内閣府調査 「官邸の最高レベルが言っている」伝えた認識なし

    山本地方創生担当大臣は閣議の後、記者団に対し、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり内閣府で改めて調査を行った結果、 内閣府が「官邸の最高レベルが言っている」などと伝えた認識はなく、安倍総理大臣からも、そうした指示などはなかったと説明しました。

    (略)

    一方、山本大臣は「総理が常々、特区諮問会議等で『スピード感をもって実現すべき』という旨を発言されていることから、 事務方が関係省庁との議論を行う際でもこうした発言に言及させていただくことはあったとの報告を受けた」と述べました。
    そして山本大臣は、記者団から内閣府と文部科学省の受け止めが違うことについて質問されたのに対し、 「常々、安倍総理大臣は、『スピード感を持って規制改革を断行するように』と言っているので、その辺を踏まえての発言を文部科学省がどう受け止めたかということだ」と述べました。

    また山本大臣は、萩生田官房副長官の関与を指摘するメールについて、作成したのは文部科学省から内閣府に出向してきている職員で、 特区の担当ではなかったとしたうえで、「ある意味で隠れて親元に報告していた。『課内で飛び交っている話を聞き、確認しないまま書いた』と話している」と述べました。

    さらに山本大臣は、獣医学部の新設を認める際の条件について、「私の判断で『獣医学部は存在しない地域に限る』という原案を示した。 文部科学省などとやりとりをする中で、私が『広域的に』という文言を入れようと判断した。 萩生田副長官に適宜、報告は行っているが、副長官から、『こうしろ、ああしろ』ということは一切なかったと聞いている」と述べました。

    そのうえで山本大臣は、「新しい事実が出てくれば別だが、一応調査は尽くした。この結果を受けて、しっかりとルールにもとづいてやっていることを改めてわれわれは再認識した。 いずれにしても、こうした形で国民の疑念を晴らして改革を断行していく」と述べました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170616/k10011019781000.html

    関連
    内閣府が「加計文書」調査結果を発表 「官邸の最高レベル~」伝えた事実は無し!文科省の暴走で確定!
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1497578229/

    【加計文書「内閣府から文科省に送られたメール」 送信したのは文科省から出向してきた職員だったwww】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/16(金) 11:12:30.40 _USER9
    2013年6月24日 ロイター通信
    「総理のご意向」職員の発言否定 内閣府が調査発表
    2017/6/16 9:41 (2017/6/16 10:55更新)
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK16H09_16062017000000/

     学校法人「加計学園」(岡山市)の国家戦略特区での獣医学部新設計画を巡り、特区を所管する内閣府は16日、文部科学省が存在を確認した文書に関する調査結果を発表した。内閣府が文科省に獣医学部の開学時期を巡り「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」と対応を急がせたとされる文書とその内容を否定した。

     特区を担当する山本幸三地方創生相は閣議後会見で、萩生田光一官房副長官が獣医学部の新設条件の修正を内閣府職員に指示したとされるメールの存在も否定した。「指示は受けていない」と語った。獣医学部新設に関する手続きに関して「調査は尽くした」と述べ、再調査しない考えも示した。

     菅義偉官房長官は16日の閣議後会見で「(内閣府から文科省に)個別の項目やプロジェクトについて『官邸の最高レベルが言っている』『総理のご意向』と伝えた認識はなく、首相からもそうした指示は一切なかった」と語った。

    c1425343-s

     民進党の山井和則国会対策委員長は16日の記者会見で、内閣府の再調査結果について「事実上の国会最終日に結果を出すこと自体が嘘をついているということではないか。国民の誰も調査結果をしない」と批判した。「真相究明をしっかりすべきだ」と訴えた。



    【【加計学園】「総理のご意向」職員の発言否定 内閣府が調査発表】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/19(水) 18:38:46.10 _USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASK4L66HXK4LUTIL04K.html

    no title

    江戸時代以降の災害の教訓を将来に伝えるため、政府の中央防災会議の 専門調査会がまとめた報告書を、内閣府がホームページから削除している ことがわかった。一部に関東大震災時の「朝鮮人虐殺」についての記述が 含まれており、担当者は「内容的に批判の声が多く、掲載から7年も経つので 載せない決定をした」と説明している。

    削除されているのは、同会議の「災害教訓の継承に関する専門調査会」 (2003~10年度)が作った報告書。過去の大災害について、被害や政府の対応、 国民生活への影響などを整理し、教訓をまとめている。

    09年に作成した関東大震災についての報告書の第2編では、「殺傷事件の発生」 (計15ページ)として朝鮮人虐殺を扱っている。内閣府によると、この内容について 「なぜこんな内容が載っているんだ」との苦情が多く、4月以降のホームページの 改修に合わせ、安政の大地震や雲仙普賢岳噴火などを含め、すべての報告書の 掲載を取りやめることにしたという。

    「担当部局内での判断」だとし、順次削除を進めている。掲載していた資料は今後も 保管され、希望者にはメールでの配布を検討するとしている。

    no title

    「殺傷事件の発生」では震災全体の死者・行方不明者が10万5千人を超え、 このうち殺害による死者数を1~数%と推計。収集した史料などをもとに 「官憲、被災者や周辺住民による殺傷行為が多数発生した。虐殺という表現が 妥当する例が多かった。対象となったのは、朝鮮人が最も多かったが、中国人、 内地人も少なからず被害にあった」などと指摘。「大規模災害時に発生した最悪の 事態として、今後の防災活動においても念頭に置く必要がある」と記している。

