真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    共謀罪


    2222


    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/28(土) 13:54:49.42 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    公明
    「共謀罪」提出容認 党内調整「テロ対策なら理解」

     公明党は、「共謀罪」の構成要件を絞り込み「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の国会提出を認める調整に入った。
    改正案の対象になる犯罪を政府が現在想定している676から300前後に減らせば、テロ対策として世論の理解が得られると判断した。改正案は今国会で成立する可能性が出てきた。

     井上義久幹事長は27日の記者会見で「(法案の)必要性は認識している。国民の懸念をどこまで解消できるかだ」と指摘。「出せば成立を見込むのが基本だ」とも述べた。

     「共謀罪」は、捜査当局の拡大解釈で人権侵害を生む恐れがあると批判され、過去に3回廃案になった。
    一方、安倍晋三首相は改正案について今国会で「かつての共謀罪とは違う」と繰り返し答弁しており、公明党が提出に慎重姿勢を取り続けるのは難しくなっていた。【高橋克哉】

    http://mainichi.jp/articles/20170128/k00/00m/010/224000c
    2016082801_01_1b

    【テロリストに激震 「共謀罪」新設法案、今国会で成立へ 及び腰だった公明党が提出を容認 】の続きを読む

    f9847bd968b4c53b24b1131bc6414e6e

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/24(火) 12:48:37.68 _USER9
    共産党の志位和夫委員長は20日の記者会見で、組織的な重大犯罪の計画段階で処罰対象となる「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案について「実行行為がなくても処罰する。現代の治安維持法だといわれるが、まさにそこに本質がある」と厳しく批判した。

    「憲法19条の思想、良心の自由に大きく抵触する。違憲立法だ」とも指摘した。

    http://www.sankei.com/politics/news/170120/plt1701200033-n1.html


    【【共謀罪】志位委員長「共謀罪は現代の治安維持法」 組織的な重大犯罪の計画段階で処罰対象となる改正法案について】の続きを読む

    ttrttww


    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/22(日)07:04:18
    ◆テロ等準備罪の対象 法務省と外務省で調整の見通し
    [NHK NEWS WEB 1月22日 5時07分]


    政府が今の国会への提出を目指す、「共謀罪」の構成要件を厳しくして
    「テロ等準備罪」を新設する法案について、対象となる犯罪をどこまで
    絞り込むのか、法務省と外務省の間に意見の違いがあり、今後、調整が行われる
    見通しです。

    政府は組織的なテロや犯罪を防ぐための「国際組織犯罪防止条約」の締結に向け、
    「共謀罪」の構成要件を厳しくして「テロ等準備罪」を新設する、組織犯罪処罰法の
    改正案を今の国会に提出するため、最終調整を進めています。

    法務省は与党の公明党が、「対象となる犯罪が多すぎると国民の不安に
    つながりかねない」として、テロ等準備罪の対象犯罪を絞り込むよう
    求めていることを踏まえ、テロ組織などが行うとは考えにくい犯罪などを除外し、
    対象をこれまでの案の半分以下の300前後とする方向で検討しています。

         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170122/k10010848371000.html

    【【政治】テロ等準備罪の対象 法務省と外務省で調整の見通し[H29/1/22]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/01/17(火)00:52:34
    今国会が20日に招集となりますが、その目玉は、何と言っても「共謀罪」ですね(^o^)


    【「共謀罪」/働き方改革 通常国会、荒れ模様 20日召集 譲位の議論に影響も】
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000052-san-pol

    【共謀罪、要件変え新設案 「テロ等準備罪」で提案検討】
    http://www.asahi.com/articles/ASJ8T4DF9J8TUTFK002.html

    http://i.imgur.com/9kaukos.jpgno title

    政府はこれまで何度か刑法に「共謀罪」を盛り込もうとしてきたのですが、これができると事前に暴力革命計画を察知されたら逮捕されちゃうとビビる共産党や、極左とつながる革新政党が反対し、全く前に進みませんでした。

    そこで今回は組織犯罪処罰法を改正し「テロ等準備罪」を新設したい考えなのですが、早速自分が逮捕されるのではないかと恐れおののきビビった議員先生方が、この話を超拡大して国民を洗脳の渦に巻き込もうとしています。
    http://i.imgur.com/YkvIvwr.jpgno title


    でも、国民もこれを知らずにビビっているだけでは話になりませんので、簡単にお伝えしましょう。
    まず、この成立には集団組織性が必要です。具体的には、3人以上の共謀が必要。

    これは、「凶器準備集合罪」が、凶器を持って2人以上が集まった段階で成立するのに比べるとちょっとハードルが高いのです。

    さらに、事前(つまり実行前)の自首については、刑の軽減か免除があります。これによって犯罪が予防され、あるいは事前に被害を出さずに阻止できれば、国民の完全確保に大いに役立つはず。

    反対派は、暴力破壊活動を伴う国家転覆革命などの計画に際し、集団内部に不信の種がまかれることにビビっているのでしょう(笑)
    http://i.imgur.com/JRZviKz.pngno title



    >>2へ続く

    【【坂東忠信】犯罪予備集団?が必死になって反対する「共謀罪」 「共謀されている内容に違法性があり、おまけに法定で4年以上の「重大な罪」でないと検挙できません。」 [H29/1/16]】の続きを読む

    このページのトップヘ