真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    偏向報道

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/30(月) 21:46:31.17 _USER9
    http://netgeek.biz/archives/105600

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/10/miyanehenko-2.jpgno title


    宮根誠司が相次ぐ偏向報道批判について番組中に言及し、視聴者に反論していたことが分かった。 語気を強める宮根誠司。けっこう怒っている。

    宮根誠司がFNN選挙特番でネット民を挑発「もう偏向報道とか言うのやめませんか?」 pic.twitter.com/556VXYIlXt


    — なかよし討議!(公式) (@NakayoshiTogi) 2017年10月23日

    伊藤利尋「選挙特番第三部というのがありまして、是非ご覧いただきたいと思います」

    宮根誠司「選挙終わったら好きなこと書かれますよね?」


    伊藤利尋「そう(笑)」

    宮根誠司「もうなんか、偏向報道とか言うの…や・め・ま・せ・ん・か?」


    顔を見てもけっこうなブチ切れ具合。これまで多くの視聴者から偏向報道だと指摘されて鬱憤が溜まっていたのだろう。ここぞとばかりに言い返すが、奇妙なのは被害者面している点。これまであからさまに偏向報道を繰り返してきた自分たちが悪いのに、そのことを棚に上げて視聴者に文句を言う。

    偏向報道をしなければ偏向報道だと言われなくなるというシンプルな話なのに、宮根誠司にその選択肢はないのだろうか。いつの間にか加害者が被害者に成りすましているパターン。反省すらしていないのだからテレビが変わるはずがない。 ネット上では早速プラカード用の画像がつくられた。

    今回、宮根誠司が不用意に反応してしまったことは皮肉にも偏向報道批判が「効いている」という証左になってしまった。抗議の声は制作陣の耳にもしっかりと届いているのだ。

    「やめろ」と言われたらもっとしたくなるのがネットユーザーの心理。迂闊に発言した宮根誠司は火に油を注ぐ羽目になってしまった。

    あわせて読みたい→フジテレビ「秋葉原の最終演説では安倍辞めろコールが起きました」←出たあああ偏向報道

    【宮根誠司がブチ切れ「もう偏向報道とか言うの止めませんか?」 加害者が被害者に成りすまし 】の続きを読む

    DMrwZ4nV4AE6Nvy (1)
    秋葉原での安倍総理演説終了後、 マスコミに向かって至近距離で 『偏向報道やめろ!』 『サンデーモーニング、俺たち映してくれよ!』 『関口宏呼んでこい!』 『フェイクニュースやめろ!』 『スポンサーに電話するからな!』 TBSが集中砲火くらってて笑いました(笑)まぁ自業自得だよね


    1.マスコミが事実を報道せざるを得ない環境づくり


    (1)スポンサー企業から各メディアに、真実の報道をするよう働きかけてもらえるよう、お願いの電話をする。

    普通は企業から報道内容についての意見を出したりはしません。賛同できなければ広告を出さない、それだけの話なのですが、今や時代は情報相互通行が当たり前。

    マスコミにものが言える、消費者第一の企業を応援しましょう。

     ① スポンサーの担当部署(広報課など)に伝える

    電話して最初に出るのは総合受付です。
    部署に電話して最初に出るのは、若い社員です。

    そこで一気に話しても時間の無駄になりますので、受付では「テレビ広報担当の部署の責任者の方にお願いします」と伝え、「どのようなご用件でしょうか」と聞かれても、「宣伝広告に関する要望です」と簡潔に答えましょう。

    担当者が電話口に出たら、普通は名乗りますので、お名前もきちんと記録しておきましょう。

     ② どの局に働きかけてほしいかを伝える

    複数のメディアに広告を出している企業が多いので、社名・局名、番組名を具体的に伝えましょう。

     ③ メディアに対して未報道事実のどんな点を報じもらえるよう働きかけてほしいかを明確に伝える

    たとえば「加計学園に関して未報道の国会証言部分もキチンと伝えさせて下さい」ではまだ具体的ではありません。

    「加戸前愛媛県知事は昨日の国会での証言で●●と明言していて、動画がネットで拡散されていますので、この部分をきちんと報道するようスポンサーとして要望していただきたいのです」

    と伝えましょう。

     ④ ダメならばライバル会社にお願いし、結果はTwitterで拡散すると伝える

    「当社ではそのようなご要望にはお答えいたしかねます」
    等と非協力的な返答であれば

    「わかりました。ではそのお答えをTwitterにて消費者間で情報共有し、御社の競合商品を発売している●●社にお願いして見ます。△△に関しては御社が一番だと思っていたので、残念ではありますが。担当は○○様ですね」

