真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    事故

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/20(月) 09:04:47.64 _USER
    tmb240_20160301075058-1

    オープンを控えるロッテワールドタワー展望台のエレベーターが、停止する事故が発生
    した。


    ロッテワールドによれば19日の午後5時15分頃、タワー展望台の『ソウルスカイ』に行くダブルデッキエレベーター『スカイシャトル』が作動を停止した。この日ロッテワールドでは来る22日のソウルスカイのオープンを控え、役人と家族を招待してイベントを進行中だった。

    この事故で地下1階エレベーター20人、地下2階エレベーター19人の乗客がエレベーター に25分程閉じ込められた。ロッテワールド側は、「展望台の施設管理職員が手動で扉を 開いて安全に下車させた」とし、「試運転と施設安定化作業を続けて進行中」と説明した。 正確な経緯は把握中である。

    スカイシャトルは二つのエレベーターが上下に付き、同時に超高速で運行するシステム である。地下1階から地上118階(下のエレベーターは地下2階~地上117階)まで1分で 到着する。

    ソース:NAVER/国民日報(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=005&aid=0000978540


    【【韓国】オープンを控えたロッテワールドタワー展望台エレベーターに地元の乗客39人が25分間閉じ込められる[03/20]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/20(日) 11:59:45.59 BE:736790738-PLT(12000) ポイント特典
     中央自動車道で秋篠宮妃・紀子さまや悠仁さまら6人の乗った車が追突する事故がありました。

     20日午前7時半すぎ、神奈川県相模原市の中央自動車道下り線から「乗用車の衝突事故があった」と通報がありました。
    警視庁によりますと、渋滞中の車列に乗用車が追突したということです。
    この乗用車には相模湖方面に向かっていた秋篠宮妃・紀子さまや悠仁さまら6人が乗っていたということです。
    プライベートで山登りに行く途中で、紀子さまや悠仁さまにけがはありませんでした。
    乗用車を運転していた宮内庁の職員の男性は、「渋滞に気付くのが遅れた」と話しています。

    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000088233.html

    【【KSM】相模原市で秋篠宮妃・紀子さまと悠仁さまらが乗った車が事故】の続きを読む

    プーチン氏の公用車がモスクワで事故を起こして、横転し、運転手が死亡した?

    プーチン氏は乗車していなかった。

    プーチンを暗殺するぞという「脅し」でしょうか?

    CIAは、交通事故を誘発させてターゲットを消すことを試みます。具体的には、乗用車の直前に無理やり割り込んで、運転を誤らせる方法です。中央分離帯に激突したり、横転したり。この手口、某英国で元皇太子妃を消したときに使われたような気がします。RKも10年ほど前に中央高速でやられましたが、神々が救ってくれました。上空10メーターでは、ヘリコプターが背後から追尾してきていました。これ、本当の話。

    Vladimir Putin Presidential Chauffeur Kiled In Crash.You can see exactly how the "accident" occurred

    【Video】 プーチン露大統領の公用車が事故 運転手死亡

    ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の公用車が事故を起こし、運転手が死亡した。

    http://bit.ly/2cjdSUs (2016年9月7日)

    プーチン大統領の公用車は首都モスクワで最も交通量の多いクトゥーゾフ通りを走行中の車にぶつかり、横転した。

    プーチン大統領は、事故発生時G20(20ヵ国・地域)サミット出席のため中国にいて事故には合わなかった。

    衝突された車に乗っていた運転手は病院に運ばれた

    ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の公用車が事故を起こし、運転手が死亡した。

    57cfc770274bd

    http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7/e/f5b803c0755b48f698d468680af43fd6 から転載

    このページのトップヘ