真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    先制攻撃

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/30(木)10:35:40 ID:???
    d5618f07-s

     韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日、北朝鮮による大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射について、「絶対に座視しない」と述べる一方、「北朝鮮の誤判断」と「米国の先制攻撃」に同時に懸念を表明した。

    また、北朝鮮のミサイルをICBMだと断定した米日とは異なり、韓国政府は「ICBM級」「長距離弾道ミサイル」というあいまいな表現を使った。

    ■ICBMならば文大統領の「レッドライン」

     米日は同日、北朝鮮のミサイルを「米本土を攻撃可能なICBM」と位置づけた。
     マティス米国防長官はホワイトハウスで記者団に対し、「北朝鮮がICBMを発射した。
    過去に発射したミサイルよりも高く上昇した」と述べた。ホワイトハウスはトランプ大統領と日本の安倍晋三首相が行った緊急電話会談の写真を公表した際にも「北朝鮮のICBM発射」に関連したものだと説明した。


     一方、文大統領は同日午前6時に開いた国家安全保障会議(NSC)全体会議で「大陸を飛び越える北朝鮮の弾道ミサイルが完成したとすれば、状況が手の施しようもなく悪化しかねない」と述べた。韓国大統領府(青瓦台)と国防部当局者も「ICBM級」「長距離弾道ミサイル」という用語を使った。

    大統領府のユン・ヨンチャン国民疎通首席秘書官は同日夕、韓日首脳の電話会談に触れ、「北朝鮮のICBM級ミサイル発射」と表現した。ICBMと断言せず、あくまで「ICBM級」だと言った。射程距離などで技術的進展はあったが、大気圏再進入などICBMの完成までにはいくつかの段階が残っているため、追加的分析が必要との理由だった。

    しかし、そうした技術的理由以外に政治的配慮があると受け止められている。北朝鮮がICBMを完成したと言ってしまえば、韓国政府の「外交的方法を通じた北朝鮮核問題解決」が壁にぶつかるためだ。

    (以下略)

    朝鮮日報/11月30日
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/30/2017113000980.html

    【【朝鮮日報】北ミサイル:文大統領、「米国の先制攻撃」に初の懸念表明 [H29/11/30]】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/25(火) 01:10:02.89 _USER
    Zq2zFYt
    北朝鮮通の間で知られている逸話がある。

    かつて金日成が息子・金正日に尋ねた。

    「アメリカが北朝鮮を攻めて来たら勝てるのか」

    金正日は答えた。

    「勝てないが、朝鮮のない地球はありえない。朝鮮が潰れる時には、地球を破壊してしまえばよい」

    この息子として英才教育を受けたのが、現国務委員長・金正恩である。

    他方、1月の就任演説で「アメリカファースト」を高らかに宣言したドナルド・トランプ。
    要は、太平洋を挟んで、世界の安寧など一ミリも考えない「最狂国」の独裁者と、自国のことばかり考える「最強国」のトップとが向かい合っているのが、現在の国際情勢の現実なのだ。

    ■トランプが付きつけた「最後通牒」

    「6年前の権力継承以来、核・ミサイル開発を加速させる正恩は、今年に入っても、3度に亘って日本海へ向けてミサイルを発射させたばかりか、異母兄・金正男を化学兵器・VXで殺害した。 それに対し、1月に就任したトランプは、オバマと異なり、北朝鮮への先制攻撃をほのめかしている。実際、韓国へのTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備を急がせ、3月から始まった米韓合同軍事演習は過去最大級の規模に。 朝鮮近海に原子力空母を送るなど、今年に入って、緊張は日に日に高まるばかりです」(外信部デスク)

    4月の6~7日にかけ、トランプは、その北朝鮮の最大の“保護者”である中国の習近平・国家主席と会談。 しかし、最大の焦点である「北」問題については、〈平行線に終わった〉(4月9日付読売新聞)。
    そして、〈中国が協力しない場合、北朝鮮に対して軍事オプションも含めた独自の行動を取る可能性を通告〉(同)した

