o0490049013673616938


1: KSM WORLD NEWS 2016/12/07(水) 16:09:55.75 _USER9
民進党はカジノ解禁などを目指すIR法案について、審議が尽くされていないなどとして反対することを決めました。
 IR法案は6日の衆議院本会議で、自民党と日本維新の会などの賛成多数で可決されましたが、

民進党は党としての対応が決まっていなかったことから、採決に抗議して本会議を退席しました。

ただ、党内からは、法案に対して意思表示をするべきだという意見も出ていたことなどから、
7日から参議院で審議入りするのを前に、民進党は党としてIR法案に反対することを正式に決めました。

党内には賛否両論あることからカジノの是非には踏み込まず、ギャンブル依存症の対策が不十分であることや、
審議が尽くされていないことなどを理由に挙げてます。

 「何が成長戦略だ。人の金、負けた金が利益になるようなカジノが本当にこの国の経済の柱になるのか」(民進党 蓮舫代表)

 こうした中、蓮舫代表はこのように述べた上で、
7日行われる党首討論で「安倍総理に対して正面から質問したいと思う」とIR法案について追及していく考えを強調しました。

http://www.excite.co.jp/News/politics_g/20161207/Tbs_news_76115.html

【【KSM】民侵税金搾取党 党として対応が決まっていないために採決に抗議して本会議を退席した民進党・蓮舫代 党首討論へ】の続きを読む