    ・・・と言った感じで、ライバル企業と比較し、回答責任を明確化すると良いでしょう。

     ⑤ 紳士的に伝える

    スポンサー企業各社の広報担当のところには多数のモンスタークレーマーからの電話が届いているはずで対応するのも面倒なはず。

    これらとは一線を画した、企業を利する話でもあることを、丁寧に、冷静に伝えましょう。

     ⑥ 報道に協力のあった企業は、仲間と連携して口コミ、SNS、Twitterなどで拡散宣伝する事を約束する

    企業がCMなどで打ち出す商品には、ターゲットとする年齢層が設定されています。

    特にお年寄りがあまり口にしないお菓子のメーカーなど、主に若者層ターゲットの商品を主力にする企業にとっては、Twitterなどを使った口コミは侮れません。

    「御社が広告を出している●●の番組内で、この部分を報道してもらえたら、仲間と一緒にこのチョコを口コミで広げます。私、このチョコが大好きなんです!」

    と、その商品に個人的な思い入れや感想もあることを添えると良いかもしれませんね。

    2.真実を報道するメディアへの積極的応援表明

     ① 報道のあったメディアの良い報道の点を口コミ、SNS、Twitterなどで拡散する

    (1)の報道要請の結果、実際に報道がなされた場合は、報道してくれた局を積極的に評価しましょう。

    こちらの要望を汲み取るということは、真実の報道に反対する勢力のクレームを受けている可能性が高いので、それを上回る励ましの電話や、口コミの拡散度合いを見せましょう。

    真実報道のフィードバックを見て、企業が「リスクより利益が大きい」と見れば、次回の要望に対しても検討の余地がさらに拡大するでしょう。

     ② そこに広告を出していた企業名も拡散、積極的に購買応援を呼びかける

    これには2つの方法があります。

     (ア) 「メディアに真実の報道を促す良い企業だから、みんなで盛り上げよう!」という呼びかけ。

     (イ) その企業の商品そのものを主体に口コミにする呼びかけ。

    (ア)は「感謝」の心で、(イ)は本当に良いと思ったものを「本気」で口コミにするのがポイントです。

    ほんとうにそう思っていてこそ、他人にそれが伝わるのです。
    感動をより多くの人に伝えましょう。

     ③ マスコミ真実報道レベルを数値で明確化しランキングする権威サイトを作る

    これにはいくつかの基準がありますね。

    例えば新聞の場合、要望した事柄に関連する記事の文字数や行数、またキーワードの掲載回数など、各人がそれぞれの基準でそれぞれのランキングを作っていいと思います。

    逆に虚偽報道があった場合はそのネタに関する上記同様の基準でカウントし、ブラックリストランキングを作るのもいいでしょう。

    大切なのは、いかに真実に近く、また真実とかけ離れているかを数値化することです。

    同じように、テレビでも「虚偽報道に費やした時間」「一つのニュースに何箇所の反日的表現があったか」「出演者数の偏り」など、いろいろな審査カウント基準があると思います。

    これら複数の基準による複数のサイトや、これらを総合的にまとめたサイトの閲覧数が伸びれば、メディア各社も無視することができなくなるでしょう。

    タイヤメーカーのミシュランのグルメガイドブックが世界に権威を持つように、公正報道判定の権威になるサイトも出てくるかもしれません。

    3.「報道しない自由」を行使する沈黙メディア掲載の広告商品不買の呼びかけ

     ① 広告に出している商品に的を絞って不買を呼びかける

    広告を出すということは、その商品にかなりの金をかけている証拠であり、その商品こそが目玉商品。

    その目玉商品を偏向局のフェイクニュースで広告するなど、売れなくなっても仕方のない話です。
    やっちまいましょう(^o^)

    ② 商品の欠点を徹底研究し公表する

     ア 産地はどこか
     最近は原産国を書かずに「製造元」などと書かれた怪しい食品が多く、逆に言うなら消費者がそこに気づくだけで産地などが特定されなくても十分マイナス要素になるはず。産地が明確に書いてあり、その国に問題があるなら、その危険性を口コミにしましょう。

     イ 原料に問題はないか
     衣料や食品などは人の体に直に触れ、体内に取り込むものですから、原材料の加工方法、加工場所、その工場の衛生状態など、ツッコミどころは満載(笑)

     ウ 企業にブラック要素はないか
     これが一番スポンサー企業の痛いところでしょう。
    いい商品を作っていても、その製造に問題が潜んでいる、特に非人道的労働から生まれていると周知されるだけでイメージダウン間違い無しです。

    虚偽報道に加担し社員を虐待するような企業は白日のもとにさらして社会的審判が必要だと思います。

    具体的には、被害者たる従業員・元従業員を探し、または苦情を募り、

    ● ブラック要素を具体的に明らかにする(勤務時間・社風・変な決まりごとなど)


    ● 被害結果を明確にする(過労で通院したなら診断書など)


