真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    共産

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/01(土) 11:03:25.41 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    有田芳生@aritayoshifu
    NHKの情勢調査(6月24~25日実施)都議選議席予測(非公開)は
    都民ファーストの会:48、自民党:39、公明党:23、共産党:9、民進党:3、生活ネット:1、無所属:4。

    現在は流動的で、自民党はさらに下落、民進党、共産党は自民党と競っている候補者が多い。最後の1日の闘いだ。

    参考:現在の議席数
    都民ファーストの会:5、自民党:56、公明党:22、共産党:17、民進党:18、生活ネット:3、無所属:5
    http://i.imgur.com/nHUVuep.jpgno title


    関連
    【画像】東京都議選、野党4党が反自民票の受け皿にならない一目瞭然の理由が判明wwwwww
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1498832101/
    http://i.imgur.com/Fc3M10n.jpgno title

    都議選情勢「"民進党壊滅"」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1498819100/
    「都民ファーストの会勝利で民進党弱体化」…こそ、安倍政権の思うツボか
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1498819633/

    【【悲報】有田芳生さん入手、NHK東京都議選議席予測(非公開) 民進→壊滅 共産→大敗】の続きを読む

    【KSM ネットウォッチ 6.25】

    東京都議選(7月2日投票)では、「民進・共産党支持者」の各党への不信感が増大している様子がネット上ではうかがえます。

    民進・共産党支持者は「蓮舫二重国籍問題」「尖閣や北朝鮮、フィリピンのミンダナオ島のIS(イスラム国)による占拠への危機への対応の不満」を語り、平和安全法制、テロ等準備罪と着実に日本の平和を守るために努力している自民党、安倍政権への支持を表明する例が相次いでいます。



     また、八王子では日本第一党への関心が高まり党公認候補の岡村幹雄氏の八王子での演説では多くの聴衆が耳を傾ける姿が見られました。共産党候補と鉢合わせになると多くの日本第一党支持者たちは「日本共産党の暴力革命の堅持、日の丸の否定は日本人としておかしい」と候補者や党関係者とともに大きな批判の声が上がりました。

     民進党・共産党から自民党支持になった人の話をまとめていくと「暴力革命を堅持する共産党に間違いを気づかせるためには、自民党を応援するしかないと思っている。」「民進党は共産党と協力関係にあるので共産党と同じ」「民進党の蓮舫代表の国籍が明確ではなく信頼できない、どこの国の人間だかわからないような人物が代表である政党などありえない」との声がありました。

     民進党を支持していた男性は、「テロ等準備罪」法案を採決し通過させた安倍政権を支持し、「国際情勢が大変な時期に(北朝鮮や尖閣問題、フィリピンでのISによるテロが多発しているにもかかわらず)野党は寝言を言っている」と怒りの声をにじませていました。

     また、自民党支持者の八王子の男性は「いつも自民党に入れてきたが、今度は、日本第一党に入れる」と語り、理由としては日韓合意について「元々1965年の日韓請求権協定ですべて解決済みにもかかわらず再交渉を行ったこと」や「小池都政への不信感」、特に「民進党を離脱し都民ファーストの会に移籍した議員に投票するのは民進党に投票しているのと変わらない」と語気を強め主張していました。



    ※発言は当方関連サイト掲示板、YouTubeLIve ツイキャスライブの内容 Youtube動画のコメント欄などから抽出 【民進・共産支持者「今度は自民党・日本第一党」「暴力革命堅持の志位共産党、二重国籍の説明責任を放棄する民進党・蓮舫には投票できない」自民党への支持を表明する例が相次ぐ】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/12(金) 16:17:24.12 _USER
    0582eea8-s

     日本共産党の志位和夫委員長は11日の記者会見で、北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐり、
    注目すべき変化が起きていることを指摘するとともに、その流れに逆行する安倍政権の姿勢を批判しました。

     志位氏は、5月に入って米国から「彼(金正恩朝鮮労働党委員長)と会うのが適切なら、私は必ず会う」 (トランプ大統領、1日)、「われわれは、条件が適切なら喜んで対話に加わるし、その用意はできている」 (ティラーソン国務長官、3日)などの発言が相次いでいることを指摘。8、9両日にはオスロで 米元国務省高官と北朝鮮政府当局者が協議したことも示し、「これらは大変に注目すべきだ」と語りました。

