真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    二重国籍

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/22(土) 09:16:53.74 _USER9
    「二重国籍問題」で記者会見する民進党の蓮舫(49)=18日午後、東京・永田町の民進党本部(酒巻俊介撮影)
    http://www.sankei.com/images/news/170722/plt1707220009-p1.jpgno title



     民進党の蓮舫代表(49)が30年以上も国籍法に違反、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」だったことがはっきりした。

     蓮舫氏は18日、「二重国籍」問題で、昨年9月に台湾籍を離脱、翌10月に日本国籍の選択宣言をしたことを示す戸籍謄本の一部などを開示した。蓮舫氏は17歳の時に日本国籍を取得していた。国籍法は日本国籍を選択する場合、22歳までに選択宣言をする必要がある。

     蓮舫氏は開示理由について「野党第一党の党首として私の発言の信頼が揺らいではならず、安倍晋三政権に強く説明責任を求める立場を勘案した」と述べた。さらに「戸籍を強要されて開示することは前例としてはならない」と強調したうえで、戸籍をめぐる発言が二転三転して信頼性を疑われたことや、双子の子供が成人し、今年7月に家族が戸籍情報を開示することに同意したことを説明した。

     蓮舫氏は「故意ではなかった」と釈明、「二重国籍」状態で参院議員や閣僚となったことは「公職に就く者として深く反省している」と述べたが、長年にわたる法律違反は揺るぎなく、公党のトップとしての資質が問われる。

     これについて鳩山由紀夫元首相は産経新聞紙上でこう話した。

    http://www.sankei.com/politics/news/170722/plt1707220009-n1.html
    http://www.sankei.com/politics/news/170722/plt1707220009-n2.html
    http://www.sankei.com/politics/news/170722/plt1707220009-n3.html
    http://www.sankei.com/politics/news/170722/plt1707220009-n4.html

    【【民進党】30年以上「二重国籍」だったことがはっきりした蓮舫(49) それでも代表に居座るのか】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/18(火) 18:00:19.56 _USER9
    381843ad

     民進党の蓮舫代表は18日の記者会見で、日本国籍と台湾籍の「二重国籍」の解消に関し、結果的に長期間にわたり国籍法違反だったことについて「手続きを怠っていたのは事実だ。私はずっと日本籍だけだと思っていた。疑ってもいなかったが、深く反省している」と述べ、陳謝した。

    no title
    no title
    no title
    no title
    no title
    no title
    no title


    http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180036-n1.html

    【【「二重国籍」会見】蓮舫代表「手続きを怠ったのは事実。私はずっと日本籍だけだと思っていた。深く反省している」と陳謝】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/18(火) 16:34:50.29 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    https://www.youtube.com/watch?v=uP3Bzt_Fps4



    民進党の蓮舫代表が「二重国籍」問題で記者会見 午後5時から
    https://thepage.jp/detail/20170718-00000006-wordleaf
    民進党の蓮舫代表が18日午後5時から、自らの「二重国籍」問題について記者会見する。
    13日の定例会見では、台湾国籍が既にないことを示す資料を公表する準備があると説明していた。
    戸籍は「差別主義者に言われて公開することは絶対あってはならない」と強調しつつ、野党第一党の党首で公人であり、自らの説明が二転三転したことから説明責任を果たすとした。

    二重国籍解消の自民・小野田紀美氏が蓮舫氏を猛批判 「ルーツや差別の話なんか誰もしていない」「合法か違法かの話です」 
    http://www.sankei.com/politics/news/170716/plt1707160017-n1.html
    小野田氏は、蓮舫氏が13日の記者会見で公的書類を公開すると表明したことを受け、翌14日に国籍に関するツイートを相次いで投稿した。
    蓮舫氏を名指しせずに「国籍法14条の義務である日本国籍の選択を行ったかどうかは戸籍謄本にしか記載されません」と紹介し、戸籍謄本を公開する必要性を説いた。
    その上で小野田氏は、蓮舫氏が個人のプライバシーを理由に「戸籍を差別主義者、排外主義者に言われて公開するようなことが絶対にあってはいけない」と発言したことを念頭に
    「公職選挙法および国籍法に違反しているかどうか、犯罪を犯しているかどうかの話をしています。日本人かそうでないかの話ではない。合法か違法かの話です」と断じた。