    ● 結果は記事化して、週刊誌もしくはスポーツ紙に持ち込む

    なんてのも必要ですが、三番目は保守系の作家や論客が取りまとめる必要がありますね。

    ・・・・などなど、いろいろ考えておりますが、大切なのはこの結果を出すだけでなく、上記のネタがネット上にアップされたら、自宅でプリントアウトして、まずは家族から、そして興味をひいたらご近所に配ることです。

    これはまだ大きな項目一つ目のうちの小さな項目2つ目に過ぎません。

    情報防衛戦に勝つための、大きな項目としては、他に

    2 特定国政府が、公正に事実公表をせざるを得ない環境づくり

    3 「慰安婦狂言」問題の矛盾を世界に拡散しやすくする環境づくり

    4 日本政府・政党への働きかけ

    なども考えておりますので、こちらは後ほど、現在執筆中の「難民本」と坂東学校にて詳しくお伝えするよていです(^o^)

    今の状況はすでに、国民(真実を求める視聴者 & 良いものにお金を払いたい消費者&労働者) VS 騙してでも儲かっていたいメディアとその加担企業との情報戦真っ只中。

    住民主権・視聴者主権・消費者主権を確立する、国民主権のための戦いです。

    良いメディアは、本気で褒めて、盛り上げて、偏向メディアは本気で滅ぼしましょう。(^o^)/
    http://taiyou.bandoutadanobu.com/?eid=1235695

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/05(土) 17:48:38.56 _USER9
    http://netgeek.biz/archives/100599

    なぜかマスコミは加戸前知事の証言を無視して前川喜平の証言ばかりを取り上げている。誰もが違和感を覚えていた疑惑がついに客観的な数値で表された。
    前川喜平2時間33分46秒、加戸前知事6分1秒、原英史2分35秒。

    7/10から7/11に渡って合計30番組を調査したところ、安倍総理擁護派の2人の意見がほとんど放送されていないということが分かった。

    ▼加計学園問題の放送時間は合計で8時間44分59秒。このうち、前川喜平の証言が2時間33分46秒を占める。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-3.jpgno title


    ▼一方で、加戸前知事と原英史氏(国家戦略特区WGメンバー)は数分程度しか放送されていない。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-4.jpgno title


    ▼加戸証言採用率をテレビ局ごとに分析するとテレビ朝日、TBSが特にひどい。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-5.jpgno title


    ▼テレビ東京もおかしい。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/08/kaketime-6.jpgno title


    こうして数字で分析してみると不公平な報道がなされていることが一目瞭然。本来であれば中立の立場で事実関係を放送するべきマスコミは今や結論ありきで故意に偏向報道に手を染めているのだ。

    マスコミの報道がおかしいということはこれよりも前に加戸前知事や有識者の人たちがこぞって指摘していた。上念司氏(放送法遵守を求める視聴者の会、事務局長)に至ってはBPOに告発すると予告しており、期待が集まっている。

    参考:【速報】上念司がTBSひるおびのBPO告発を準備中
    この調査を行ったのは小川榮太郎氏。

    【動画解説】『加計問題報道時間比較』
    櫻井よしこ「加戸氏と原氏はほとんど無視されたに等しい」
    小川榮太郎「これは安保法制の時よりさらに酷い。加戸氏が6分映ったからと言って加戸氏の立場に立った報道がされてない。だから実質的には全時間が完全に前川の証言ベースで報道されたと言っていい」 pic.twitter.com/RUtukWjIO8

    — ブルー (@blue_kbx) 2017年8月4日

    櫻井よしこ「よくお調べになりましたね」

    小川榮太郎「これは私のところで調べたんですけど、安保法制のときよりさらに酷いと言いますか…(苦笑)。番組は前川さんの論理で動いているので、加戸さんが6分映ったからと言って加戸さんの立場に立った報道はされていない。だから実質的には全時間が完全に前川さんの証言ベースで報道されたと言っていい状態です」
    作り手は一体何を考えているのだろうか。

    ▼テレビ朝日、佐藤彰部長はインターネットを敵対視する。

    ▼しかし、第三者の世論調査ではむしろテレビが信用されていないということが分かった。

    ▼ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)のひどすぎる放送内容を見てほしい。安倍憎しで主観に基づいて個人の感想を垂れ流している。

    上念司氏はこのようなテレビ局の腐敗に抑止力をかけるために電波オークションの導入を進めるべきだと主張した。抜本的な改革に着手しないと偏向報道はこのまま続き、一部の視聴者は騙され続ける。メディア報道で異常事態が起きているということをしっかりと伝えていきたい。 




    【テレビの偏向報道が数字で証明された 前川喜平2時間33分46秒、加戸前知事6分1秒、原英史2分35秒 】の続きを読む

    このページのトップヘ