真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    二重国籍

    1: KSM WORLD NEWS 2017/08/20(日) 15:38:08.05 BE:478973293-2BP(1501)
    rennhou17-1

    二重国籍議員7人目=豪政界が混乱
     オーストラリアの有力議員、ニック・ゼノフォン上院議員は19日、英国との二重国籍であることを認めた。議員の二重国籍発覚は7月以降7人目で、政界が混乱している。
     ゼノフォン氏は父親が英国統治時代のキプロス出身で、自身にも英国籍が自動的に付与されていたのが分かったという。ゼノフォン氏は少数勢力のリーダーで、与党が過半数割れの上院で強い影響力を持つ。本人に自覚がなかったとして、議員辞職が必要か最高裁判所に判断を求めた。
     豪州では7月から、議員の二重国籍が相次いで発覚。このうちジョイス副首相は「豪州生まれで、他国籍を持つとは想像もしていなかった」と述べ、同様に最高裁に判断を委ねた。
     移民が多い豪州では国民の6人に1人が二重国籍だが、連邦議員の二重国籍は違憲。下院議員のジョイス氏が最高裁から議員辞職を命じられると、与党は政権党を決める下院でも過半数割れに陥り、ターンブル政権は一層不安定になる。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017081900474&g=int

    【豪議会、7人目の二重国籍議員が発覚で大混乱 「海外では二重国籍なんて問題ない!」とは何だったのか 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/30(日) 18:42:15.37 _USER
     民進党の蓮舫代表が27日の記者会見で代表を辞任する意向を表明した。東京都議選の大敗の責任を取って辞任した野田佳彦幹事長の後任選びでつまずき、党運営に行き詰まった。

     自身の「二重国籍」問題については18日に戸籍謄本の一部を開示し、昨年10月まで国籍法14条で定められた「日本国籍の選択宣言」をしておらず、違法状態だったことが確認されたばかりだった。この問題を夕刊フジでいち早く指摘した、評論家の八幡和郎氏が緊急寄稿した。

     蓮舫氏の代表辞任は当然だ。私が昨年8月、夕刊フジと、言論プラットフォーム「アゴラ」で、「まさかの二重国籍疑惑」という追及を始めてから11カ月で、ひとつの決着が付いた。

     二重国籍は、世界各国の制度が違うことに起因する「矛盾の解決策」として消極的に認められているだけで、それを認めている米国ですら、好ましいものとしていない。

     まして、「その国の法律で許されない国籍のあり方」や「国籍についての経緯を公開しない」「ウソをつく」かのどれかをすれば、党代表どころか、国会議員も辞めるのが世界の常識だ。

     それが実現しなかったのは、「必要なし」と悪い助言をし続けた、ガラパゴス的発想の自称リベラル知識人や左派マスコミがあったからだ。

     彼らは、二重国籍を糾弾することが人権侵害などと主張したが、オーストラリアでも二重国籍の閣僚や議員が辞任・辞職に追い込まれていることを、どう説明するのか。

     また、この問題に気付いたきっかけは、ネットにも公開されているやりとりの結果だと経緯から分かっているのに、「秘密の情報提供者がいるのではないか」などと誹謗(ひぼう)した。

     「二重国籍の解消は努力義務に過ぎない」などという意見も聞いたが、どちらかの国籍を選択するのは明確な義務(国籍法14条)であり、それをしないと、国籍剥奪の可能性すらある。

     この点について、蓮舫氏が辞任した27日の朝日新聞朝刊は「訂正して、おわびします」という記事を載せている。

     この問題で最大の収穫は、国籍というものの重要性を日本人に知らしめたことだ。日本は憲法第9条で武力の保持を制限されている。だからこそ、インテリジェンスで勝負し、外国に隙を与えないことが重要ではないかと、改めて問題提起しておきたい。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170730/soc1707300002-n1.html
    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170730/soc1707300002-n2.html

    http://www.zakzak.co.jp/images/news/170730/soc1707300002-p1.jpgno title

    会見で民進党の代表を辞任する旨を表明する蓮舫氏(撮影・春名中)
    http://www.zakzak.co.jp/images/news/170730/soc1707300002-p2.jpgno title

    八幡和郎氏

    【【民進党】蓮舫氏の代表辞任は当然だ! 「二重国籍」問題リベラル、左派の罪[7/30]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/30(日) 02:37:31.16 _USER
    jjp_m0024597775_thum630