    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492571337/
    1が建った時刻:2017/04/19(水) 09:08:10.88



    【【防災】内閣府、「朝鮮人虐殺」を含む災害教訓報告書をHPから削除。「なぜこんな内容が載っているんだ」との苦情多く】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/19(水) 09:08:10.88 _USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASK4L66HXK4LUTIL04K.html

    江戸時代以降の災害の教訓を将来に伝えるため、政府の中央防災会議の 専門調査会がまとめた報告書を、内閣府がホームページから削除している ことがわかった。一部に関東大震災時の「朝鮮人虐殺」についての記述が 含まれており、担当者は「内容的に批判の声が多く、掲載から7年も経つので
    載せない決定をした」と説明している。

    削除されているのは、同会議の「災害教訓の継承に関する専門調査会」 (2003~10年度)が作った報告書。過去の大災害について、被害や政府の対応、 国民生活への影響などを整理し、教訓をまとめている。

    09年に作成した関東大震災についての報告書の第2編では、「殺傷事件の発生」 (計15ページ)として朝鮮人虐殺を扱っている。内閣府によると、この内容について 「なぜこんな内容が載っているんだ」との苦情が多く、4月以降のホームページの 改修に合わせ、安政の大地震や雲仙普賢岳噴火などを含め、すべての報告書の 掲載を取りやめることにしたという。

    「担当部局内での判断」だとし、順次削除を進めている。掲載していた資料は今後も 保管され、希望者にはメールでの配布を検討するとしている。

    「殺傷事件の発生」では震災全体の死者・行方不明者が10万5千人を超え、 このうち殺害による死者数を1~数%と推計。収集した史料などをもとに 「官憲、被災者や周辺住民による殺傷行為が多数発生した。虐殺という表現が 妥当する例が多かった。対象となったのは、朝鮮人が最も多かったが、中国人、 内地人も少なからず被害にあった」などと指摘。「大規模災害時に発生した最悪の 事態として、今後の防災活動においても念頭に置く必要がある」と記している。

    【【防災】内閣府、「朝鮮人虐殺」を含む災害教訓報告書をHPから削除。「なぜこんな内容が載っているんだ」との苦情多く】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/07(火) 15:26:40.87 _USER9
    岩手県洋野町が「社会的ひきこもり」状態にある人の過半数を40歳以上が占めるといった、訪問調査の結果を、3月11日に学会で発表する。

    「ひきこもり期間」は長期化し、ひきこもる人たちの高齢化が進んでいる。 彼らの親も年老いていく中、全国で何十万もの世帯が“親子共倒れ”の危機に直面している。
    (ジャーナリスト・池上正樹)

    「社会的ひきこもり」者は40歳以上が過半数を占める──。
    岩手県洋野町の調査から判明したデータとその分析結果が3月11日、岩手公衆衛生学会で報告される。

    ひきこもり実態調査は内閣府も昨年9月に公表したが、こちらは調査対象が39歳まで。 ひきこもり現象が社会問題化する中、中高年層で状況が一層深刻化していることを、国でなく、小さな町が明らかにしたのだ。

    三陸海岸と山に面した洋野町は人口約1万7000人。 地方にある他の市町村と同様に高齢化が進み、65歳以上人口の割合(高齢化率)が35%に上る。

    同町の地域包括支援センターは15歳から64歳の町民を対象に、ひきこもり調査を実施した。きっかけは、保健師が介護保険サービスの情報を提供するために70代の高齢者宅を訪ねたところ、 すでに要介護の認定を受けているにもかかわらず、介護サービスの利用を辞退したことにある。

    玄関先に立つその高齢者は汚れた服を着ていて、生活に支障が出ている様子。 それでも「必要ない」「大丈夫」と言うばかりで、なかなか玄関から先に入れてくれなかった。それでも何度も訪ねて事情を聞き出してみると、実は働いていない40代の子どもが同居し、10年以上ひきこもっていることが分かった。その子どもに将来の生活費を残すために、お金を使いたくなかったのだ。

    「周囲に迷惑を掛けられないから」「家の恥だから」と、困っていても声を上げることができず、家族ごと孤立していく──。 同町はそうした現実を目の当たりにして、同じような家庭が多いのではないかと、大きな危機感を抱いた。

    調査を実施するに当たって、同町は「ひきこもり該当者」を「社会参加(就労、家庭外での交遊)を回避し、 原則的には6カ月以上にわたって概ね家庭にとどまり続けている状態の者(他者と関わらない形での外出をしている場合も含む)」と定義した。

    内閣府の調査で中高年は対象外

    「40歳以上」を黙殺

    70~80代の親が子を支える生活にタイムリミット


    (続きはソース元をご覧ください)

    http://diamond.jp/articles/-/120139?page=2

    岩手県洋野町調査
    http://dol.ismcdn.jp/mwimgs/0/a/-/img_0aae3892408faafbb5132ac9946826c2149702.jpgno title

    内閣府調査
    http://dol.ismcdn.jp/mwimgs/f/b/-/img_fb4a45b1a3258554dafb545857ec3488127026.jpgno title


    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1488856317/
    2017/03/07(火) 12:11:57.81



    【【社会】「ひきこもり」過半数が40歳以上、親子共倒れ危機の衝撃 内閣府の調査で中高年は対象外 「40歳以上」を黙殺】の続きを読む

    このページのトップヘ