    「会談の最中の6日、アメリカはシリアに対し、電撃空爆を行いました」と言うのは、ジャーナリストの相馬勝氏である。

    「それと重ね合わせると、トランプは中国に対し、『最後通牒』を突きつけたに等しい。 このままでは、早晩、北朝鮮はアメリカ本土まで届くミサイルの開発に成功します。 核の弾頭化には既に成功していると見られていますので、米国が核攻撃の脅威に晒されることになる。 それだけは避けたいトランプは、中国に対し、石油の対北輸出停止など、北朝鮮への制裁を強め、核を廃棄させるよう、要求したでしょう。 しかし、習近平の回答は曖昧なものに終始。そこで、独自行動について言及し、もし動かないのなら、こちらがやるぞ、と脅しをかけたのです」

    シリアへの空爆は、国連決議を経ない単独行動だった。 個別的・集団的自衛権を行使したという「論理」も、はるか離れた中東の国相手だから、容易に首肯しかねるが、北朝鮮の場合は、同盟国である日本や韓国が既にミサイルの脅威に晒されている。 同じ単独行動を取ったとしても、論理としては理解されやすい。

    ゆえに、「トランプが我慢するのは100日程度でしょう。 3カ月余り経って、中国が動きを見せなければ、別のアクションを起こす。言葉通り、軍事行動を取るオプションもあるはず」(同)と言うのである。

    ■1000発のトマホーク

    無論、アメリカの攻撃によって、米軍ばかりか、日本、韓国にも甚大な被害が想定される。
    また、「アメリカは結局、軍事行動には踏み切らない」(元海将の伊藤俊幸氏)との意見も根強い。

    しかし、この逼迫具合を考えれば、直近、最悪のケースとして何が起こるか想定することは、決して「狼少年」との誹(そし)りを受けるものではないはずだ。 「アメリカがこの機会に先制攻撃をするとすれば、方法はいくつかある」と述べるのは、軍事アナリストの小川和久氏。

    一つはサージカル・ストライク。外科手術的攻撃と訳しますが、核施設やミサイル拠点などを、トマホークなどの精密誘導兵器を使ってピンポイントで叩くものです。 攻撃の主力は、イージス艦や巡航ミサイル原潜、護衛艦部隊で、日本海、黄海の両方から2時間ほどで最大1000発のトマホークを撃ち込むことが出来ます。 これが成功すれば、北の軍事拠点は壊滅的な打撃を受けるでしょう

    残りは、米韓の特殊部隊が金正恩を拘束、あるいは殺害する「斬首作戦」などが挙げられるという。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170424-00520229-shincho-int&p=1
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170424-00520229-shincho-int&p=2

    ※続きます

    【【半島有事】米軍「北朝鮮」先制攻撃シナリオ…1000発のトマホークと特殊部隊の金正恩“斬首作戦”[4/25]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/15(土) 08:51:00.09 _USER
    Zq2zFYt

     北朝鮮軍当局が、烏山(オサン)・平澤(ピョンテク)・群山(クンサン)など、在韓米軍基地と大統領府などを先制攻撃できるとして、威嚇に乗り出した。また、ハン・ソンリョル北朝鮮外務次官は「米国が戦争を望むのなら、私たちも応じる」と発言した。この日も米国からは対北朝鮮先制攻撃論が流れた。米朝間の“言葉の戦争”がピークを迎えている。

     朝鮮人民軍総参謀部報道官は14日午後、声明を発表し「今朝鮮半島には新たに発足したトランプ米政権の無謀な軍事的挑発狂気により、極めて厳しい情勢が作られている」として、このように述べたと「朝鮮中央通信」が報じた。総参謀部報道官は「米国が試みる挑発の種類とレベルに合わせて我々式の超強硬対応がそれに伴うだろう」とし、「地上、海上、水中、空中機動を同伴した我々式の不意の先制攻撃案をはじめ、様々な案がある」と主張した。