    18日記者会見:蓮舫は「戸籍・離脱証明・旅券」の3点セット公開を
    http://agora-web.jp/archives/2027250.html
    ・10月7日にしたという国籍選択後の戸籍謄本
    ・9月23日に台湾の当局から受け取ったという国籍喪失証明書
    ・9月6日に台湾の代表処に提出したという台湾旅券などの書類

    証明書類の公開で議論再び。「二重国籍」は公選法違反? 専門家に聞いてみた
    http://go2senkyo.com/articles/2017/07/18/31272.html
    もし事実に反して経歴詐称を行っていた場合は公選法第235条の「虚偽事項の公表罪」に当たる可能性があります。
    ネット上では、初当選の2004年時の公報に「1985年、台湾籍から帰化。」と明記されていることが話題になっています。
    http://i.imgur.com/QL1hBN7.jpgno title

    【【生中継】本日17:00~ 蓮舫が「二重国籍」問題で記者会見 焦点は「戸籍・離脱証明・旅券」の3点】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/14(金) 18:51:12.16 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    5

                 ↓ ↓

    豪議員、二重国籍で辞職=帰化時に手続き済みと誤解

    Scott Ludlam  The Guardian


    【シドニー時事】オーストラリアの野党・緑の党に所属するスコット・ラドラム上院議員 (47)は14日、二重国籍と知らずに過去9年間、議員活動をしていたとして、議員を辞職した。移民国家の豪州では二重国籍は珍しくないが、議員の二重国籍は憲法で禁じら れている。

     ラドラム氏はニュージーランド生まれで、幼少時に家族と共に渡豪。グラフィック デザイナーを経て、政界入りした。ラドラム氏は14日、西部パースで記者会見し 「10代で豪州に帰化した際、ニュージーランド市民権は消滅したと思い込んでいた」と説明した。
    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017071400871


    【関連発言】
    佐藤 圭 @tokyo_satokei
    東京新聞:「重国籍」欧米では普通 蓮舫叩きは排外主義:特報(TOKYO Web)
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2016092102000130.html
    蓮舫氏の「二重国籍」問題は昨年9月21日の特報面で取り上げた。自身の戸籍を
    公表する意向を表明したそうだが、何の意味があるのか。悪しき前例となるだけだ。

    【東京新聞「二重国籍なんて欧米では普通 蓮舫叩きは排外主義」 ⇒ 豪議員、二重国籍で辞職】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/29(木) 00:48:55.34 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
    06ef4ccf

     7月2日に投開票が行われる都議選が東京6月23日に告示され、現在首都・東京は選挙戦の真っ最中。 国政では一強状態の安倍・自民党と、小池百合子都知事が率いる都民ファーストの会との戦いに全国から注目が集まっている。

     今回の都議選の焦点は、なんといっても小池新党だ。都議会の現有議席は、自民党の56議席に対し、都民ファーストは5議席。 しかし、この構図が大きく変わるのは確実だ。週刊誌記者は言う。

    「都民ファーストの勢いは本物です。読売新聞が行った最新の調査でも、支持率は自民党の23%に対し、都民ファーストは26%。 島しょ部以外のすべての選挙区で議席を獲得するのはほぼ確定的で、一気に第一党に上り詰める公算が高くなっています」

     そんな中、存在感が薄いのが民進党だ。民進党(東京改革議員団)は現在18議席だが、もはや“絶望的”ともいえる予測が相次いでいる。 前出の読売の調査では、民進党の支持率は4%で、共産党の8%にも大きく水をあけられる始末。党内は、もはやガタガタだ。

    「今年4月、党内きっての実力者である細野豪志氏が代表代行を辞任。さらに、都連幹事長の長島昭久氏も党を離れました。 都議選を仕切る立場の人間が直前に党を離れるようでは、勝ち目などあるわけがありません。 その後も次々と離党者が相次ぐさまは、まさに沈む船からネズミが逃げるような状況です。 春先には“議席0”などという壊滅的な予測も出ましたが、さすがに5~6議席は取るとは思いますが……」(同)





    都議選大敗は必至……民進党・蓮舫代表辞任へのシナリオ
    http://www.cyzo.com/2017/06/post_33361_entry.html

    【【悲報】民進党の候補者、『早く党首の戸籍を見せろ』『お前のボスは二重国籍だろ』とヤジられていた…】の続きを読む

    このページのトップヘ