真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    会社

    この会社調べてバ調べるほどいろいろ出てきますねw

     コメント様より、以前の記事
    http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-257.htmlの斉藤和義の「報道発ドキュメンタリ宣言」2/2のyoutube動画が削除されているとの報告を頂いた。
     確認すると、確かに消されている。しかも何故か2/2だけ。
    朝生オウムの動画を削除され、youtubeアカウントまで削除されたのをきっかけに、消されそうな重要な動画はしっかり保存するようにしていたのだが、まさかこれが消されるとは思わず、保存していなかった・・・
    申し訳ない。。。
    特別問題になるような部分があったかどうかは記憶していないが、なぜ2/2だけなのかが気になるところだ。
    諦めずに探してみようと思う。

     しかし、これをきっかけに面白い情報を見つける事が出来た。
    この動画を削除している会社、「株式会社プレゼントキャスト」と言うらしいが、この会社、かなり怪しい。。

    sakujo_R



    http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/20357248fc16b5972aa0db7cb6133db3を見て頂きたい。

    この「ネットメディアと主権在民を考える会」という団体が、株式会社プレゼントキャストのやっている事が「通信の自由」「表現の自由」を犯す憲法違反行為であり犯罪的行為であるという事を主張し始め、法的処置を含めた厳重な抗議を行うとの宣言をしたのだ。

    この株式会社プレゼントキャスト、テレビ局5局(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)と広告会社4社(電通、博報堂DYMP、ADK、東急エージェンシー)計9社が2006年に設立した番組ネット配信会社であり、筆頭株主があの悪名高き”電通”なのだ。

    そして、youtubeにアップされた「ネットメディアと主権在民を考える会」の動画を、何の関係もない「株式会社プレゼントキャスト」が著作権の侵害だとして勝手に削除したのだ。

    完全な情報拡散に対する妨害だ。

    マスコミ各社は結託して会社をつくり、自分達の名を使わずに「株式会社プレゼントキャスト」として、著作権という言葉を武器に、正しい情報拡散をブチ壊しているのだ。

    日本のマスコミというのは、どこまで腐って行くのだろうか。
    ネットまで牛耳られたら、もうこの国は終わりである。

    皆さん、この「株式会社プレゼントキャスト」の悪事をどんどん拡散しましょう。
    あー、プレゼントキャストねー、あの犯罪会社ねー。。と、誰でも知ってるくらい、拡散しましょう!
    もう許さない。プレゼントキャスト=怪しい会社。という図式を作ってしまいましょう。
     
    http://planz.blog62.fc2.com/blog-entry-275.html

    message_yoroshiku
    ★私のYouTubeアカウントまたしても電通傘下の会社に狙われるw今年3回目★

    今日、有田芳生の動画を3本アップしたら。なんと「放送コンテンツ適正流通推進連絡会」名で5本ぐらい動画を削除されました。

    この団体は一般社団法人放送サービス高度化推進協会(A-PAB)傘下の団体ですがテレビ朝日系列w、下請けに電通傘下の(株)プレゼントキャストが弁護士資格も著作権管理資格もない会社にもかかわらず削除申請をしていることがわかりました。

    なぜわかったかというと連絡先が contact@presentcast.co.jp この通りプレゼントキャストのものです。

    早速、総務省、文化庁などに問い合わせてみたところ著作権管理団体ではないことが判明、また著作権の削除申請は著作権者、もしくは弁護士以外はできません。

    ということでお願いがあるのですが(株)プレゼントキャストにKSM WORLDの動画をもとに戻すよう、連絡していただけたら幸いです。

    http://www.presentcast.co.jp/ 見ての通り「電通傘下」の会社ですので好き放題都合の悪い動画が消せると思っているようです。

    「KSM WORLDの動画で削除したものをもとに戻してください」
    この一言で結構ですのでお手伝いいただけたら幸いです。

    株式会社プレゼントキャスト
    本社所在地 東京都港区新橋2-19-10
    新橋マリンビル6F
    電話番号 03-3569-1800 夕方6時まで

    このページのトップヘ