    また、「わが軍隊と人民は核攻撃手段を含む超強硬対応に備えて万全の激動状態を常時維持している」としたうえで、「南朝鮮(韓国)の烏山や群山、平澤をはじめ米軍基地と大統領府を含めた悪の本拠地をたった数分で焦土化できることを隠す必要はないだろう」と述べた。

    さらに、「日本本土と沖縄、グアムを含めた太平洋戦区内の米軍基地はもちろん、米本土までに我々の戦略ロケット軍の照準に収まっていることを肝に銘じなければならない」と強調した。総参謀部報道官は同声明で、今回の立場の発表が「委任によって」行われたとして、金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の指示によるものであることをほのめかした。


    韓成烈北朝鮮外務次官//ハンギョレ新聞社

     これに先立ち、韓成烈(ハン・ソンリョル)北朝鮮外務次官も同日午前、平壌(ピョンヤン)でAP通信との単独インタビューで、「米国が無謀にも軍事的挑発を強行しようとするなら、共和国(北朝鮮)が先に先制攻撃に出る」とし、「米国が戦争を選ぶなら、私たちも対抗する」と述べた。彼はさらに「(6回目の核実験は)首脳部で決定する事案」だとしたうえで、「首脳部が必要だと判断すれば、任意の時間、任意の場所で核実験を実施する」と明らかにした。

     北朝鮮が「最大の祝日」とする金日成(キム・イルソン)主席の105周年の誕生日(4月15日)を控えて超強硬方針を明らかにしたのは、米空母カールビンソン号の派遣をはじめ、トランプ政権による一連の軍事的圧迫に対し、真っ向対決することを選んだためと見られる。

     同日も、米国は北朝鮮に対する軍事的圧迫を続けた。米NBC放送は複数の情報当局関係者を引用し「対北朝鮮先制攻撃作戦を遂行できるトマホークミサイルを装着した駆逐艦2隻を北朝鮮の核実験場所(豊渓里<プンゲリ>)から約300マイル(約483キロメートル)離れた海域に配置した」としたうえで、「米情報当局が北朝鮮の核実験が切迫したと判断すれば、史上初めて北朝鮮に対する先制攻撃作戦に入ることをホワイトハウスが考慮している」と報じた。

    チョン・インファン記者

    http://japan.hani.co.kr/arti/international/27076.html

    【【北朝鮮】「大統領府への先制攻撃もあり得る」[04/15] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/09(日) 12:09:06.63 _USER
    KimJongUn_c

    北朝鮮外務省は6日、米朝関係をめぐる備忘録を発表し、「今の米政府の反朝鮮策動により、朝鮮半島は重大な戦争状況にある。 我々はやむを得ず、米国に再三送った警告を実践に移さざるを得なくなった」と表明した。朝鮮中央通信が伝えた。

    備忘録は米国の責任を明らかにし、北朝鮮の「不可避な自衛的選択の正当性と合法性」を明らかにすると主張。 最近の米特殊部隊や戦略爆撃機の朝鮮半島への投入や、米国独自の対北朝鮮制裁決議などに触れ、 「敵対行為の段階を超えて全面戦争を意味している」と決めつけた。

    そのうえで「米国の策動は戦争行為、戦争犯罪」として、「我々は先制攻撃ができる合法的な権利を有している」と主張した。 「攻撃が始まる場合、米国と追従勢力の軍事対象だけを狙った精密攻撃になる」と説明した。
    http://www.asahi.com/articles/ASK472H9WK47UHBI00N.html

    北朝鮮、ICBM発射実験示唆…備忘録を発表
    http://www.yomiuri.co.jp/world/20170407-OYT1T50152.html

    【【軍事】 北朝鮮 「(先制攻撃するという)警告を実践に移さざるを得なくなった。米国と追従勢力の軍事対象だけを狙った精密攻撃になる」】の続きを読む

    このページのトップヘ