     さらに妙な記者会見だった。

     民進党代表の蓮舫氏(49)が、唐突に党代表を辞任することを明らかに。既視感(デジャヴュ)に襲われたのは、数週間前に同じような会見を目にしたからか。

     言うまでもなく<二重国籍>釈明会見のことだが、蓮舫氏は自分が違法行為をやっていたにも関わらず、被害者気取り。戸籍を一部公開したことに対して「サベツだ??」と喚く人たち(注1)の尻馬に乗って、反省や出処進退が明らかでなかったことを批判した(注2)。

     そして今回。ようやく責任を取るのかと思えば、「二重国籍問題が原因で辞任するのか?」との質問に、

     「まったく別次元の問題」(蓮舫氏)

     と、カエルのツラに何とやら。さらに、

     「前回の会見でも申し上げたが、(戸籍を出すよう要求されるのは)私で最後にしてほしい」(蓮舫氏)

     ……要するにまったく反省していない(注3)。ゆえに代表を辞任するのも違法行為への責任とは関係なく、党内の政治闘争という見方が強い。何せ党首からは降りるが、参院議員ではあり続けるというのだから。

    ■国民の信頼を失った蓮舫の”真の出直し”とは?

     「そもそも二重国籍への釈明をしろ、という声も民進党内から出てきた。所属議員の離脱が続発し、都議選惨敗の責任を問う声も強い。ゆえに前回の会見と、野田佳彦幹事長(60)ら自分以外の執行部を切り捨てることで、身内からの批判から逃れる算段だった。ところが党内の<反・蓮舫>の勢いは、まったく収まらなかった」(政治部記者)

     以前の蓮舫氏の狙いとしては、体勢を立て直したのちに衆議院へくら替え。本気で政権交代、つまり首相の座を狙っていたと思われる(注4)。ところが、この公算の<勝ち目>が思ったよりずっと低いことに蓮舫氏が気づき、党首の座を投げだし、参院議員の立場だけを確保したのか?

     どちらにしろ蓮舫氏が本当にやり直したいのならば、長年の違法行為に対するケジメとして議員辞職すべき。そして反省した上で、疑惑を持たれない形で再度出馬すればいい。

     しかし、そんな単純な追及も出ないまま蓮舫氏の党首退任会見は進んだ。二重国籍問題も「サベツですよね?」というトーンで、全体的に<功労者・ヒロインの退任>というムード。安倍晋三首相(62)や菅義偉官房長官(68)には証拠も無くインネンを付けている類いの記者たち(注5)が、優しいことといったらない。蓮舫氏に反省が無いのも、こうした逆差別的なメディア環境にも一因があるのだろう。

     偏った応援団に囲まれて、自分に酔いしれているうちは出直しが遠い。

     「(今後の仕事として)わが国の長い伝統を守り、変えるべきところは変えつつ継承していきたい」(蓮舫氏)

     今もって聞きたい。わが国って、どこの国ですか?

    (注1)喚く人たち…選挙妨害をして、安倍首相に<こんな人たち>と呼ばれた人たち。
    (注2)批判した…筆者が。
    (注3)反省していない…戸籍開示を求められたのは違法性の有無の確認のためで、差別などでは無い。一般人が出自を戸籍で調べられたら、それは差別だが。
    (注4)首相を目指す…本気で思っていたとしたら政治的な読みが浅すぎるし、日本人を心の底から馬鹿にしている。
    (注5)記者たち…東京新聞の望月衣塑子記者らに代表される人たち。

    著者プロフィール
    田中ねぃ コンテンツプロデューサー
    東京都出身。早大卒後、新潮社入社。『週刊新潮』『FOCUS』を経て、現在『コミック&プロデュース事業部』部長。本業以外にプロレス、アニメ、アイドル、特撮、TV、映画などサブカルチャーに造詣が深い。Daily News Onlineではニュースとカルチャーを絡めたコラムを連載中。愛称は田中?ダスティ”ねぃ

    http://dailynewsonline.jp/article/1338600/?page=all

    【【民進党】二重国籍より内ゲバが致命傷に?民進党”蓮舫代表”とは何だったのか[7/30] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/28(金) 09:08:08.08 _USER
    朝日新聞朝刊より
    http://agora-web.jp/cms/wp-content/uploads/2017/07/7d89a30146b86bee38894fcea3784a5b-240x320.jpgno title