     さらに、中国とロシアが「6カ国協議も含む対話による解決」を呼びかけ、韓国でも「対話による解決」を 訴えた新大統領が誕生したことを指摘。「対話による解決をめざす一つの流れがつくられつつある。 経済制裁の強化と一体に、外交交渉に踏み切り、外交交渉のなかで北朝鮮に核・ミサイル開発を 放棄させる取り組みがなによりも大切となっている」と強調しました。

    c24a91_d98607d7d4414515ab6eeb40b76d95e5-mv2

     志位氏は、こうしたなかで、日本政府が「(6カ国協議は)なんの解決にもつながらない」(安倍晋三首相)、 「対話は現状では不可能」(岸田文雄外相)などと対話を否定していると指摘。さらに安保法制=戦争法を 初めて発動して「米艦防護」を実施するなど、軍事対軍事の悪循環を加速していることをあげ、次のように述べました。

     「対話の機運が起こるなか、日本だけが対話を否定し、北朝鮮問題を『戦争する国づくり』に利用している。 これは、憲法9条をもつ国の政府のやることではない。態度を根本から改め、対話と交渉による解決を働きかけるべきだ」

    しんぶん赤旗
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-05-12/2017051201_03_1.html

    【【政治】共産・志位委員長「日本だけが対話を否定し、北朝鮮問題を『戦争する国づくり』に利用している」[05/12]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/07(金)18:04:12 ID:???
    【シリア攻撃】
    共産・志位和夫委員長「一方的な攻撃は国際法違反」

    3b2d374b-s


     共産党の志位和夫委員長は7日、米軍によるシリアへのミサイル攻撃について談話を発表し、「国連安全保障理事会の決議もないまま一方的に攻撃したことは、国連憲章と国際法に反するものであり、厳しく抗議する」と非難した。

    志位氏は、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとみられることについて「化学兵器の使用は誰によるものであれ、人道と国際法に反する重大で許されない残虐行為」と強調。



    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/170407/plt1704070027-n1.html

    【【シリア攻撃】 共産・志位和夫委員長「一方的な攻撃は国際法違反」 [H29/4/7]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/03(月) 13:59:27.36 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    s_ice_screenshot_20170219-213409

    「共謀罪」法案、6日審議入りへ 自公国対委員長が合意

     自民党の竹下亘、公明党の大口善徳両国会対策委員長は3日午前、国会内で会談し、
    犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、6日の衆院本会議での審議入りを目指すことで合意した。今国会中の成立をめざす。


     衆院法務委員会で与党は継続審議中の契約ルールを見直す民法改正案を早期に可決させ、その後で「共謀罪」法案の実質的な審議に入る日程を想定する。 同法案の可決後に、性犯罪を厳罰化する刑法改正案を審議する。竹下氏は会談後の記者会見で「3法案とも今国会で成立を期す」と強調した。

     安倍晋三首相は3日昼、官邸で開いた政府・与党連絡会議で「テロ等準備罪など重要法案の確実な成立に向け、政府として緊張感を持って丁寧な説明に努める」と強調した。 菅義偉官房長官は3日午前の記者会見で「共謀罪」法案に関し「野党にも幅広い支持をいただけるよう国会でわかりやすく丁寧に説明し、一日も早い成立をめざす」と述べた。

     法案の審議順をめぐり、自民党は「共謀罪」法案の成立を最優先する方針だったのに対し、
    公明党は民法や刑法の改正案を処理した後で「共謀罪」法案の審議に入るべきだと主張し、折り合っていなかった。「共謀罪」法案を民法改正案の次に審議する形で両党が合意した。公明党幹部は「民法を先に処理し、刑法の成立も確約を取ったため容認した」と話した。

     民進、共産、自由、社民の野党4党は「共謀罪」法案の早期審議入りに反対しており、与党側が描く日程通りに審議が進むかは不透明だ。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H0A_T00C17A4MM0000/

    【「共謀罪」法案、6日審議入りで自公が合意 テロリスト発狂へwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