    民進党の蓮舫代表が辞任した。昨年8月29日に「夕刊フジ」とネットメディア「アゴラ」で「蓮舫にまさかの二重国籍疑惑http://agora-web.jp/archives/2021134.html」という本格的な追及を始めてから、11か月でひとつの決着が付いた。

    この問題の発端から、ほとんどのマスメディアは、ほとんどこの問題を報じなかった。それは現在でも続いており、テレビ番組でそれには言及しないようにいわれたり、原稿でもその部分をカットされたりすることは日常茶飯事だ。

    それどころか、蓮舫辞任の日の朝日新聞朝刊は、「訂正しておわびします」というコーナーで、二重国籍について、国籍法が努力規定であると間違えて記述した。正確には国籍法では国籍選択は国籍法14条で 選択義務があり、努力規定は選択した後の外国国籍の離脱についてが努力規定だけだった、とした。

    そもそも、二重国籍はそれを認めている米国ですら、好ましいものでないとしている。

    まして、世界中で、

    ①その国の法律で許されない国籍のあり方だとか、
    ②国籍についての経緯を公開しないとか、
    ③うそをつく

    ??のどれかでもしたら政治家をやめるのが常識だ。それがすぐに実現しなかったのは、必要なしという国際感覚ゼロの自称リベラル知識人やマスコミの擁護があったからだと思う。

    彼らは、二重国籍を糾弾することが人権侵害などといったが、インドネシアでもオーストラリアでも二重国籍の大臣や議員が辞任に追い込まれているのをどう説明するのか。

    また、我々がどうしてこの問題に気付いたのかは、すべてネットなどでもオープンにされたやりとりの結果である。それはアゴラの読者なら誰でも知っていることだ。にもかかわらず、秘密の情報提供者がいるのではないかなどと誹謗したこともある。

    本問題の最大の収穫は国籍というものの重要性を日本人に知らしめたことだ。日本は平和憲法を持っていて武力の保持を制限されているからこそ、インテリジェンスで外国に隙を与えないことが大事なはずだ。


    2017年07月27日 19:30
    http://agora-web.jp/archives/2027441.html

    【【国籍問題】朝日新聞が蓮舫辞任の朝に「蓮舫の二重国籍の説明が嘘でした」とお詫びの記事掲載[07/28]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/22(土) 09:16:53.74 _USER9
    「二重国籍問題」で記者会見する民進党の蓮舫(49)=18日午後、東京・永田町の民進党本部(酒巻俊介撮影)
    http://www.sankei.com/images/news/170722/plt1707220009-p1.jpgno title



     民進党の蓮舫代表(49)が30年以上も国籍法に違反、台湾籍と日本国籍の「二重国籍」だったことがはっきりした。

     蓮舫氏は18日、「二重国籍」問題で、昨年9月に台湾籍を離脱、翌10月に日本国籍の選択宣言をしたことを示す戸籍謄本の一部などを開示した。蓮舫氏は17歳の時に日本国籍を取得していた。国籍法は日本国籍を選択する場合、22歳までに選択宣言をする必要がある。

     蓮舫氏は開示理由について「野党第一党の党首として私の発言の信頼が揺らいではならず、安倍晋三政権に強く説明責任を求める立場を勘案した」と述べた。さらに「戸籍を強要されて開示することは前例としてはならない」と強調したうえで、戸籍をめぐる発言が二転三転して信頼性を疑われたことや、双子の子供が成人し、今年7月に家族が戸籍情報を開示することに同意したことを説明した。

     蓮舫氏は「故意ではなかった」と釈明、「二重国籍」状態で参院議員や閣僚となったことは「公職に就く者として深く反省している」と述べたが、長年にわたる法律違反は揺るぎなく、公党のトップとしての資質が問われる。

     これについて鳩山由紀夫元首相は産経新聞紙上でこう話した。

    http://www.sankei.com/politics/news/170722/plt1707220009-n1.html
    http://www.sankei.com/politics/news/170722/plt1707220009-n2.html
    http://www.sankei.com/politics/news/170722/plt1707220009-n3.html
    http://www.sankei.com/politics/news/170722/plt1707220009-n4.html

    【【民進党】30年以上「二重国籍」だったことがはっきりした蓮舫(49) それでも代表に居座るのか】の続きを読む

    このページのトップヘ